« メークロン(上) | トップページ | メークロン(下) »

2010年10月19日 (火)

メークロン(中)

汽車、とわざわざ書くのには理由がある。
石炭で走る蒸気機関車ではないものの、電車でもない。
ディーゼルで走る機関車が客車を引っ張る乗り物だ。

タイでは鉄道は発達していない。
ないことはないのだけれど、バスの方が本数も種類も多く、
便利なのだ。
今回わざわざメークロンに行くのは、
鉄道を利用するためなので、不便なのを承知で、
トンブリくんだりの駅まできたわけだ。

まずは、マハチャイ駅に向かう。
汽車の中ではとくにすることもない。
ぼぉー、として過ごす。

Photo_7

Photo_8

Photo_9

  

マハチャイにつくと、今度は川を渡って、
次の鉄道線に乗り換える必要がある。

渡しに来ると、でんでん客がいない。
鉄道でメークロンに行くために、どの渡し舟に乗ればいいか、
と何回も訊いて来たのだが、あんまり乗客が少ないので、
不安になってくる。
乗客は、若い女の子とその保護者っぽいおばあさんと、
犬が1匹だ。
それにひきかえ、少し離れた渡し舟には乗客が満載だ。
でもその女の子に訊いても、これで間違いないというし、
犬もこころなしか自信ありげだ。

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14

  

あまりに不安げだったからだろう、渡しの兄さんが、
予定より早く舟を出してくれた。
ちゃんと川向こうの駅についたのだった。

Photo_15

    

駅ではまたも、待ちぼうけだ。
あとから、ぱらぱら乗客がやってくるが、数は知れている。
日本人の夫婦者が、待ち客の中にいた。

訊けば、乗客の多い方の舟に乗ったので、
この駅に着くまでだいぶ苦労したらしい。
たぶん、鉄道を使う酔狂者が少ないせいだろう。
マハチャイからメークロンに行くのだって、
きっとバスを使った方が便数も多く、早く着くのだろうし。

かれらによると、世界の車窓から、でみて、ここに来たけれど、
これから汽車に乗るかどうかまでは決めていない、とのことだ。
バンコクに帰って来れるかどうか心配だから、
というのが理由らしい。

ぼくも今日はバンコク泊まりで、バスで楽々帰れると思いますよ、
とかれらの背中を押してやる

待ってるあいだ、暇なので、駅の食堂で
カオパット(焼き飯)を食べる。
同じテーブルで、地元の子ども達もご飯を食べていた。

カノムイープン(日本のお菓子)といいながら、
飴玉をやると、ちゃんと両手をあわせてワイ(合掌)をした。
子どものワイは、かわいいのんだ。
(to be continued)

Photo_16

Photo_17
(ビール缶の中身は、水だから、安心せよ。。。(^^;)

Photo_18

ぬこ on もーたーさい @ めーくろん

On_the_moterbike

Photo_19

 

« メークロン(上) | トップページ | メークロン(下) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メークロン(上) | トップページ | メークロン(下) »