« bmi | トップページ | ダ・タロー »

2011年2月27日 (日)

PDAをほおりだす

ものを手に入れる時、必要以上に金を使わない。
金儲けの秘訣 ・第3条)


今世紀に入ってから、もう10年が過ぎた。
2011年に入っている。

その前あたりから、仕事もプライベートも、
デジタル化の大波にさらされることとなった。
ワープロで業務をしていたのは、
ウィンドウズ98の出る前後までだった、記憶がある。

その後は、PCはウィンドウズがOSのものを、
文書関係は、ワードエクセルを使用し、
公私ともビルゲイツに金玉握られて、生活を送ってきたわけだ。

ところが、最近その流れが変わってきたように思う。
iPodの成功から勢いの続くアップル、それから今までの
ビジネスモデルを破壊し続けるグーグルの台頭だ。

グーグルの資金源に関しては、専門書を読んでいただくとして、
とりあえずかれらが無料で提供し続ける様々なサービスが、
ぼくらのPCライフを変貌させてきたのは間違いないだろう。

ぼくもなるべく無料のサービスを利用するべく、
最近いろいろと考えたのだった。

ぼくの一番のこだわりは、スケジュール管理だ。
なるべく手間をかけずに、完璧にスケジュール管理を行いたい。
この一点のために、ずいぶん今までお金を使ってきたように思う。
もちろん、それで得たものを大きかったが。

まず紙の手帳を捨て、ここ10年間Microsoft社が
有料で提供するoutlookを使用し、
そのデータを同期し持ち運ぶために、
さまざまな試行錯誤と投資を行ってきた。

しかしながら、昨年の夏から、outlookを放棄し、
Googleカレンダーを使用し始めた。
その方がより便利そうで、なおかつ、無料だったからだ。

その結果、今まで使用してきたPDAも必要なくなってしまった。
ネットで直接スケジュールを見ればいいのだし、
ネット環境のないところでもPCではもちろん、
iPod touchでも予定の確認が可能だからだ。

デジタルデバイスがこんな便利になっているのに、
まだ紙の手帳にこだわるヒトも多い。
それはそれで、その御仁には意味のあることなのだろうが、
紙の手帳は、ポップアップで予定を知らせてくれたり、
はするのんか。
紙の手帳は、メールで予定を知らせてくれたりはするのんか。
失くした場合に備えてのバックアップは、
どうやってとっているのんか。
毎年新しい手帳を買うのは、邪魔臭くはないのんか。
いちいち筆記用具を手に持って、
字を書く作業は辛気臭くはないのんか。
予定が変更になったとき、も一度筆記用具を手に持って、
字を書く作業に絶望を憶えないのんか。
予定が多すぎて、記入欄から溢れたときは、どうするんだよお、
などと大人気なく喧嘩を売ってみる、
おっさんなんであることだよ。


▼ちなみに、なんで喧嘩腰か、というと、
以前紙の手帳派の知合いに、
電気のないところではどうやって予定を確認するんだ、
という敵意ある意見を述べられたからだ。
あっしの場合、今まで行ったなかで一番不便な場所は、
ラオスか、ミャンマーか、ボルネオ島だと思うけれど、
電気のないところはなかったんだよねー。
ま、そいうこと。

▼ちなみに、iPadをちかぢか買ってしまいそうな予感がする。
今は新型がこの春にもでるらしい、ということで、
自分の衝動を押さえ込んでいる。
新型iPadは、ずいぶん目方が軽くなり、カメラがつくらしい。
しばらくむばらく我慢の日々である。

▼写真は本文とでんでん関係ない、
バンコクの路上で出会った、サンタ嬢。

Photo

« bmi | トップページ | ダ・タロー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« bmi | トップページ | ダ・タロー »