« ぷんぷいさんの黄金週間2011(その3) | トップページ | ぷんぷいさんの黄金週間2011(その5) »

2011年9月18日 (日)

ぷんぷいさんの黄金週間2011(その4)

目が覚めると、雨が降ってる。
昨日理容師のねーちゃんに、今は雨降る、と訊いたら、
この季節は大丈夫だよ、と聞いたんだけどねー。
ま、そんなこともあるだろう。

まずは、朝ごはんだ。
このホテルの朝ごはんは実はけっこう好きなのだ。
ただここで1食喰っちまうと、あとタイご飯に回る分が減るので、
実は朝ごはんがお気に入り、というが悪いところでもある。

妙に空いてたので、卵係りのねーちゃんに、

豚入りタイ風オムレツできる?

と訊いてみる。
まあ、相手はタイ人だし、コックだし、
できないことはないだろうが、規則上できるかどうか、
と訊いてみたわけだ。

そしたら、奥まで行って、豚肉を探してきて、作ってくれた。
作ってる間、話をすると、21歳で本職のコックではなく、
大学生だということだ。
ついでに、一緒に写真を撮ったりして、ちょいと和む。
名前は、キャッ、というんだという。
昔なら、チューレン(ニックネーム)も、ふつうに、メオ、
とかだったろうに、英語になっとるんだな。
ぼくは、猫子ちゃん、と覚える。

0501

05010

05011

05012

11時過ぎてから、チェックアウト。
なんだかしらないが、フロントの兄さんたちが、
日本人の名刺を出してきて、住所をローマ字で書いてくれという。
なんだかなー、と思いつつ、
東京・青山の会社の部長さんの住所を英字に直す。
なんでぼくに頼むんだよー、と思いつつ、書いていると、
〒を見て、これはなんだ、と訊かれる。
ZIP CODEだ、と答えて書き直す。
〒マークは、日本独自の記号だったんだよな。
確か、逓信省(ていしんしょう)の、て、をカタカナで、
テ、と書いたのを記号化したのだったよな。

タクシーに乗り、次のホテルの、
VIE HOTELには12時に着いた。
すぐにチェックインできる、と思っていたら、14時まで待て、
といわれる。
フロントのねーちゃんの英語もタイ語もよくわからないが、
とりあえず2時間後に来るよ、といって、サイアムへ歩いて行く。
ここが、BTSのラチャティーウィー駅のそばで、
こういうときは困らないんだよね、そばにいろいろあってさ。

0501vie01

0501vie02

0501vie03

0501vie04

0501vie05

14時過ぎに戻ってくると、
さっきのねーちゃんが部屋に案内する、という。
たいそうな話だなや、と思いつつ、エレベータで訊くと、
またも21歳の大学生だという。

部屋を開けてもらって、ずいぶん立派なのにびっくりする。
そういえば、12時の説明のときに、
アップグレードとか言ってたように思ったが、
それで、2時間待たされたか、と後でわかる。

もちろん、日本の多くのビジネスホテルのように、
あんまり狭い部屋は好きでないんだけれど、
だからといって、あんまり広くても一人だし、
どうしていいか、わかんないだよね。

あとで請求が別途くるんぢゃないよね、とびびりつつ、
まずは洗濯をする。
なんとなく、豪華な部屋でびんぼくさいことやってるなー、
とつい思う。
ネットで、調べてみると、70~80平米あるらしい。
なんと自分ちよりも広いんだわ。

ついでに値段も調べると、1泊で1番安い部屋の料金が、
8000円のときに、12000円ほどだったようで、
そんな無茶な値段でもない。
バンコクで、広い部屋に泊まりたい向きには、
穴場かもしれないっすよ。

夕方、ティダイサンの帰り、地図を見て悩んでる、
日本人風のカップルがいたので、声をかける。
どおも、エアポートリンクでパヤタイまで来て、
これからホテルにチェックインするのに、
場所を探しているらしい。
ベストウェスタンホテル、とかいう、
ありそうでないようなホテル名だったが、
そういえば、むかし、パンティッププラザからプルマンホテルに
近道して帰ろうと、ファーストホテルあたりのソイを
抜けようとして、迷ったときに、前を通ったかもしれない。
でも、あんまり大きなホテルではない、というよりは、
かなりこじんまりしたホテルで、
たぶん、歩けば30分くらいはかかるだろうし、
初めてタイに来て、歩いて到達するのは、
けっこう難易度が高そうなホテルだと思うのだが、
本人たちは、歩いていきたいようだ。

それをどう伝えればいいんだろう、と思っていると、
ぼくらの様子を見ていたのだろう、
トゥクトゥクのおやじが、声をかけてきた。
しかも、ベストウェスタンホテルを知ってるようで、
40バーツ(約110円)だという。
メータータクシーよりも安いよな。

その後どうしたかはしらないけれど、
そのおやじにふたりを預けて、無駄に広いホテルに帰る、
おっさんであったことだよ。

0501_2

« ぷんぷいさんの黄金週間2011(その3) | トップページ | ぷんぷいさんの黄金週間2011(その5) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさんの黄金週間2011(その3) | トップページ | ぷんぷいさんの黄金週間2011(その5) »