« よーやく予約(黄金週間2010 of ぷんぷい・上) | トップページ | デモクラシーはデモ暮らし??(黄金週間2010 of ぷんぷい・下の下) »

2010年7月19日 (月)

渡航の是非を検討した結果、タイ航空に乗る(黄金週間2010 of ぷんぷい・中)

危険な道ほど利益も大きい。
金儲けの秘訣 ・第62条)



準備は整った、筈であったけれど、
ゴールデンウィークが近づくにしたがって、
想定外の事態がより深刻さを増していった。
タクシン元首相派、いわゆる、赤シャツ隊、
のバンコク都内でのデモ活動だ。

日本人カメラマンが亡くなった以外でも、
何度も政府軍とデモ隊がぶつかって死傷者が多数出ている。
ゴールデンウィーク前には、旧国際空港のドンムゥアン近く
でのデモ隊と政府軍との衝突で、
日本の外務省は渡航に関する危険度を十分注意から、
是非の検討に上げ、旅行社や航空会社によっては、
無料でのキャンセルを受け付ける事態に発展してきたのんだ。

実際にバンコクにいる日本人の情報から向こうの様子を慮るに、
今のところ、取りやめするほどではない、
とぼくは判断していたのだが、飛行機の運行が中止されたり、
また、去年だか、おととしあったような、
バンコク国際空港の占拠のような事態が発生したりするのが、
不安要素になってきた。
もちろん、安全第一であるのは十分理解しているが、
イラクやアフガニスタンに行くわけではないし、
こんな状況のバンコクよりも、平常でもより危ないとこが、
上記以外にも世界のあちこちにはある。
今度、蹴球の世界大会のある、南アフリカなんかも、
旅慣れない蹴球好きはもちろん、かなりの旅の達人でも
気をつけるべきレベルではないのかな、
とぼく的には思ったりするのだが、外務省的には
渡航の是非を検討するレベルではない、
らしい。

タイなら、けっこうやばくなっても、
自力で何とかできる程度の能力と経験が自分にはある、
とりあえず、自分から行くことを中止する必要はまだない、
と判断し、当日関西空港へ向かったのだった。

空港へ向かう南海電車は最初はけっこう乗客が乗っていたのだが、
だんだん降りてゆき、途中の泉佐野から自分の車両は、
他に乗客がいなくなってしまった。
不安が募る。

しかし、タイ国際航空のカウンターは、開いたばかり、
ということもあったのだろう、けっこう混んでいる。
タイ人ばかりでもないようなので、少し安心する。
カウンターの係員に訊いてみると、
今日の乗客は130名ほどという。
ゴールデンウィーク中の乗客数としては、かなり少ない。
実際、飛行機に乗り込んでみると、3列シートに自分だけ、で、
バンコクまで寝転んでいけたのにはうれしかったものの、
バンコクどおよ、の気持ちがまた募ったのであった。

ほぼ定刻の現地時間の朝4時半に着いたが、
あんまり早くホテルについてもすることがないし、
スーツケースは持っていたものの、
帰りのお土産を入れるために持ってきたようなものなので軽いし、
なら、お金ももったいないなから、
ホテルの近くまでバスで行って、そっからタクシーに乗るか、
と考えた。

いったん、無料のシャトルバスでバスターミナルまで移動し、
そっから毎度おなじみ551番のバスに乗る。
アヌサワリー(戦勝記念塔)まで34バーツ(約100円)。
そっから、ランナム通りのホテルまでは歩いても
いけるくらいの距離だが、スーツケースがあるので、
タクシーに乗る。
これも40バーツほどで、最初からタクシーに乗ると、
たぶん300~400バーツは込み込みでかかったろうから、
儲けたな、とちょいとうれしい。

チェックインは14時だったよな、と思いながら、
荷物を預けようと、玄関の係員に渡すと、
部屋の番号は?と訊かれる。
だから、14時にチェックインなんだよ、と思いながら、
フロントに、部屋の番号はなんていえばいい?と訊くと、
今日は朝8時にチェックインできますよ
そのときに、部屋にスーツケース運ばせますので、
8時にここにまた来てね、といわれる。

いい話だぁ(ToT)、、、と感涙に咽びながら、
それまでの2時間は外をうろうろすることにする。
そろそろ明るくなってきたしさ。

歩いていて目に付くのは、兵隊さんがあちらこちらにいることだ。
どうもこの辺に、軍隊関係の省庁があるようで、
そのせいもあるようだ。

最初は遠慮がちに写真を撮っていたが、
どうってこともなさそうなので、
だんだんどうどうと写真を撮るようになる。
しまいにゃ、道行くヒトに頼んで、
兵隊さんと記念写真撮る始末だ。

そんなことをしてる間に、8時になった。
荷物を置いて、出かけるとするか。

 

 

▼坊主と兵隊(その1)
2001

くつろぐ兵隊
2002

坊主と兵隊(その2)
2003

警察の盾(土産に欲しかった。。。)
2004

鳩と兵隊
2005

タイのドナルドくんと兵隊
2006

あっし(代役:タイ焼き)と兵隊
2007

歩道の柵(その1)
2008

歩道の柵(その2)
2009

写すファランと写される兵隊
2010

« よーやく予約(黄金週間2010 of ぷんぷい・上) | トップページ | デモクラシーはデモ暮らし??(黄金週間2010 of ぷんぷい・下の下) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« よーやく予約(黄金週間2010 of ぷんぷい・上) | トップページ | デモクラシーはデモ暮らし??(黄金週間2010 of ぷんぷい・下の下) »