« 2010/2011正月休み@タイランド(その1・出かけるときは忘れずに) | トップページ | 2010/2011正月休み@タイランド(その3・バンコクをデジタル一眼ととも歩く) »

2011年3月30日 (水)

2010/2011正月休み@タイランド(その2・2軒のホテルにチェックインする)

スワンナプーム空港にタイ航空便が着陸したのは、
夜も明けぬ5時前だった。
タクシーでオールシーズンフアマークホテルへ向かう。
このホテルは、その名の示すとおりアコーブランドのホテル中、
最下位に位置するオールシーズンブランドのホテルだ。

高速を使わずに空港から15分ほど、
151バーツのメーターだった。
上乗分をいれて、200バーツ支払い、チェックインをする。
予約はしてあったのだが、
もうチェックアウトしてもおかしくない時間だったので、
チェックインできるかどうか、不安を持っていたのだが、
何の問題もなく、チェックインできる。
すでに、お金は支払っているし、当然といえば当然なんだが、
とりあえずほっとする。

狭くて、安普請はしかたない。
が、そうとうくたびれている、というか、古びている。
寝るだけだし、1泊することに意義があるのだ、
自分に言い聞かせる。
2000円しない値段なのだし。

Photo

02

Photo_2


なんでわざわざこのホテルにこんな時間から泊まるのか、
といえば、実は、アコーホテルにはAClubカード、
というのがあり、会員なのだが、1年間で10泊すると、
シルバー会員、30泊すると、ゴールド会員に認定される。
ぼくの場合、29泊になる予定で、
無理やりここで宿泊したことにすれば、
5月にはゴールド会員になれるのでわ、と考え、
そのためになるべく少ない投資で、と思い、
ここに明け方から泊まることにしたのんだ。
しかし、1泊と計算してくれるかどうかは、微妙かな、
と思っていたし、現にここの宿泊分がぼくの宿泊履歴に載る
ことはついになかったのだった。

それはさておき、そんなわけで、普通なら泊まらないような、
ここに来たのにも、一応訳があったわけだ。

いつの間にか寝てしまい、朝9時に目覚めた。
ついてはいるようだし、飯を喰うてみるか、と1階へ行く。
フロントの向かいの狭いスペースが朝食会場だ。

客層にあわせてだろう、ベジタリアンフードが多い。
インド人風の客が目に付く。

適当な料理を適当に食べ終え、フロントのねーさんに、
この辺の地図はない?と訊いてみるも、
バンコクの地図しかないとのこと。
2名とも、若くてかわいくて、フレンドリーだ。
他のアコーホテルでは経験したことのない、
ぬるい感じのフレンドリーさで、
これはこれで悪くない気がしたな。

Photo_3

10時チェックアウトして、その辺を散歩してみる。
来たときは夜明け前だったので気がつかなかったが、
2、3件ショッピングモールのようなものがある。

12時前までうろうろして、タクシーで、
ノボテルバンコクフェニックスシーロムへ向かう。
できたばかりなので、タクシーの運ちゃんは知らないかったが、
たぶんホリディインシーロムの向かい当たりだといって、
行ってもらう。
高速道路を使ってよいか、というので、いいよ、と言って、
世間話をするが、ぼくと同世代らしいかれは、
自分が貧乏だと言ってきかない。
そんなこといわれてもなー、と思いつつ、
適当にスルーすることにする。

ぼく、あんたのパパでもないし、とも思ったが、それは言わずに、
今のタイの総理大臣がねー、と話を大きくして誤魔化す。
タクシーの運ちゃんは、タイ東北部、イサン地方出身者が多い
ので、おおむねクーデターで放逐された、
タクシン支持者と思ってよく、
現政権の悪口を言っておけば、間違いないのんだ。

高速出口の信号待ちでふと左を見ると、
そこにちゃんとノボテルがあった。
高速で来て正解だったな。
ホリディインシーロムの向かい、よりは、
チャランクルン通り寄り、だったわけだ。

12時過ぎだったので、チェックインできるかな、
と心配だったが、とくに問題なし。
15分ほど待て、といわれ、読書して待つ。

フロント周りはかなりきれいだ。
ホテルというよりは、ビルの受付、という感じだが。

部屋もやや狭いが、できたばかりのせいか、きれいで問題なし。
古くなってきたら、これが維持できるかどうか、
という懸念はあるけどね。
ノボテル台北とほぼ同じ仕様だった。
これで1泊4000円を切る値段なら安いかな、と思う。
朝食もついててさ。

まずは散髪。
ぼくがいつも散髪しているホテルの美容室には、
歩いて10分かかるかどうか、という立地なので便利だ。

その後歩いて、サラデーンへ。
けっこう距離がある。
高架鉄道のBTSでいうと、サパンタクシンから、スラサック、
チョンノンシー、サラデーンだから、歩くと、
1時間近くはかかっても不思議ではない。

このノボテルバンコクフェニックスシーロムの弱点は、
BTSのどの駅にも遠いことだ。
ぼくはあんまり気にしないが、気になるヒトも、
それが原因で選ばないヒトもいるだろうな、
という感じの距離である。
サパンタクシンへも、スラサックへも、10分から15分、
といったところだろう。

そっから、BTSのサイアムへ。
パラゴンはすごい人出で落ち着かない。

その後アヌサワリーへ移動して、ティダイサンで夕食を喰らう。
あいかわらず女性店員には愛想が欠如しているが、
だがそれがいい。

帰りは、スラサックで降りて、そっから歩く。
サパンタクシンからよりは障害物が少なく歩きやすいが、
夜は少し寂しいので、女性一人だと怖いかもな。
ファミマで買い物して部屋に戻った。

« 2010/2011正月休み@タイランド(その1・出かけるときは忘れずに) | トップページ | 2010/2011正月休み@タイランド(その3・バンコクをデジタル一眼ととも歩く) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010/2011正月休み@タイランド(その1・出かけるときは忘れずに) | トップページ | 2010/2011正月休み@タイランド(その3・バンコクをデジタル一眼ととも歩く) »