« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月25日 (日)

AppleTV

コレクションの唯一の価値は、他の誰かに売りつけられることだ。
金儲けの秘訣 ・第135条)


iMacが届いてから、いろいろとマック世界でできること
を探求していたのだが、思った以上に自分にとって
便利な代物であることがわかってきた。

今回iMacを購入する一番の動機になった、
多数の音楽CDの管理についてだが、
当初オーディオのシステムとは別個に考えていた。
場合によっては、転送したiPod classicからオーディオの方に
接続してもよいなー、くらいに思っていたのだが、
AppleTVを購入すれば、iMacのiTunesから直接たやすく
アンプに接続できることがわかり、即時購入に至った。

iTunesの音楽ファイルは圧縮しているものの、
BGMで聴くには気にならないし、
大きな音量で聴く機会はほとんどない状況なので、
今はほとんど夜、自宅に帰って来てから、寝るまでの間、
曲の選択をランダム設定にしてつけっぱなしに
しているような感じである。
なにせいちいちCDを差し替えたり、
選んだりする必要がないのがいい。
従来、そのために使用していた機器は、
SONYのハードディスクオーディオだったのだが、
残念ながら、すでに250GBだかの容量は満杯である。

しかし、ぼくのiMacのハードディスクは、2TBだ。
余裕綽々、である。

ただ、では、iMacにでんでん不満がないか、といえば、
必ずしもまったくない、というわけでもない。
一番の問題点は、光学ドライブ、だ。

なにせ数千枚(たぶん4千枚か5千枚)のCDを
読み込む作業が必要なのにも関わらず、
iTunesへの転送スピードが異様に遅い
Windows PCに外付けドライブを使用して転送
していたときよりも、明らかにでんでん遅いのだ。

そこで、2000枚ほどはすでに読み込んで
しまってはいるのだが、
そろそろLion対応のんが出てきたようなので、
外付けのドライブを買うことにした。
なんとなれば、読込みが遅いのは、他の要因ではなく、
内蔵ドライブが最近Appleと係争している某国の某社製で、
それの性能がよくないせいだ、という噂を聞いたからだ。

そのせいではなかったとしても、
最近外付けのドライブは安くて、
3000円ちょいで買えるしさ。
代わり映えしなかったとしても、たかがしれている。
ただ、Macがブルーレイにもフレンドリーなら
さらによかったのだが、残念ながら、今のところ、
普通の方法では対応してないようだ。

結果として、この賭けは、大勝ちだったようで、
外付けにもかかわらず、倍以上のスピードで読み込んでいく。
ぼくの時間を返せ、と言いたいくらい、その差は歴然としていた。

この勢いだと、全部のCDを読み込み終わるのも時間の問題だな、
とちょこっとうれしい、おっさんであることだよ。

 

▼寝ないで聴いても、でんぶ聴くには、215日かかる、らしい。。。

Itunes

▼結局、CDの読込み終了には3ヶ月以上かかった。
なんとか年内に終了できたのは、
外付けドライブの功績であった、といっていいだろう。
某社製のドライブは、いったいいつの時代の仕様なのか、
ないよりはましなんだろうが、困ったもんである。
さて、せっかく多大な手間をかけて転送したこのCDの音楽を
よりいかすためにどうすればいいだろう、
というようなことを考えてしまうのが、
あっしという人間の弱さ、である。
そこで、使用頻度の低かった、DR.DAC2 DX
というヘッドホンアンプ用にもう1台、AppleTVを購入した。

次は、旅行用に、HDDの大きなMacBookPro
買ってしまいそうな自分が怖い^_^;

Apptv

2011年12月11日 (日)

マカー

一度売れたものは、二度売れる。
金儲けの秘訣 ・第12条)


今から思うときっかけは、昨年購入したiPod touchだった。
iPod classicは前々から音楽用に愛用していたのだが、
ヨドバシのポイントがたまったので、
とくに目的もなくたわむれにiPod touchを買ってみたのだが、
これが実になかなか便利な代物だったのだ。

今までoutlookで管理していた予定も、
グーグルカレンダーに変更し、iPod touchで持ち歩けば、
いちいち職場と自宅で1日2度も3度も巨大なPDAに
有線で同期する必要もない。

そのほか、iPod touchでできることがら、
持ち運べることがらに、遅ればせながら、
すっかり依存するようになってしまったのんだ。

続いてこの5月、iPad2も買ってしまった。
これは、iPod touchのためだけに、
わざわざワイヤレスLANの環境を作ったのんで、
ならば、ネットもある程度の大きさの画面で
寝転んでみれるようにしよう、
と思い立って購入にいたったわけだ。

そして、8月。
今までウィンドウズのPCしか経験してこなかったのに、
ついにiMacを買うに至ったのだった。

本当はMac miniが5万円そこそこの価格で販売されているのが
目に留まり、こんな値段で買えるのなら、と、
心を動かされたのだが、なにせ初Macであるが故に、
Mac用のキーボードやら、マウスやら、光学ドライブやら、
と追加で必要な費用を考えていくと、
さほどMac miniもお得ではない、と思いあたり、
いっそのこと、ついでんぶ付きのiMacでいいのでわ、
と魔が差した、というわけなのだ。

いっそまた今度、とならないところが、
悲しいサガ、なんである。

今までは、

右クリックのない人生なんて

と信じて生きてきたのだが、
最近のMacは、動作はちょいと違うものの、
ウィンドウズの右クリックにあたる機能もあるようだし。

転向者、と呼びたければ、呼びなされ。
ただ値段が昔と違ってずいぶん練れてきた、
というのがもっとも大きな動機である、
と一応弁解もさせていただこう。

せっかくなので、マウスに替えて、トラックパッドを選び、
ハードディスクも2TBにカスタマイズする。

なんでそないに巨大なハードディスクが必要なのか?

といえば、
どうせなら、自宅にあるすべてのCDを取り込んでやろう、
んで、今後何年かは、CDの取り込みで困らないように、
と思っての決断である。

いくらなんでも、2TBもハードディスクの容量があれば、
機械が壊れる前に、いっぱいになることもないだろう、
と思っているのだが。

念のため、タイムマシン、というバックアップ機能用に
外付けのハードディスクも繋いでおく。

さあて、準備万端整った、とCDの読み込みを開始して、
1ヶ月余。
悲しい噂がぼくを襲う。

読み込んだ音楽ファイルを転送するためのiPod Classicが
大容量化モデルチェンジではなく、
廃止になる、というではないか。

その噂、間違いであってくれ、と信じぬ神に祈ってみる、
新米マカーであったことだよ。


▼結果として、10月5日、
iPod Classic廃止の噂はデマ、であったことがわかった。
その代わり、これ以上の大容量化もなされず、
モデルチェンジなし、ということで、
残念な側面もあったけれど、まずは一安心、であった。
その発表の翌日、現在のアップルの興隆を作り上げたおとこ、
スティーブ・ジョブス氏逝去の報が世界を駆け巡った。

思えば、アップル反攻の狼煙を上げる役割を果たしたのが、
このiPod Classicの原型である、iPodだったように思う。
かれが亡くなるまではとりあえずiPod Classicが廃止されなかった
ことになにか感慨深いものを感じるところであるよ。

P1010226
ジョブス氏に合掌(-人-)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »