« コンプライアンス病 | トップページ | 十万 »

2012年5月20日 (日)

愕然

常に自分が買うものは把握しておけ。
金儲けの秘訣 ・第218条)


運転免許の更新にいった。
自分ではけっこう模範的なドライバーだと思っているのだが、
要所要所で捕まっていて、いまだかつて、
ゴールド免許をもらったことがない。
今回もあいだにスピード違反があり、ブルーの免許だった。
実際に運転しないまま年月を書き換えを重ねるだけで、
技術的に未熟な状態のペーパードライバーがゴールド免許で、
保険の割り引き対象になり、ぼくのように、日々運転して、
つまらない違反で普通の免許しか受け取れないのは、
本当に理屈に合ってるのか、とも思うけれど、
しかしながら、それは大きな問題でない。

心配だったのは視力だ。
ひょっとして、免許更新に足りてないのではないか、
ということだ。

結果、検眼担当の職員のおねいさんが、
あんまり見えてないですよ、といいつつ、
なんとか合格にしてくれたのんで、
事なきをえたのだけれど、いい機会なので、
運転用にメガネを新調することにした。
最近は、メガネもけっこう安いしさ。

メガネ屋で、まずは、検眼してもらう。
スタートレックに出てくる、ボーグ、
という宇宙人に改造されたヒト、
みたいな検眼用のメガネをつけて、
そのへんをうろうろ歩かされた結果、
遠近両用のめがねを作られることになった。

自分がそんなに老人だったことに愕然とする。

このぼくが、老眼???

ヒトはいろんなところで自分の老いを感じる。

肌の艶や張り、運動能力や身体能力の低下、健康診断の数値、
他人の態度、鏡に映った自分の姿。。。

そのインパクトの大小はヒトにより違うのだろうが、
ぼく的には老眼鏡はまだ先、と思っていたので、
これはなかなかに衝撃であった。
走ってこけて骨折したときだって、
自分の老いのせいばかりではなく、
運動不足や不運が重なったせいだ、と合理化できていたのにさ。

ま、メガネ屋がいうんだから、しかたない。
でも、遠近両用メガネ、慣れないせいか、見にくいんですけど。

 

▼結局、上記メガネは運転のときにしか使用していない。
だったら、普通のメガネでもよかったような気がしないでもない。
しかしながら、あれから、1年ごとに、メガネを1個ずつ作り、
もうすでに3個作った。
TPOにあわせて、というのもあるが、予備に持っていないと、
実家やら、職場やらに、置きっぱなしで、忘れてしまうしさ。
掛けてるメガネしかもってなかったときには、
忘れようもなかったが。

▼そして、今年作った4つ目のメガネは、跳ね上げ式、のものだ。
細かい字を見るたびごとにメガネをはずすのに疲れた結果、
いっぺん試してみよう、と購入にいたった。
こんなに、メガネばっかり作ってるぼくは、
メガネに目がねー、とか言ってみて、今日も独り。。。

Megane

« コンプライアンス病 | トップページ | 十万 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コンプライアンス病 | トップページ | 十万 »