« ぷんぷいさんの黄金週間2011(その9) | トップページ | 鬼 »

2011年10月30日 (日)

ぷんぷいさんの黄金週間2011(その10)

今日の飛行機は、朝8時45分の成田行きの便だ。
逆算して、6時45分には空港カウンターでチェックインをしたい。
さすれば、起床はその1時間前、ということで、5時40分に起きた。

 

▼人間の落下も、墜落、らしい
Photo_5

 

荷物はすでにほぼまとまっている。
シャワーなど朝の準備をして、食事の会場へ行く。

 

Photo

Photo_2



バンコクから、台湾に戻ってきて、
ホテルの朝ごはんを食べるときに、いつでも思うのは、
バンコクのホテルに比して、簡素だな、ということだ。
むしろ、バンコクの朝ごはんが、力が入りすぎている場合が多い
のかもしれないが、朝ごはんだけ頼むといくらかかるか、
というのもわかるので、それを考えると、
台湾の朝ごはんは期待はずれ、といってもいいのかもしれない。
まあ、ぼくの場合、別料金で食べることはなくて、
込みの値段が最安値の場合のみ、朝ごはんを頼むので、
文句を言えた義理ではないのだがね。

6時半のシャトルバスで空港へ行く。
残念ながら、飛行機のアップグレードはない。
チャンスはあると思ったのだが、こればっかりは期待しても
神に祈っても、どうなるってもんでもないしさ。

 

▼撮影中請微笑(^^)
Photo_4


成田空港から、直接大阪に帰る予定なので、
桃園機場でお土産のお菓子を買ってみる。
羽田空港だと選択肢が広いが、成田の国内線はしょぼいしね。

 

▼ちなみに、老婆餅、の老婆とは、
年季のいった女性ではなく、結婚した女性のことらしい。
Photo_3




13時前、成田着。
国内線の予約は、18時少し前発の便で、
実はもう一つ前の便に席があれば、
それに乗りたいと思っていたのだが、果たして席はあった。
けれど、小さな飛行機なので荷物が載らない、
別途送るのであれば、という条件付きになるという。

それではスーツケースを受取るのが遅くなるし、
いっそのこと、羽田空港に移動した方が早く帰れるな、と、
座席はありそう?、と訊くと、今日はけっこう空いているそうだ。
リムジンバスで、急遽羽田へ移動することにして、
1時間かからず、到着した。

なんと15時の便に乗れたうえ、
お土産のお菓子を追加で買う時間さえあった。

お菓子の入った、たくさんの紙袋ととも乗った飛行機から、
大阪城が見えた。
しかたない、またしばらく日常に戻ろう、
と大阪の空で思った、おっさんであることだよ。

« ぷんぷいさんの黄金週間2011(その9) | トップページ | 鬼 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさんの黄金週間2011(その9) | トップページ | 鬼 »