« 評価 | トップページ | ぷんぷいさん、2度裏切られる »

2010年6月13日 (日)

お返し

復讐は無駄。
金儲けの秘訣 ・第83条)



いつも尿酸値を下げる薬をもらっている医院の医者は、
いわゆるムーミン体型だ。
そして、看護婦さんのうちのひとりは、
さらに3割ほど肉付きが良い。
ぼくは、この医者に、痩せろと命じられたり、
この看護婦さんに、また太りましたね、とかいわれつつ、
毎月ザイロリックという薬を処方してもらってる。

もちろん、医師としての職務上の発言
であることはわかっている。
しかしながら、自分とあんまりかわらない体型の人間に、
痩せろ、だの、運動しろ、だの、食生活を気をつけろ、だの、
言われることになんとなく不条理なもの、
を感じていたのも事実だった。

中共の政治家に人権について諭されたり、
半島の人間に感情的行動を注意されたりしたような、
そんな気分の悪さを感じていたのんだ。

こういう理不尽さに関して、ぼくは執念深い。
いつか、お返しをしてやるぞ、とその機会をうかがっていた。
もちろん、痩せなさい、というのに、おまえもなー、とか、
おまえがいうなー、と返すのは、簡単だ。
しかし、そういう品性に欠け洗練されていない種類
の発言は、ぼくの好むところではない。

先日、その機会が突然にやってきた。

いつもの看護婦さんに呼ばれ、診察室に入る。
診察、というと、たいそうだけれど、実際は、
どうですか、なにかおかわりありませんか、
ではまた薬出しておきましょう、というだけなのだが。

ところがその儀式の後、ぼくが診察室を出ようとすると、
突然ムーミン医師が咳き込み始めたのんだ。
10秒たっても、20秒たっても、咳は治まらない。

ぼー、と咳が止まるのを待ってるものなんだし、

お大事に、

といってぼくは出てきたのだった。

この機会に、お医者さんが患者に、お大事に、
といわれる理不尽さをお返ししてやったわけだ。
看護婦さんは爆笑していたが、ぼくが出て行った後、
ムーミン医師に、いつまで笑てるねん、
とかのじょが怒られてなきゃいいんだけど。


▼この手の理不尽さ、というのは、
ほんとに書いて字の如く、尽きないものだ。
総選挙を経ずに、総理大臣が変わっていく政権を
批判していた現与党が、今おんなじことをしてたり、
強行採決を批判していた現与党が、今おんなじことしてたり、
押されてる方向とは違う方向に倒れて、
車椅子で出勤した現与党の国会議員がいたり、、、
これは理不尽とはちょいと違うかな'`,、('∀`) '`,、

 
 

▼写真は、政治の理不尽と闘ってた頃の、タイの赤シャツの皆さん。
かれらの詳しい話は、またそのうちに。。。

A1

A5

A2

A4

A6

A3

« 評価 | トップページ | ぷんぷいさん、2度裏切られる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 評価 | トップページ | ぷんぷいさん、2度裏切られる »