« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

もっとデジタルを…

バーゲン品は大抵高くつく。
金儲けの秘訣 ・第17条)


ONKYOのiPodドックを買った。
以前に買おうかな、と思っていたのだが、そのまま忘れていて、
ある日、アマゾンにアクセスしたら、
トップ画面のお勧め欄に表示されており、
なおかつ、値段も妙に安かったために、あんまり深くは考えず、
ついポチってしまったのんだ。

購入行動を完了してから、よくよく製品の概要をみてみると、
普通の赤白のケーブルの端子がない。
ぼくが愛用しているBOSEのアンプには、
赤白の端子しかないし、クリークのヘッドホンアンプも同様だ。
普通だったら、意味のない買い物をしたかな、と考えて諦めるか、
購入をキャンセルするかするところだろうが、
長く勤め人をやっていると、
意味のなさそうなものに意味をつける方法を考える癖、
がついている。

今回も1万円ほどした、このONKYOのiPodドックを
生かす方策を考えるに、光デジタルケーブルに対応した、
アンプを買えばいい、という結論に達したのんだ。
順序が逆っぽいけれど、まあこれも縁だ、とばかり、
前から少し注目していた、DR.DAC DX2、
というヘッドホンアンプを40000円ほどで購入した。
これも、アマゾンで、だ。

どうせなら、他の機器で、デジタル端子のついているものには、
それが使用できるようにと、何本かのケーブルを追加で購入し、
抜き差ししなくてもいいように、
光デジタルケーブル用セレクターも買う。
全部、アマゾンで、だ。

なんとなく、少しお買い得、という点に惹かれて、
そんなに必要性が高くない買い物をしたばかりに、
総計で6万円近くもアマゾンに支払ってしまった。
恐るべし、アマゾン。

しかしながら、DR.DAC DX2、がなかなかに優れもので、
ONKYOのiPodドック経由でのiPodの音源が、
なかなかに音の解像度がよい、
あるいは、よいように思われるのんだ。
これって、負け惜しみですかいな?

んで、iPodでもこんなにいい音で聴けるなら、と、
今まで、圧縮せずに400枚弱のCDを記録していた、
SONYのハードディスクオーディオレコーダーには、
これを機会にMP3に圧縮した音源を記録しなおすことにした。
圧縮すると、2000時間以上の記録が出来るようなので、
計600枚を収容できる、パイオニアの2台の、
CDチェンジャープレーヤーを併用すると、
ほとんど動かずに所有するすべてのCDを
そこそこいい音で聴くことができる、と考えたわけだ。
読込みがめちゃくちゃたいへんなんだけどね。

というわけで、このあいだのブルーレイ内蔵アクオスの購入から、
身の回りのAV環境が、真の意味でデジタル化
されつつあるけれど、意外といい、というのんが、
今日の結論、であることだよ。


▼実際に、読み込みを始めて2ヶ月以上たったが、
2000時間と600枚では全部のCDを
カバーできそうにないことがわかってきた。
それでもまだ増え続けるCD。
そろそろ買うのやめないと、家が埋まってしまう。。。
しかも、どうやって聴くんだ、いったい?

Aaa

Aab

2010年8月17日 (火)

第三的厠所

知識はラチナム。
金儲けの秘訣 ・第222条)


以前、人生における謎、について、言及したことがある。
そのなかで、おかまさんが行くのは、男子用か、女子用か、
それとも、未知なる第3のトイレがあるのんか、
とぼくは書いた。
もちろん書いたときは冗談半分で、たぶん女子用か、男子用か、
本人や周囲に違和感のより少ない方を使用しているのだろう、
と推定していたのだけれど、このあいだ、テレビを見ていたら、
この第3のトイレについて、実際に存在することがわかり、
驚いたのだった。

その存在がわかったのは、某国営放送のアジアスマイル
という番組が、タイの高等学校で自らの存在に悩む、
レディボーイを特集した回で、
その高校には実はレディボーイ学生用のトイレがある、
という報道、というか、放送をしていたからだ。

やはり、世の中は広いなー、と思ったのだけれど、
この第3のトイレも、それぞれの性的な位置によって、
さらに細分化されなければならない可能性もあり、
そう考えるとけっこうたいへんだし、ある意味、
パンドラの箱をあけてしまったのかもしれない、
ともいえるよな。

さてこの番組に出てくる、レディボーイのひとりは、
将来国語の先生になりたい、と思っていて、
その学校に在籍する、おかまの先生に、
そのことを相談しているシーンがあった。
相談者の高校生は、今風に、レディボーイ、と表現していたが、
被相談者の先生は、古風に、カトゥーイ(おかま)
を連発していた、のが印象的であった。

そんな流れもあってか、その高等学校に
在籍するレディボーイ軍団は、番組の最後に、
将来の自分の夢を、ボードに書いて出していた。
同じ某国営放送のサラリーマンネオの最後の場面を
思い出してもらえばいいかもしれない。

客室乗務員、国語の先生などに混じって、
ある者は警察官になりたい、と日本語の字幕には出していた。
しかも、なんとなく本人が横に描いていたイラストが、
警察官、っぽくない。

本人が述べていたのは、タムルワットイン。
タムルワットは、警察、インは女性のこと。
つまり、本人は将来の夢は、警察官、ではなく、
婦人警官、とより限定的に書いていた
のんだ。

そのまんま字幕に出さないところが、国営放送の良識と限界か?
とか思った、良識も限界に近づきつつある
おっさんであることだよ。


▼この話を知り合いにしたところ、
スーパー銭湯の男湯で人工的に作られた胸をもつヒトが、
連れ合いの男性(たぶん)といちゃいちゃしていたのを見た、
という話をしてくれた。
日本ではまだ、第3のトイレも、第3の浴場も
準備されていなかったために起こった、
悲劇(これもたぶん)らしい。
ちなみに、その知り合いが蛮勇を奮って確認したところ、
人工胸子さんの身体の別の地点はまだ工事されておらず、
男湯に入る資格のある状況(?)にはあったとのことだ。

▼写真は、とある事情があり、10数年ぶりに昨日行った、
バンコクの名門お釜ショー、カリプソで。

Oka

▼業務連絡。
ただいま無料で試し運転中のエアポートリンクに乗った。
想像以上に、いい
空港から、たったの22分。
どうも開業の23日からBTSのパヤタイ駅と、
接続させるつもりらしい。
タイ人の仕事にしては妙に段取りよいが、
BTSが混むから、個人的にはやめてほしい。
詳しくは、また。

Aji

窓からエアポートリンクと味の素ビルが見える。。。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »