« ぷんぷいさんの夏休み2010(その6) | トップページ | ぷんぷいさんの夏休み2010(その8) »

2010年12月 5日 (日)

ぷんぷいさんの夏休み2010(その7)

またしても、朝は5時台に目覚める。

昨日はタイの国境から正午前にウボンのバスターミナルに着いた。
それから、ビッグCを少しうろうろしたあと、迷いながら、
ウボンの街を歩いたのだが、直射日光がきつく、
無帽だったのも無謀だったようで、へろへろの状態で、
前日チェックアウトした、スニーグランドホテルに到着した。
昨日は別のホテルにしようかな、とも思っていたのだが、
もう動く気力もなく、チェックインすることにしたのんだ。

ビッグC @ うぼん
Photo

うぼんナンバーの車
Photo_2

スニーグランドの看板
Photo_3

日本レストランで食べたとんかつ、と、
Photo_4

たこやき
Photo_5

とくにそれ以上することもなく、適当に昨日を過ごし、
バンコクに帰る朝になったわけだ。

まずは、朝飯だ。
まずくはないが、うまくもなく、
でも、タイの地方としては、ましな朝食をつまむ。

Photo_6

Photo_7

チェックアウトして、サービスの空港への送迎用バスを待つ。
これは送るだけで、迎えはないのんか、
急いでタクシーサービスを使用したのんで、見なかったから、
迎えに気がつかなかったのか、フロントに訊くのを忘れたけれど、
もし、またウボンに来ることがあるようであれば、
今度は迎えがいないか、探してみよう。

Photo_8

Photo_9

空港へのバスの客は、結局自分だけだった。
空港待合室で、昨日のパクセからのバスでいっしょだった、
頼んない感じだが、少し男前のファランと、
日本人基準では、ぶさいくなタイ女性(これはたぶんだが)も
同じ便でバンコクに行くらしい。

空港からは、一旦バスターミナルへ移動し、まいどおなじみ、
551番のバスで、アヌサワリーのロータリーまで来る。
チェックインは14時からだから、12時にまたティダイサンで、
飯喰ってから、ホテルにチェックインする。

Photo_10

Photo_11

チェックインの際、蟻騒動のときの、Mayちゃんがでてくる。
明日から父母がバンコクに来て、このホテルに泊まるんだけれど、
というと、じゃー近くの部屋にしておきますね、と言ってくれる。
事前に話が通じていれば、安心だ。
けっこうサービスいいやん。
うっかり忘れないことを祈ろう。

バンコクに帰ってくるとほっとする反面、
だからなにかをしなければならぬ、ということもない。
ただ欲するときに欲するものがけっこうな確率で手に入る、
という安心感がよい、ともいえる。

足腰立つうちに、と考えて、自分でバンコクを見せてやろう、
と明日から両親と行動することになっている。
身内とはいえ、どんな展開になるか、予想もつかないが、
先の短い可能性の高いヒトビトではあるし、
なにがあっても親切にしてやらねばならんだろうな、
頑張らねば、という決意を新たにする。

交際相手の本性を知るには、旅行をともにするのが一番良い、
とはよく聞く話だが、両親の本性がわかったところで、
どっかに捨ててくるわけにもいかないし、
なんとかうまくこなすしかしかたないわけだし。

早く寝て、明日に備える。

« ぷんぷいさんの夏休み2010(その6) | トップページ | ぷんぷいさんの夏休み2010(その8) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさんの夏休み2010(その6) | トップページ | ぷんぷいさんの夏休み2010(その8) »