2012年5月20日 (日)

愕然

常に自分が買うものは把握しておけ。
金儲けの秘訣 ・第218条)


運転免許の更新にいった。
自分ではけっこう模範的なドライバーだと思っているのだが、
要所要所で捕まっていて、いまだかつて、
ゴールド免許をもらったことがない。
今回もあいだにスピード違反があり、ブルーの免許だった。
実際に運転しないまま年月を書き換えを重ねるだけで、
技術的に未熟な状態のペーパードライバーがゴールド免許で、
保険の割り引き対象になり、ぼくのように、日々運転して、
つまらない違反で普通の免許しか受け取れないのは、
本当に理屈に合ってるのか、とも思うけれど、
しかしながら、それは大きな問題でない。

心配だったのは視力だ。
ひょっとして、免許更新に足りてないのではないか、
ということだ。

結果、検眼担当の職員のおねいさんが、
あんまり見えてないですよ、といいつつ、
なんとか合格にしてくれたのんで、
事なきをえたのだけれど、いい機会なので、
運転用にメガネを新調することにした。
最近は、メガネもけっこう安いしさ。

メガネ屋で、まずは、検眼してもらう。
スタートレックに出てくる、ボーグ、
という宇宙人に改造されたヒト、
みたいな検眼用のメガネをつけて、
そのへんをうろうろ歩かされた結果、
遠近両用のめがねを作られることになった。

自分がそんなに老人だったことに愕然とする。

このぼくが、老眼???

ヒトはいろんなところで自分の老いを感じる。

肌の艶や張り、運動能力や身体能力の低下、健康診断の数値、
他人の態度、鏡に映った自分の姿。。。

そのインパクトの大小はヒトにより違うのだろうが、
ぼく的には老眼鏡はまだ先、と思っていたので、
これはなかなかに衝撃であった。
走ってこけて骨折したときだって、
自分の老いのせいばかりではなく、
運動不足や不運が重なったせいだ、と合理化できていたのにさ。

ま、メガネ屋がいうんだから、しかたない。
でも、遠近両用メガネ、慣れないせいか、見にくいんですけど。

 

▼結局、上記メガネは運転のときにしか使用していない。
だったら、普通のメガネでもよかったような気がしないでもない。
しかしながら、あれから、1年ごとに、メガネを1個ずつ作り、
もうすでに3個作った。
TPOにあわせて、というのもあるが、予備に持っていないと、
実家やら、職場やらに、置きっぱなしで、忘れてしまうしさ。
掛けてるメガネしかもってなかったときには、
忘れようもなかったが。

▼そして、今年作った4つ目のメガネは、跳ね上げ式、のものだ。
細かい字を見るたびごとにメガネをはずすのに疲れた結果、
いっぺん試してみよう、と購入にいたった。
こんなに、メガネばっかり作ってるぼくは、
メガネに目がねー、とか言ってみて、今日も独り。。。

Megane

2011年12月25日 (日)

AppleTV

コレクションの唯一の価値は、他の誰かに売りつけられることだ。
金儲けの秘訣 ・第135条)


iMacが届いてから、いろいろとマック世界でできること
を探求していたのだが、思った以上に自分にとって
便利な代物であることがわかってきた。

今回iMacを購入する一番の動機になった、
多数の音楽CDの管理についてだが、
当初オーディオのシステムとは別個に考えていた。
場合によっては、転送したiPod classicからオーディオの方に
接続してもよいなー、くらいに思っていたのだが、
AppleTVを購入すれば、iMacのiTunesから直接たやすく
アンプに接続できることがわかり、即時購入に至った。

iTunesの音楽ファイルは圧縮しているものの、
BGMで聴くには気にならないし、
大きな音量で聴く機会はほとんどない状況なので、
今はほとんど夜、自宅に帰って来てから、寝るまでの間、
曲の選択をランダム設定にしてつけっぱなしに
しているような感じである。
なにせいちいちCDを差し替えたり、
選んだりする必要がないのがいい。
従来、そのために使用していた機器は、
SONYのハードディスクオーディオだったのだが、
残念ながら、すでに250GBだかの容量は満杯である。

しかし、ぼくのiMacのハードディスクは、2TBだ。
余裕綽々、である。

ただ、では、iMacにでんでん不満がないか、といえば、
必ずしもまったくない、というわけでもない。
一番の問題点は、光学ドライブ、だ。

なにせ数千枚(たぶん4千枚か5千枚)のCDを
読み込む作業が必要なのにも関わらず、
iTunesへの転送スピードが異様に遅い
Windows PCに外付けドライブを使用して転送
していたときよりも、明らかにでんでん遅いのだ。

そこで、2000枚ほどはすでに読み込んで
しまってはいるのだが、
そろそろLion対応のんが出てきたようなので、
外付けのドライブを買うことにした。
なんとなれば、読込みが遅いのは、他の要因ではなく、
内蔵ドライブが最近Appleと係争している某国の某社製で、
それの性能がよくないせいだ、という噂を聞いたからだ。

そのせいではなかったとしても、
最近外付けのドライブは安くて、
3000円ちょいで買えるしさ。
代わり映えしなかったとしても、たかがしれている。
ただ、Macがブルーレイにもフレンドリーなら
さらによかったのだが、残念ながら、今のところ、
普通の方法では対応してないようだ。

結果として、この賭けは、大勝ちだったようで、
外付けにもかかわらず、倍以上のスピードで読み込んでいく。
ぼくの時間を返せ、と言いたいくらい、その差は歴然としていた。

この勢いだと、全部のCDを読み込み終わるのも時間の問題だな、
とちょこっとうれしい、おっさんであることだよ。

 

▼寝ないで聴いても、でんぶ聴くには、215日かかる、らしい。。。

Itunes

▼結局、CDの読込み終了には3ヶ月以上かかった。
なんとか年内に終了できたのは、
外付けドライブの功績であった、といっていいだろう。
某社製のドライブは、いったいいつの時代の仕様なのか、
ないよりはましなんだろうが、困ったもんである。
さて、せっかく多大な手間をかけて転送したこのCDの音楽を
よりいかすためにどうすればいいだろう、
というようなことを考えてしまうのが、
あっしという人間の弱さ、である。
そこで、使用頻度の低かった、DR.DAC2 DX
というヘッドホンアンプ用にもう1台、AppleTVを購入した。

次は、旅行用に、HDDの大きなMacBookPro
買ってしまいそうな自分が怖い^_^;

Apptv

2011年12月11日 (日)

マカー

一度売れたものは、二度売れる。
金儲けの秘訣 ・第12条)


今から思うときっかけは、昨年購入したiPod touchだった。
iPod classicは前々から音楽用に愛用していたのだが、
ヨドバシのポイントがたまったので、
とくに目的もなくたわむれにiPod touchを買ってみたのだが、
これが実になかなか便利な代物だったのだ。

今までoutlookで管理していた予定も、
グーグルカレンダーに変更し、iPod touchで持ち歩けば、
いちいち職場と自宅で1日2度も3度も巨大なPDAに
有線で同期する必要もない。

そのほか、iPod touchでできることがら、
持ち運べることがらに、遅ればせながら、
すっかり依存するようになってしまったのんだ。

続いてこの5月、iPad2も買ってしまった。
これは、iPod touchのためだけに、
わざわざワイヤレスLANの環境を作ったのんで、
ならば、ネットもある程度の大きさの画面で
寝転んでみれるようにしよう、
と思い立って購入にいたったわけだ。

そして、8月。
今までウィンドウズのPCしか経験してこなかったのに、
ついにiMacを買うに至ったのだった。

本当はMac miniが5万円そこそこの価格で販売されているのが
目に留まり、こんな値段で買えるのなら、と、
心を動かされたのだが、なにせ初Macであるが故に、
Mac用のキーボードやら、マウスやら、光学ドライブやら、
と追加で必要な費用を考えていくと、
さほどMac miniもお得ではない、と思いあたり、
いっそのこと、ついでんぶ付きのiMacでいいのでわ、
と魔が差した、というわけなのだ。

いっそまた今度、とならないところが、
悲しいサガ、なんである。

今までは、

右クリックのない人生なんて

と信じて生きてきたのだが、
最近のMacは、動作はちょいと違うものの、
ウィンドウズの右クリックにあたる機能もあるようだし。

転向者、と呼びたければ、呼びなされ。
ただ値段が昔と違ってずいぶん練れてきた、
というのがもっとも大きな動機である、
と一応弁解もさせていただこう。

せっかくなので、マウスに替えて、トラックパッドを選び、
ハードディスクも2TBにカスタマイズする。

なんでそないに巨大なハードディスクが必要なのか?

といえば、
どうせなら、自宅にあるすべてのCDを取り込んでやろう、
んで、今後何年かは、CDの取り込みで困らないように、
と思っての決断である。

いくらなんでも、2TBもハードディスクの容量があれば、
機械が壊れる前に、いっぱいになることもないだろう、
と思っているのだが。

念のため、タイムマシン、というバックアップ機能用に
外付けのハードディスクも繋いでおく。

さあて、準備万端整った、とCDの読み込みを開始して、
1ヶ月余。
悲しい噂がぼくを襲う。

読み込んだ音楽ファイルを転送するためのiPod Classicが
大容量化モデルチェンジではなく、
廃止になる、というではないか。

その噂、間違いであってくれ、と信じぬ神に祈ってみる、
新米マカーであったことだよ。


▼結果として、10月5日、
iPod Classic廃止の噂はデマ、であったことがわかった。
その代わり、これ以上の大容量化もなされず、
モデルチェンジなし、ということで、
残念な側面もあったけれど、まずは一安心、であった。
その発表の翌日、現在のアップルの興隆を作り上げたおとこ、
スティーブ・ジョブス氏逝去の報が世界を駆け巡った。

思えば、アップル反攻の狼煙を上げる役割を果たしたのが、
このiPod Classicの原型である、iPodだったように思う。
かれが亡くなるまではとりあえずiPod Classicが廃止されなかった
ことになにか感慨深いものを感じるところであるよ。

P1010226
ジョブス氏に合掌(-人-)

2011年2月27日 (日)

PDAをほおりだす

ものを手に入れる時、必要以上に金を使わない。
金儲けの秘訣 ・第3条)


今世紀に入ってから、もう10年が過ぎた。
2011年に入っている。

その前あたりから、仕事もプライベートも、
デジタル化の大波にさらされることとなった。
ワープロで業務をしていたのは、
ウィンドウズ98の出る前後までだった、記憶がある。

その後は、PCはウィンドウズがOSのものを、
文書関係は、ワードエクセルを使用し、
公私ともビルゲイツに金玉握られて、生活を送ってきたわけだ。

ところが、最近その流れが変わってきたように思う。
iPodの成功から勢いの続くアップル、それから今までの
ビジネスモデルを破壊し続けるグーグルの台頭だ。

グーグルの資金源に関しては、専門書を読んでいただくとして、
とりあえずかれらが無料で提供し続ける様々なサービスが、
ぼくらのPCライフを変貌させてきたのは間違いないだろう。

ぼくもなるべく無料のサービスを利用するべく、
最近いろいろと考えたのだった。

ぼくの一番のこだわりは、スケジュール管理だ。
なるべく手間をかけずに、完璧にスケジュール管理を行いたい。
この一点のために、ずいぶん今までお金を使ってきたように思う。
もちろん、それで得たものを大きかったが。

まず紙の手帳を捨て、ここ10年間Microsoft社が
有料で提供するoutlookを使用し、
そのデータを同期し持ち運ぶために、
さまざまな試行錯誤と投資を行ってきた。

しかしながら、昨年の夏から、outlookを放棄し、
Googleカレンダーを使用し始めた。
その方がより便利そうで、なおかつ、無料だったからだ。

その結果、今まで使用してきたPDAも必要なくなってしまった。
ネットで直接スケジュールを見ればいいのだし、
ネット環境のないところでもPCではもちろん、
iPod touchでも予定の確認が可能だからだ。

デジタルデバイスがこんな便利になっているのに、
まだ紙の手帳にこだわるヒトも多い。
それはそれで、その御仁には意味のあることなのだろうが、
紙の手帳は、ポップアップで予定を知らせてくれたり、
はするのんか。
紙の手帳は、メールで予定を知らせてくれたりはするのんか。
失くした場合に備えてのバックアップは、
どうやってとっているのんか。
毎年新しい手帳を買うのは、邪魔臭くはないのんか。
いちいち筆記用具を手に持って、
字を書く作業は辛気臭くはないのんか。
予定が変更になったとき、も一度筆記用具を手に持って、
字を書く作業に絶望を憶えないのんか。
予定が多すぎて、記入欄から溢れたときは、どうするんだよお、
などと大人気なく喧嘩を売ってみる、
おっさんなんであることだよ。


▼ちなみに、なんで喧嘩腰か、というと、
以前紙の手帳派の知合いに、
電気のないところではどうやって予定を確認するんだ、
という敵意ある意見を述べられたからだ。
あっしの場合、今まで行ったなかで一番不便な場所は、
ラオスか、ミャンマーか、ボルネオ島だと思うけれど、
電気のないところはなかったんだよねー。
ま、そいうこと。

▼ちなみに、iPadをちかぢか買ってしまいそうな予感がする。
今は新型がこの春にもでるらしい、ということで、
自分の衝動を押さえ込んでいる。
新型iPadは、ずいぶん目方が軽くなり、カメラがつくらしい。
しばらくむばらく我慢の日々である。

▼写真は本文とでんでん関係ない、
バンコクの路上で出会った、サンタ嬢。

Photo

2010年5月16日 (日)

自宅にはブルーレイレコーダーが届く

売るのか、買うのか、そうじゃなきゃ引っ込んでろ。
金儲けの秘訣 ・第119条)


ぼくの場合、思ってから実際に行動に移すのが、
こと電気製品の購入に関しては早い。
さっそくsharp製のHDD内蔵のブルーレイレコーダーを
買ってしまった。
ハードディスクが320GBでWチューナーなので、
当座これ1台で充分であろう。
値段は、6万3千円ほど。
500GBとか1TBとか巨大なハードディスクのモノも
あったけれど、値段が高いし、
ハードディスクがいっぱいになっても、
ブルーレイディスクをハードディスク代わりに
使用してもいいのだし。
ほとんどは、1回見たら消してしまうし、
残したいたいものはブルーレイに焼く方がいいような気がして、
今回はあえて安さを優先した。
今までもっとずっと小さな容量の機器で済んでたから、
ええんだろ、とする。

金曜日にモノが届いたので、設置は日曜日に行うことにした。
まずアンテナと場所の関係で、アナログ機器はでんぶ取り外す。
40GBだかのハードディスク内蔵のDVDレコーダーと、
置物と化していた8ミリビデオレコーダー。
地上波デジタル放送には対応していないので、
過去にテープに撮ったものをDVDに焼くくらいしか、
使い道はないだろうな。
音楽ファイルを転送して、据え置きのiPod替わり、
としては使用できるかもしれないが、場所取るしねー。
これらをでんぶ取っ払うと、据え置きのセレクターも
不要になったので、ずいぶんすっきりした感じがする。

アンテナ分配器も今まで4分割を2個使っていたのが、
1個のみを使用して、アンテナブースターからでた線を
ブルーレイレコーダにつなぎ、それをテレビにつなぐことにした。
今まで映らなかったテレビのBSデジタルのチャンネルも
映るようになる。
こんなことなら、さっさとこうしときゃよかったな、と反省する。
余ったアンテナ分配器は実家に持っていって使うとしよう。

ところが、夜になって、一部のチャンネルにノイズが出る。
なんで?
よくよく考えたり、ネットで検索したりしてみるに、
どおもブースターが怪しい。
アンテナブースターを外して、直接アンテナをつないで見る。

ビンゴ

どうもこのブースター、アナログ用だったようで、
地上波デジタル放送には邪魔になりこそすれ、
益はなかったようだ。
こういうのを蛇足、というのだろう。
あるいは、策士、策におぼれる、か。

空いたスペースをどう使用しようか、
また余計なものを買ってしまいそうな自分が怖い、
家電好きおっさんなんである。

▼デジタル放送生活になって、数ヶ月。
もうアナログ放送は見る気がしない。
まだのヒトは早く変えることを強くお勧めする。
ブルーレイという規格も使用しやすい。
DVDという規格が自分で焼くことに関して、
いかに問題が多かったか、ということに気づかされた。
生のブルーレイディスクの値段もだいぶこなれてきたしねー。

Patpon

▼写真は、妖しいものが揃う、バンコクのソイパッポン。
そのうち、偽DVDにまぢって、偽ブルーレイもでてくるんだろう。
しかしながら、今週バンコクはまぢやばい感じだったようだ。
バンコクの一部は、すでに内戦状態で、
今後全土に広がる可能性もあるようだし。
先週のゴールデンウィーク、ぼくはバンコクにいたけれど、
そんなにまだ剣呑な雰囲気ではなかったのにさ。
日本もそうだけれど、バカな総理大臣をもつと、
国民が苦労する、というわけだね。
日本人は自分で選んだのだから、いわば自業自得だが、
タイ人は気の毒だねー。

2010年5月 2日 (日)

実家にブルーレイアクオスが届く

必要は発明の母である。だったら利益は父だな。
金儲けの秘訣 ・第137条)



実家のテレビを買い換えた。
ブルーレイ内蔵アクオスだ。

地上波デジタル放送に対応したテレビが必要である、
というための措置でもあるが、
もうひとつ、当該機種を選んだのには理由がある。
実は、母親が韓流ドラマのDVDを友人だか、
親戚だかから、借りているのであるが、
テレビに接続しているDVDプレーヤーの使用方法がややこしい、
というのんだ。

DVDプレーヤーの電源を入れ、DVDを入れ、
テレビの入力ボタンを切り替えるだけ、なのであるが、
その手順を行使するのがどうにもおっくうらしい。

そこでいいものはないか、と機種を選定したところ、
ブルーレイアクオスなら、DVDを挿入すると、
自動的に画面も切り替わるし、よかろう、ということで、
これにしたわけだ。
自分の不精を棚に上げ、panasonicがいい、
と最初はいい顔をしなかった母親であるが、
世界の亀山モデルは、電気店で現物を見た、
うちの母親を説得するのに成功したらしい。
まあ、sharpでもよかろう、ということで、
あとはより安かったインターネット経由で、
配達の手続きまでを済ませる。
ポイントを考慮しても、2万円ほど、amazonが安かったのだけれど、
古いテレビの引取りや、新しいテレビの設置の問題もあるのんで、
結局yodobashi.comでの購入とあいなった。

とりあえず、DVDの出し入れを特訓した結果、
借り物のDVDはみれているようだ。
おいおいブルーレイでの録画を覚えてもらおうと思う。
子どもの頃、勉強しろ、とよく親に怒られたものだけれど、
なんとなく立場がかわってるのか妙な感じだよな。

自分の家のテレビは、32型で、実家のんは、40型だから、
帰ったときは、映画でもみるか。
CDRにも対応しているようだから、音楽も聴けるし、
まあなんでも1台ですむのはいいよな、
ドライブが故障しない限りは、と思ったりしたのだった。

ついでにいずれ買わねばならぬ、
自分の家用の地上波デジタル放送に対応したレコーダーも
実家で見たりするのにいいように、sharp製を買おうかな、
と思い始めている、テレビっ子のなれの果て、
のおっさんなんであることだよ。

▼当時はこれ以外は、ハードディスクも内蔵した三菱製しか、
検討余地がなかったのだけれど、購入後東芝のレグザも、
ブルーレイ内蔵の機種を出したようだ。
考えれば、VHSを使用していたヒトたちは、
テレビ録画ができなくなって、難民化するわけだから、
一体型も需要があるんだろな。
内蔵だと場所も取らないしね。

▼写真はプノンペンのホテルのブラウン管テレビ。

Photo

この手のテレビは、近々日本では絶滅するのだろうが、
テレビの薄型軽量化に伴い、
宿泊施設では新たな問題に直面しているという。
なんとテレビを持って帰る客がいるらしい。
タオルとか、はたまに聞くけど、テレビとは盲点かもねー^^;

 

2010年4月11日 (日)

ぷんぷいさん、ダイソンを買う

妻には掃除をさせろ。そうすれば掃除婦はいらなくなる。
金儲けの秘訣 ・第210条)


オトコやもめにウジがわく、とは古人のことばだが、
現代にも通じる至言である、と自分に照らしてみて得心する。

掃除機はもっているし、掃除をしないといけない、
という認識はきちんともっている。
しかしながら、なかなか実行はしない。

自分の生息するあたりは、コロコロでごまかしごまかし、
掃除をしたこと、にしていたのだが、
ふだんあまり近寄らない地域に行くと、もういけない。
ぼわっと、ホコリが舞い上がるまでになっている。

このままでは、自分の家が腐海に沈んでしまう
蟲(オーム)に怯え暮らすのは、ちょいと避けたい。
ナウシカ世界的危機感を持って、今後の方策を考えてみる。

掃除を行うには、掃除機を出してこなければならないが、
これがどうにもめんどくさい。
わざわざ普段いるリビングから出て、
別室から掃除機を取ってきて、また仕舞う、
という作業を考えただけで、気が遠くなってしまう。
またの機会に、と先延ばしにする。

ここで得た結論は、コロコロのような掃除機
を買えばいいのでわないか、ということだ。
しかしながら、ハンディタイプの掃除機は概して吸引力が弱い。

そこで、思いついたのがダイソンだ。
ダイソンなら、ハンディタイプの掃除機でも、吸引力が強そうだ。

こういうとき悩んで先送りすると、
またほこりのなかでの生活を続けることになる。
ネット通販の一番安いところで悩まず速攻で購入する。

この掃除機の特色は、充電式で約10分働くと、
3時間半充電しなければ、また10分仕事ができないことだ。
ちょっと不自由そうにみえるが、そんなにでかい家でもないし、
本格的に掃除をするのであれば、
普通の掃除機を出してくればいいのだから、
とりあえず気が向いたら、思いついたら掃除をする、
ということを励行することにした。

今のところ、役に立っている。
自宅は腐海から当座守られたのだ。

ダイソン!、ダイソン!、ダイソンに栄光あれ
ダイソンこそわか守り神・・・

今度は車内の清掃もしてみようか、と思う。
この買い物は、成功だったかな。

▼結局、使用せずに大損(ダイソン)だった、
というべたな落ちは今回は使わずにすみました(^^)

Dyson

2010年2月27日 (土)

ハナカミおやじ

木が一番役立つのは、あんたがそれを伐採したあとだ。
金儲けの秘訣 ・第27条)


花粉である。
杉の花粉である。
そのへんを我が物顔で飛んでんのである。

この季節は憂鬱だ。
症状がでないヒトがいればねたみうらやみ、
自分より症状がひどいヒトをみれば、あれよりはましか、と思う。
早くリタイヤして、この季節は花粉の飛ばない地方に
一時移住する人生を夢見ている。

だが、まだ数年は花粉にまみれて暮らさざるをえないだろう。
ふだんから、仕事以外ではあまり外出しないぼくではあるが、
この季節は引きこもり状態に拍車がかかる。
ハンカチおうじだの、ハニカミおうじだの、
という呼称が流行ったけれど、
こっちはハナカミおやじで、微塵のさわやかもない。

これというのも、政府の無策のせい、だ。
いまや花粉症は国民病といってもいい状態なのに、
自民党政権はなにもしてこなかった。
国民は、自民党政権にノオを突きつけたのは、
花粉症対策を怠ったことも関係あるのであろう。
いいや、あるに違いない。
郵政民営化、だの、公務員改革、だの、
をしてる暇があったならば、
人生安眠化花粉症改革を優先すべきだったのだ。

そこで、民主党政権である。
国民の支持を得て、政権を担っている。
いや、担っていた
人気低落中である。
政権奪取半年で、早、不支持が支持を上回った。

かれらは、人気取りが好きである。
子ども手当しかり、基地移転問題しかり、である。
そして、むしろ自分で自分の首を絞めている現状である。

ここで、起死回生のための究極の人気取り政策
を行うべきではないか。

そう、抜本的な花粉症対策だ。

タバコ税やら、所得税やら、をせこせこ上げるより、
ここは、杉税、である。
杉林の所有者に税金をかける。
杉を伐採するものには、そっから補助金を出す。
財源不明のこども手当よりも因果関係がしっかりしている。

しかし、現実は民主党政権も無策だ。
年金しかわからないらしい、ミスター検討中は、
花粉症に関しては検討さえしていなさそうだ。

しかたないから、引き篭もるのである。
せめて、自宅は快適に、ということで、購入した空気清浄機に、
エコポイントくらいはつけてほしいものなのである。

▼ちなみに今までは昨年購入した、
象印のちんけなものを使っていたが、
部屋の大きさに対して、非力な感じが否めなかったので、
パナの30畳タイプを追加で購入した。
確定申告で、医療控除の対象にはならないか???

Nanoe1

Nanoe2

ナノイー(nanoe)、がいーらしい。
おんなっ気がないので、なのえちゃん
と呼んで密かに可愛がってる。
ご覧のとおり、なのえちゃん、ズンドウだが、
けっこう色白つるつるだ。
いーだろー!!!号泣 (iДi)

2010年1月20日 (水)

PC

全てのモノは所有者を求めている。
金儲けの秘訣 ・第100条)


PCを買った。
ウィンドウズXPのモバイルパソコンだ。

なんで買ったか、といえば、ひとえに安かったからだ。
旅行に連れて行くPCはすでにもっているのだけれど、
最近寄る年波のせいか、近眼の度が進んでいるせいか、
小さな画面ではつらくなってきた。
重さが同じくらいならば、もう少し画面が大きく、
処理スピードが速いのを買ってもよいかな、
と思っていたところへ、
ある通販で34800円の商品を見てしまったのんだ。
おまけに、その通販サイトに、
ポイントがそこそこ貯まっていたたので、
支払い金額はさらに半分くらいになる。
これは、買え、という天の声か、
とばかりついポチってしまった、という次第だ。

思えば、今までたくさんのPCを買ってきた。

ここ10年くらいに限っても、98が2台、Meが1台、
XPは、シャープ1台、日立1台、HP1台、東芝1台、
工人舎1台、そして、今回のASUS、と合計、6台、
VISTAが入った東芝の1台、を含めると、
たぶん、年に1台くらいのペースで買っていた、ようだ。
しかも壊れて使用できないようになったのは、
このなかの2台くらいなので、家のなかと実家には、
使用可能なPCが8台ほどあることになる。

自分的には、通常使用の1台と、サブ機が1台、旅行用に1台、
の3台あれば、事足りるのだけれど、
PCの値段がどんどん下がり、
反比例するかのように、性能が上がっていくのをみると、
つい我慢の限界を超え、不必要に多くのPCをもつ
ことになってしまっているわけだ。

買うごとに、不要なものを売ってしまうヒトも多い、
ようだけれど、ぼくはなんとなくそれもようしない。
売ったところで、2足3文だろうし、
自分の使用したものを知らないヒトが使うのも、
なんだか気持ち悪いような気がするし。

実に困った性癖だけれど、これはこれからも直りそうもない。
因果だと思って、諦めることにしている。

しかしながら、職場でも、旅行先でも、自宅でも、
いつでも、インターネットに繋がる環境であれば、
PCはつけっぱなしであるし、
そのために、恩恵も受けているように思う。

聞いた話によると、日曜の夜に、
楽天サイトがふだんよりも売上高が多くなるという。
なんでも、昼間、百貨店などで、商品を確認して、
夜に同じものをネットショッピングの一番安いところで、
注文するヒトが増えた結果、
そういうことがおこっているのではないか、とのことだ。

ぼくも最近モノを買うときは、PCで検索し、
値段を比較してからしか買わなくなった。

物品の購入にかかわらず、必要な情報を自宅で坐りながらにして、
得ることができる現在の状況を考えると、
PCのない生活は想像できない。
むかしであれば、お寺にいって、和尚さんに教えを請うたり、
最後は神頼みで、お百度を踏んだり、
賽銭をあげたりしていたところを、
PCで情報を得て、自己完結できるようになった、
ともいえるかもしてない。

そういえば、独り暮らし、ということもあって、新聞もとってない。
PCがあれば、とくに困らないし。
新聞の購読料、というのはいくらだか知らないが、
年間にすれば、今回のPCよりは高いのではないか。

神社仏閣に寄進する代わりや、新聞を購読する代わりに、
PCを買い続けている、と考えれば、年に1台PCを買うくらい、
たいした出費ともいえないのではないか、と思うのは、
ぼくのひとりよがり、ですか(^^?

▼壊れたPCは、他のPCに比べ、粗末に扱ったわけでも、
使用頻度が高かったわけでもなかったのに、
なんでかさっさと壊れた。
逆に、普段使ってるHPのノートは、
けっこう長いあいだほぼ毎日使用しているのに、
今のところ、壊れる様子がない。
PCもそうだけれど、人間もいつ誰が早死にするか、
わかんないよなー、だから、身体鍛えたりせんぞ、
と思ってるんですが、そういうもんでもない?

Eee

2009年2月22日 (日)

欲しいぞ

商品にケチをつける奴は、それを買う奴だ。
金儲けの秘訣 ・第246条)


最近、ヘッドホン、ヘッドホンアンプ、
と音楽関係の買い物を続けて行った。
集合住宅に住んでいるので、夜間に限らず、
大音量で音楽を聴くのは難しいし、
どっちかというと、BGM的に小さな音量で音楽を聴くことが
多かったのだけれど、CDのまとめ買いの結果、できれば、
大きな音量で聴いてみたい音楽も紛れ込んでたりして、
つい、いいヘッドホンを買ったが最後、
今度はヘッドホン専用のアンプが欲しくなり、いいヘッドホン、
ちゃんとしたヘッドホンアンプを使って、音楽を聴いていると、
iPodの音では物足りなくなる、というある種、
無間地獄的な状況にはまりつつあるのは、
すでに先人の通過してきた道筋と同じのようだ。

しかも、ぼくの場合、それに怠け者、という要素が加わる
のんで、話がさらにややこしくなる。

iPodの音がだめなら、CDでぢかに聴けばいいのだろう
けれど、別室までCDを取りに行き、袋から出して、
CDプレーヤーにかける、という作業がすでに
邪魔くさいのんである。
それくらいのことなんでできん、というヒトもいるだろうが、
そう思うヒトは、1日でもいいから、
リモコンなしでテレビをみてみればいい
テレビのリモコンだって、そもそも怠け者的発想
からできたものなんだと思うのだよね。

そこで買ったのが、CDを300枚ほどスタンバイ状態
にしておける、ジュークボックス式のCDプレーヤーだ。
パイオニア製のこの機械は、それなりにぼくの求める機能を
充足してはくれたのであるけれど、
今ぼくの所有してるCDはでんぶで、2000枚を超えている。
とてもすべてを収納はできないし、
また、どこにどのCDがあるか検索機能がほぼないので、
聴きたいものを探すのが大変なのだ。

そこで、次に欲しいと思ったのが、CDの情報を圧縮せず、
そのままの音質で保存できる、ハードディスクプレーヤーだ。
CDの曲名やアーティスト情報が、オンラインで
ダウンロード
できて、できれば、動画を出力するためではなく、
ハードディスク内の音楽情報をテレビに映すための映像出力
もついてるようなものはないかなー、
と思って、探してみると、これがちゃんとあった。

ソニーのハードディスクオーディオレコーダー、
NAC-HD1という製品だ。

しかしながら、不満がないわけでない。
ハードディスクの容量が250GBしかなく、
CDの情報を圧縮せずに保存すると、
やはり300枚程度しか、取り込めないのんだ。
ただしこういうものが市場に出ている、ということは、
のちのちもっとハードディスクの容量が大きいものがでてこない、
とも限らない。

とりあえず、1台買うことにした。
実質7万円くらいの値段で、昨今のハードディスクの値崩れ状況
を勘案すると、決して安いとはいえないものの、
買ってやらないと、そういうものに対する需要がある
ということが、SONYや他のメーカーに伝わらないだろうしさ。

実際使ってみて、けっこう満足している。
もうハードディスクの容量は、あんまり残ってないのんで、
さらに、ハードディスク容量の大きな新製品がでないかなー、
と思っているのだけれど、
こんなもの欲しいの、ぼくだけですかい(^^?

▼必要は発明の母、というけれど、怠け心こそ、発明の母、
でわないかな、と思う今日のこのごろ。
写真は、301枚ファイルタイプCDプレーヤーPD-F1007と、
ハードディスクオーディオレコーダーNAC-HD1。

Photo Sonyhd

その他のカテゴリー