« ぷんぷいさん、2度裏切られる | トップページ | よーやく予約(黄金週間2010 of ぷんぷい・上) »

2010年6月27日 (日)

ガンヂーミスノン

一念は在庫の山をも動かす。
金儲けの秘訣 ・第96条)


誰かがいった。

人生の修正はたやすくないが、文書の修正ならミスノンでできる

むかし仕事机では必ず、小さなインド人風の爺さんが
微笑んでいた。

その後修正液は、押し込みタイプ、テープタイプ、
といろんなバリエーションが出たけれど、
ぼくはずっと刷毛の入った本液と、
それが濃くなったときに注入する薄め液がセットになった、
ガンヂーミスノン愛用していた。
最近は引退前ののプロ野球選手のように、
出場機会こそ減ってはいたけれど。

もちろん確認したわけではないが、修正液の衰退の影には、
ワードプロセッサー的存在勃興があった
のは間違いないだろう。
稀に下書きを脳内で行える天才的な人もいたようだけれど、
そんなヒトは例外であって、文書の作成にあたっては、
まず下書きを行い、文案を練ったあと、おもむろに清書をする、
というのがワープロ以前のの凡人の文章作成作法であった。
それを根底から覆したのが、ワードプロセッサー、
という機械だったわけだ。

当初は、和文タイプに替わる清書道具だったそれは、
値段の低下に伴い、各人の卓上に置かれ、
打ちながら内容を考えるのが当たり前の作法になっていった。
やがてワードプロセッサー的機能は、
パソコンのなかに吸収されていったけれど、
もはや文書はフロッピーやハードディスクなどの記憶媒体
に保存され、いつでも取り出し、修正液なしで、
簡単に修正が行われる流れは修正されようもなかったようだ。
文書の修正は、修正液ではなく、
打ちかえてプリントされることで、
対応されることになったわけだ。

そんななかで、とある企業が危機的状況にさらされていった。

丸十化成株式会社、だ。

修正液とインキ消しを主力商品とするこの会社は、
時代の波に呑まれ、やがて市場から静かに退場して行った。
市場の要求にも非服従で新製品の開発を行なわず、
他社の市場に暴力的に参入することもしなかったのんは、
その特徴的なロゴで見るものを心を鷲掴みしていた、
ガンヂー印の精神を全うした、ということだろうか。

今ガンヂー印の商標の修正液は、株式会社カズキ高分子、
という会社が製品に上からシールを貼って販売しているようだ。

Gg1

Gg2



▼ちなみに、うえの、

人生の修正はたやすくないが、文書の修正ならミスノンでできる

の発言者たる、誰か、は、実はあっしである。
株式会社カズキ高分子さんで、
使ってくれんかな、使用料金はいらないしさ^^; 

▼ガンヂーは、マハトマ(偉大なる魂)と呼ばれ云々、
とむかし社会の教科書で習ったような気がする。
タイでも、大学はマハーウィッタヤーライという。
このタイ語のマハーは、たぶん大きい、という意味だと思う。
インドからはタイへは仏教用語を始め、
いろんなことばが来ているようなので、同根の可能性があるね。
面倒だから、調べないけど。

« ぷんぷいさん、2度裏切られる | トップページ | よーやく予約(黄金週間2010 of ぷんぷい・上) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさん、2度裏切られる | トップページ | よーやく予約(黄金週間2010 of ぷんぷい・上) »