« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月26日 (月)

デモクラシーはデモ暮らし?(黄金週間2010 of ぷんぷい・下)

顧客を殺してはいけない。
その客が死んだ方が利益になる場合を除いて。
金儲けの秘訣 ・第161条)


ホテルにチェックインし、一休みしたあと、まずは散髪にいく。
ぼくの行きつけはサパンタクシン駅そばの、
今回は利用しなかったが、定宿のひとつであるホテル
にある美容室だ。
前は、田舎からでてきたばっかりで、地味に別嬪さんだった、
見習いの方のねーちゃんが派手になってて、ちょっと悲しい
都会は、誘惑が多いんだよね。

顔馴染みの門衛さんと今度は8月にまた泊まるね、
とかなんとか話をしたあと、少し歩いてみよう、と考えた。
まだ午前中だが、日差しがきつい。
帽子を持ってこなかったのを後悔する。

サパンタクシン駅から、サラデーン駅近くまでは、
軍人も警察官もほぼいなかったが、サラデーン駅が近づくにつれ、
けっこう剣呑な雰囲気になってくる。
歩道に鉄条網が張られていたり、装甲車がいたりして、
ものものしい感じだ。
なんでかなー、と思ったら、
ここが赤シャツさんたちの占拠地域との境界なのだ。

どこまで接近できるのか、いけるとこまで行ってみよう、
と妙な蛮勇を奮って近づくと、
けっこうどこまでも近づけるではないか。

デシュタニホテル前の交差点には、タイヤが引き詰めてある。
念のため、お巡りさんに、行ってもいいっすか?と訊くと、
いいよ、とのことだったので、バリケードのタイヤに
タッチしてみるも、別にどってこともない。
中の様子を知りたくて、エラワンに行きたいのだけれど、
と試しにいってみると、
チュラロンコン大学の付属病院敷地内を通ってけ、といわれる。
占領地域を恐る恐る覗きながら歩いてみるに、
別段物騒な雰囲気でもないし、
西洋人が中をへろへろ歩いているでわないか。
入っていいのか?という疑問が沸いてくる。

チュラ大の駐車場係りのおっちゃんに、
エラワンに行きたいのだけれど、いうと、
簡単に占領地域への境目の扉を開けてくれる。
あまりの簡単さに脱力しつつ、ありがとうござる、
と丁寧にお礼を言って、ぼくも、中のヒト、になった。

入ってみると、外から見ている以上に、
緊張感にかけている状況であることがわかった。
占拠しているヒトの大半は、日陰で寝転がってるだけで、
とくに攻撃的な活動を行っていない。
それどころか、生産的な活動さえ行っていない
音楽に合わせて踊ってるタイ人もいる。
これが、日本のゴールデンウィークに多くの観光客を
タイへの渡航を諦めさせた、バンコク騒乱の実態なのだ。

なんだかなー、と思いながら、ラートプラソンの交差点に
向かって歩いて行くと、出店があったりして、
けっこう楽しくなってくる。
歩行者天国だな、こりゃ、と思う。

占拠地域外では売っていない、赤シャツやら、赤帽やら、
団扇やらのタクシングッズ、赤シャツグッズを記念に購入する。
列ができているので、なんだろうと思って、見てみると、
無料の炊き出しやら、氷菓子や飲み物の配給やら、
が行われているのんだ。
食ってけ、といわれるが、申し訳ない気がして、
丁重にお断りする。

結局、滞在した数日間、毎日プラトーナム側からここを通過して、
サイヤムやMBKに行ってたのだけれど、
ぼくが今まで、バンコクで経験したイベントの中で、
ひょっとすると、一番楽しいものだったかも、とさえ思えた。
なかは平和だったしさ。

期間中、和解に向けた動きや、
サラデーン駅側では爆破があったりしもしたけれど、
とくに占拠地域ではかわりばえしない日常が繰り返されていた。

結局占領状態は収束されず、知ってるヒトは知っているとおり、
日本のゴールデンウィークが終わって、
ぼくが日本に帰った翌週の、13日にタイ王国政府は、
軍隊を使って強制排除を行い、
多くの人的、物質的な被害も出すことになった。
ショッピングモールやらが燃えたりさ。
しかし、本当にそれが正しかったのか。

国内の治安を守るための警察ならともかく、
ほとんど徒手空拳に近い民衆に軍隊を差し向ける判断が、だ。
日本の政府ならまずはしなかっただろうし、ここは中国か、
天安門かよ、とタイ好きなら思ったろうさ。

赤シャツさんは、正当な選挙で多数派を占めたわけではない、
現政権に対して、解散と総選挙を求めただけで、
ある意味、当然の要求をしただけなんだよな。

デモクラシーはデモ暮らし
っていうのを実践しただけなのにさ。

タクシン首相(当時)の軍事クーデターによる放逐と、
国王による誤った追認によって現状があることを思うと、
民主主義の正当な手続きがいかに大切か、ということを、
思い知るいい機会だったと思うな。
ぼくらみたいな生まれながらに、
民主国家に暮らす者にはね。

いわゆる、ボタンの掛け違い、というのは、
その時点まで戻らないと、
本当の意味での修正ができないのではないか、ってさ。
でも、歴史を実際にさかのぼるのは無理なわけで、そうなると、
永遠に修復不可能な誤謬を犯してしまったのでわないか、
とさえ思えるね。

まったくどうしたもんなんだろうね。

次バンコクに行くのは、8月だけんど、どんな風になっているか。
しっかり見てこよう。


▼ルンピニ公園
U01

ラチャダムリ通り(ラマ4世通り側)
U02

中のヒト
U03

ラチャダムリ通り(ラマ4世通り方面を見て)
U04

中のヒトとカメラマン
U05

盾もつ、お巡りさん
U06

占拠地域の中のファラン
U07

赤シャツグッズ屋台
U08

赤シャツ娘。
U09

簡易トイレ
U10

テントと発電機
U11

民主主義を求めて寝てる人びと
U13

民主主義を求めて揉む人
U14

炊き出し
U16

デモクラシーはデモ暮らし??(黄金週間2010 of ぷんぷい・下の下)

伊勢丹の入ってるセントラルワールド前の仏首(その1)
U18

伊勢丹の入ってるセントラルワールド前の仏首(その2)
U19

赤シャツ舞台
U20

赤シャツ舞台とブランド品ビルのゲイソンプラザ
U21

赤シャツ派の犬
U22dog

辛子で書いたメッセージ
U23

AKA2
U24

赤シャツ地帯の坊さん
U25

赤シャツ派の寝てる犬
U27dog

いいひと、、、だそうだ
U28

夜の赤シャツ地帯
U29

夜の赤シャツ舞台
U30

(有)松本組の物だった、寒い場所から来た発電機   
U31

赤シャツ派坊主@セントラルワールド前
U32

 

 

 

そして、ネットで拾った写真。燃えるセントラルワールド。
610x

2010年7月19日 (月)

渡航の是非を検討した結果、タイ航空に乗る(黄金週間2010 of ぷんぷい・中)

危険な道ほど利益も大きい。
金儲けの秘訣 ・第62条)



準備は整った、筈であったけれど、
ゴールデンウィークが近づくにしたがって、
想定外の事態がより深刻さを増していった。
タクシン元首相派、いわゆる、赤シャツ隊、
のバンコク都内でのデモ活動だ。

日本人カメラマンが亡くなった以外でも、
何度も政府軍とデモ隊がぶつかって死傷者が多数出ている。
ゴールデンウィーク前には、旧国際空港のドンムゥアン近く
でのデモ隊と政府軍との衝突で、
日本の外務省は渡航に関する危険度を十分注意から、
是非の検討に上げ、旅行社や航空会社によっては、
無料でのキャンセルを受け付ける事態に発展してきたのんだ。

実際にバンコクにいる日本人の情報から向こうの様子を慮るに、
今のところ、取りやめするほどではない、
とぼくは判断していたのだが、飛行機の運行が中止されたり、
また、去年だか、おととしあったような、
バンコク国際空港の占拠のような事態が発生したりするのが、
不安要素になってきた。
もちろん、安全第一であるのは十分理解しているが、
イラクやアフガニスタンに行くわけではないし、
こんな状況のバンコクよりも、平常でもより危ないとこが、
上記以外にも世界のあちこちにはある。
今度、蹴球の世界大会のある、南アフリカなんかも、
旅慣れない蹴球好きはもちろん、かなりの旅の達人でも
気をつけるべきレベルではないのかな、
とぼく的には思ったりするのだが、外務省的には
渡航の是非を検討するレベルではない、
らしい。

タイなら、けっこうやばくなっても、
自力で何とかできる程度の能力と経験が自分にはある、
とりあえず、自分から行くことを中止する必要はまだない、
と判断し、当日関西空港へ向かったのだった。

空港へ向かう南海電車は最初はけっこう乗客が乗っていたのだが、
だんだん降りてゆき、途中の泉佐野から自分の車両は、
他に乗客がいなくなってしまった。
不安が募る。

しかし、タイ国際航空のカウンターは、開いたばかり、
ということもあったのだろう、けっこう混んでいる。
タイ人ばかりでもないようなので、少し安心する。
カウンターの係員に訊いてみると、
今日の乗客は130名ほどという。
ゴールデンウィーク中の乗客数としては、かなり少ない。
実際、飛行機に乗り込んでみると、3列シートに自分だけ、で、
バンコクまで寝転んでいけたのにはうれしかったものの、
バンコクどおよ、の気持ちがまた募ったのであった。

ほぼ定刻の現地時間の朝4時半に着いたが、
あんまり早くホテルについてもすることがないし、
スーツケースは持っていたものの、
帰りのお土産を入れるために持ってきたようなものなので軽いし、
なら、お金ももったいないなから、
ホテルの近くまでバスで行って、そっからタクシーに乗るか、
と考えた。

いったん、無料のシャトルバスでバスターミナルまで移動し、
そっから毎度おなじみ551番のバスに乗る。
アヌサワリー(戦勝記念塔)まで34バーツ(約100円)。
そっから、ランナム通りのホテルまでは歩いても
いけるくらいの距離だが、スーツケースがあるので、
タクシーに乗る。
これも40バーツほどで、最初からタクシーに乗ると、
たぶん300~400バーツは込み込みでかかったろうから、
儲けたな、とちょいとうれしい。

チェックインは14時だったよな、と思いながら、
荷物を預けようと、玄関の係員に渡すと、
部屋の番号は?と訊かれる。
だから、14時にチェックインなんだよ、と思いながら、
フロントに、部屋の番号はなんていえばいい?と訊くと、
今日は朝8時にチェックインできますよ
そのときに、部屋にスーツケース運ばせますので、
8時にここにまた来てね、といわれる。

いい話だぁ(ToT)、、、と感涙に咽びながら、
それまでの2時間は外をうろうろすることにする。
そろそろ明るくなってきたしさ。

歩いていて目に付くのは、兵隊さんがあちらこちらにいることだ。
どうもこの辺に、軍隊関係の省庁があるようで、
そのせいもあるようだ。

最初は遠慮がちに写真を撮っていたが、
どうってこともなさそうなので、
だんだんどうどうと写真を撮るようになる。
しまいにゃ、道行くヒトに頼んで、
兵隊さんと記念写真撮る始末だ。

そんなことをしてる間に、8時になった。
荷物を置いて、出かけるとするか。

 

 

▼坊主と兵隊(その1)
2001

くつろぐ兵隊
2002

坊主と兵隊(その2)
2003

警察の盾(土産に欲しかった。。。)
2004

鳩と兵隊
2005

タイのドナルドくんと兵隊
2006

あっし(代役:タイ焼き)と兵隊
2007

歩道の柵(その1)
2008

歩道の柵(その2)
2009

写すファランと写される兵隊
2010

2010年7月 9日 (金)

よーやく予約(黄金週間2010 of ぷんぷい・上)

チャンスはどこにでもある。
常に見つける努力をしなければならないが。
金儲けの秘訣 ・第157条)


 

予約はしていなかったが、まず大丈夫だろう、
という自信はあった。
2010年ゴールデンウィークのタイ行き航空券の
予約に関して、だ。
もちろん、どノーマルのチケットなら、
もとより当日でも購入可能だろう。
でもそんな財力はないし、あったとしても、
それはぼくの望むたびではない。
バジェットトラベラーであること。
その1点においては、ぼくは譲れないのんだ。

ただ今回の日程ではある程度の妥協はしかたあるまい。
そもそも5月の旅程を3月になってから準備するのんだ。
この時期、仕事の都合であんまり早くから予約ができない状況が
数年続いていた。
ようやっと2ヶ月ほど前になってから、どこで出れるか、
どこまでいれるか、というのが決まってくるのんだ。

まずは昨年うまうまと成功した、
中華航空(CI)の可能性を2月下旬から探り始める。
これが駄目な場合の押さえとして、
タイ国際航空(TG)も視野に入れる。
ただし、TGは値段が高い目なのはどうにもしかたない。
しかも、今年は4月から減便する、というではないか。
長年運行してきたマニラ経由便を見限って、
関空発バンコク行きは1日2便になるという。
数年前まで1日4便を飛ばしていた、というのに半減である。
他社だって、どーしょーなく減ってるし。

日本の、終わりの始まり、がこんなとこにも出ている
のかもしれない。
あるいは、日本ではなく、関西の、なのかもしれないが。

3月になって、状況がはっきりしたのんで、
まず旅行会社にCIの空席状況を確認した。
しかし、今の段階で空席はありません、とのつれない答え。
しかたないので、TG便を押さえる。
空席のないCIよりも2万円ほど高い、チケット代7万円、
コミコミで8万3千円だが、
1日半ほど長くタイに滞在できるし、
CI便では台北関空便の時間の都合で必須の、
帰国の際の台湾での寝るだけの1泊をしなくてよいし、
荷物の許容量がぼくの場合、CIだとぴったり20キロだが、
TG便だと、40キロになるのもメリットだ。
そういうわけで、自分を説得するのに成功する。

次はホテルだが、ふだん使用しているとこが
妙に強気の値段を出している。
5000円以下なら納得、6000円なら渋々、
それ以上だと別のホテルを考え始める。

ホテル選びの場合、ぼくにとって重要なことは
値段の絶対値もさることながら、コストパフォーマンスである。
いわゆる、泊まり得のする値段、を重視する、ということだ。
定宿は、今回70ドル以上の値段しかでてこないので、
とりあえず一旦却下して、
次の候補は、最近よくお世話になっている、
キングパワーに隣接したプルマンホテルだ。
ここはBTSの駅から必ずしも近くないものの、
毎日通うティダイサン、という飯屋が
ホテルの前にあるのんで、ぼくには好適なのだ。

ここの値段を調べてみると、
素泊まり・キャンセル不可で約9千円。
グレード的にはこんなもんだろうが、
飛びつくほどでもない状況だ。

そこで他のホテルを探っていると、
センタラグランドアットセントラルワールドホテルが
プルマンとほぼ同じ金額の98米ドルで出ているのを見つけた。
よそのサイトでは軒並み120米ドルを超える値段
でしか出ていないので、お得かもしれない。
しかも朝食付きだし、場所は、伊勢丹などが入ってる、
ショッピングコンプレックスのなかだから、なにかと便利だし、
しかも、キャンセルがけっこうぎりぎりまで利く。
とりあえず、押さえておく。

ところが、数日後なにげにプルマンのサイトを見ると、
キャンセル不可ながら、驚きの素泊まり1泊税サ込みで
5000円、というのが出ているではないか。
3日間のみの限定価格の初日にうまくこのサイトをみたようだ。

一瞬の躊躇もなく、予約を完了すると、返す刀で、
センタラの方の予約を取り消す。

得をしたあとはなんとなく気分がいいものだ。
翌日もう一度同じサイトを確認すると、6日間のうち、
うしろの3日間はぼくの予約した値段と同じ値段で
まだ出ていたが、前の3日間は、すでに値段が上がっていた。
予定数が終了したのだろう。
自分の決断力に拍手喝采の気分だ。

これで準備は整った。
出発までの2ヶ月弱、いやいやながら、我慢して働こうか。

 

▼プルマンバンコクキングパワーホテルの、

玄関付近
Pl01

ロビー
Pl02

フロント
Pl03_2

ベット
Pl04

ソファー
Pl05

テレビと机
Pl06

バスタブと独立的シャワーブース
Pl07

アメニティ類
Pl08

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »