« ぷんぷいさんの黄金週間2011(その5) | トップページ | ぷんぷいさんの黄金週間2011(その7) »

2011年9月25日 (日)

ぷんぷいさんの黄金週間2011(その6)

歩いてマーブンクロンセンター(MBK)に行く
ことから一日を始める。
朝ごはんはついていないので、
なにかおなかにいれないといけないしさ。
BTSだと、サイアムで乗り換えて計2駅、だけれど、
実際にはMBKはホテルと同じ通りのほぼ南に位置している。
サイアムとMBKに近いのが、このホテルの取り柄だな。

軽く食べて、ネット屋でメールを確認する。
昨日もいた、熟年夫婦が今日もいる。
なにか揉めている。
あれをみると、独身の幸せを感じるな。
負け惜しみかもしれないが。

コマパットは今日は開いていた。
正月も閉まっていて、昨日も閉まっていた。
いったいいつ営業しているんだ、っていうくらいぼくが行くと、
いつも閉まっている。
店の前には、別に紐でくくられてるわけでも、
檻に入れられているわけでもないのに、
同じ猫がいつも寝そべっていた。
つい、店の従業員に、あんたらにはなかなか会えなかったよ、
あの猫とはしょっちゅう会ってたんだけどね、
と冗談をいいながら、念願の小物袋を買うことができた。

▼昨日
Komaneko

▼今日
Komaneko2


そういえば、今回BTSに乗ったのは、これが初めてだな。
なるべく歩くようにしていたし、
スーツケースを持っての移動はタクシーだったしね。

買い物後、トンローまで歩き、そっから安安楼に行って、
北京ダックを食らう。
まだ3時過ぎだけれど、一人だし、
店が空いている時間帯の方が気兼ねがしなくていいしさ。

前は、280バーツ(約800円)だったと思うが、
350バーツ(約1000円)になってる。
空芯菜炒めとペプシで、539バーツ(約1500円)。
どういう計算か、わからんが、愛想が悪いので、
チップは、おつりの1バーツ玉を除いて、おかなかった。

Ananro1

Ananro2

Ananro3

Ananro4

Ananro5


店の前からそのままペブリ通りまで歩き、
90番のバスでMBKに戻る。
途中、プラトーナムの前でほぼ動きが止まる。
20、30分はそこにいたか。
ま、とくにすることもないから、ぼくはそのまま乗っていたが、
タイ人乗客が我慢しきれず、どんどん降りていっていた。
最近は、タイ人の方が忙しそうだ

MBKで、例の菓子を買う。
ふとみると、販売している兄さんに、胸ができている
実は、本人的には女性だったわけね。
お金払い、モノをうけとるときに、
どうもありがとう、とタイ語で丁寧にお礼をいうと、
胸のある兄さんは、少しねーさんぽい表情をした

だから、といって、とくにドキドキはしなかった
こっち方面はコンサバティブなおっさんであることだよ。

▼例の菓子
Reino

« ぷんぷいさんの黄金週間2011(その5) | トップページ | ぷんぷいさんの黄金週間2011(その7) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさんの黄金週間2011(その5) | トップページ | ぷんぷいさんの黄金週間2011(その7) »