« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月30日 (土)

金の苦労

金は決して作れない。それは得るか失うかだけだ。
金儲けの秘訣 ・第104条)



縁がなかった、といってしまえば、かっこよいが、
男性的魅力に乏しいがゆえに、独り者の人生を歩んできた。
おそらく残り少ない、と自分では予測する、
これからの人生も、独り者だろう、と思う。

ただ、オトコ独り、というのもさほど悪くない選択だったのか、
と最近思うことがたびたびある。
生き別れの妹の子ども、甥や姪にあたる人物にさえ、
もう数年あったことがないくらい、子どもが苦手なので、
自分の子どもが欲しいわけでもなかったし、
結婚すれば直面しなければならなかっただろう諸問題で、
頭を悩ますことを免除されてきたことも、
結果的にはよかったんかな、と思うのんだ。

なにより多くの場合、好きあい、両性の合意の下
なされたにもかかわらず、
赤の他人が共同の生活を送るべく作った、
社会の最小単位たる、夫婦者で、
幸せに過ごせてなさそう、な者たちの割合が、
なんとなく増加しているような、そんな気がするし、
なんでそうなのか、というのはおいといたとしても、
賭けに出て勝利者になるよりも、そもそも賭けに出なかった、
あるいは賭けに出れなかった、ということに感謝したいほど、
なんか今の日本の夫婦関係は、問題に満ちているように、
部外者たるぼくには、思えるのんだ。

たとえば、最近ネットで見たのだけれど、グルグル検索で夫、
のあとに、スペースを入れると、
他のヒトたちが、どんなことばを同時に検索したか
候補が挙がってくるのだけれど、夫 死んでほしい、だの、
夫 嫌い、だの、ろくなことばが上位に、
挙がってこないのんだ。合掌。(-人-)
それに引き替え、妻、で同様のことを行うと、
誕生日プレゼント、だのが上位に挙がってくる。
日本の既婚男性は、死んでほしい、と思われながら、
まったくおめでてーな、と深く感じ入った次第だ。

ところで、その夫婦間の問題の原因の最たるものは、
お金がらみのこと、かもしれない。
会社にリストラされてその結果、嫁にもリストラされた、
とか、1日のお小遣い(!)が昼食代込み500円、だとか、
お金があれば経験せずにすんだ不幸な出来事
最近よく耳にする。

ぼくは大学を出たとき、
正確に言うと、大学の卒業式の段階で、
4月以降のことが決まっていなかった。
できれば、どこかの高等学校で、非常勤講師をして、
教員としての実績を積みながら、夏の採用試験に向けて、
十分な準備を行いたい、と思っていたが、
口がなければ、試験勉強に全力を傾注するつもりだった。
試験に合格しなれば、でったい教員にはなれないのだし。

そんな年度末のある日、おあつらえ向きな非常勤講師の話が、
某私立の高等学校から来た。
時間数も適当だし、うまくいけば、
そこに専任としてもぐりこめるかもしれない。

ところが、息子の就職を心配していたぼくの母親は母親で、
親戚の近所に住む公立高校の教頭先生だかに、
親戚を通じて口があれば、と、お願いしていたらしい。
うまい具合に、その高校の社会の先生が、
別の学校の教頭かなにかで抜けることになり、
わざわざ頼んでいた関係上、
ぼくは、泣く泣く某私立の方を断って、公立の方に、
1年間の期限付き常勤講師、という形で勤務することになった。
以前にも書いたかもしれないが、期限付きとはいえ、
常勤で働くと時間に制約ができ、勉強時間がなかなか取れない。
そんなジレンマに疲れ、ぼくは教員になることを一旦あきらめ、
たまたま口があった別の仕事についてしまったのだった。

それ以来20年以上、ぼくは何回か仕事はかわったけれど、
無職になることもなく、父親も堅実にサラリーマン生活を全うし、
家族が大病をすることもなく、
金持ち、というわけではないけれど、
とりあえず貧乏ということもなく、地味に生きてこれた。
少なくとも、お金の方面で追い込まれた、ということは、
今のところ経験がない。

結婚できんかったのも、結婚生活の苦労と、
それに伴う金の苦労はぼくの器量では難しかろう、
という神さんの配慮だったのかもな、と今日も独り思う、
おっさんなんであることだよ。

Photo Photo_2




 

 

 

▼鳩山ブラザース、の母親による献金が最近大問題になったが、
もちすぎてる方の金の苦労にも、もちろん縁がないっす。
こっちの方は、ちょっとして経験してみたいもんだね^_^;

2010年1月20日 (水)

PC

全てのモノは所有者を求めている。
金儲けの秘訣 ・第100条)


PCを買った。
ウィンドウズXPのモバイルパソコンだ。

なんで買ったか、といえば、ひとえに安かったからだ。
旅行に連れて行くPCはすでにもっているのだけれど、
最近寄る年波のせいか、近眼の度が進んでいるせいか、
小さな画面ではつらくなってきた。
重さが同じくらいならば、もう少し画面が大きく、
処理スピードが速いのを買ってもよいかな、
と思っていたところへ、
ある通販で34800円の商品を見てしまったのんだ。
おまけに、その通販サイトに、
ポイントがそこそこ貯まっていたたので、
支払い金額はさらに半分くらいになる。
これは、買え、という天の声か、
とばかりついポチってしまった、という次第だ。

思えば、今までたくさんのPCを買ってきた。

ここ10年くらいに限っても、98が2台、Meが1台、
XPは、シャープ1台、日立1台、HP1台、東芝1台、
工人舎1台、そして、今回のASUS、と合計、6台、
VISTAが入った東芝の1台、を含めると、
たぶん、年に1台くらいのペースで買っていた、ようだ。
しかも壊れて使用できないようになったのは、
このなかの2台くらいなので、家のなかと実家には、
使用可能なPCが8台ほどあることになる。

自分的には、通常使用の1台と、サブ機が1台、旅行用に1台、
の3台あれば、事足りるのだけれど、
PCの値段がどんどん下がり、
反比例するかのように、性能が上がっていくのをみると、
つい我慢の限界を超え、不必要に多くのPCをもつ
ことになってしまっているわけだ。

買うごとに、不要なものを売ってしまうヒトも多い、
ようだけれど、ぼくはなんとなくそれもようしない。
売ったところで、2足3文だろうし、
自分の使用したものを知らないヒトが使うのも、
なんだか気持ち悪いような気がするし。

実に困った性癖だけれど、これはこれからも直りそうもない。
因果だと思って、諦めることにしている。

しかしながら、職場でも、旅行先でも、自宅でも、
いつでも、インターネットに繋がる環境であれば、
PCはつけっぱなしであるし、
そのために、恩恵も受けているように思う。

聞いた話によると、日曜の夜に、
楽天サイトがふだんよりも売上高が多くなるという。
なんでも、昼間、百貨店などで、商品を確認して、
夜に同じものをネットショッピングの一番安いところで、
注文するヒトが増えた結果、
そういうことがおこっているのではないか、とのことだ。

ぼくも最近モノを買うときは、PCで検索し、
値段を比較してからしか買わなくなった。

物品の購入にかかわらず、必要な情報を自宅で坐りながらにして、
得ることができる現在の状況を考えると、
PCのない生活は想像できない。
むかしであれば、お寺にいって、和尚さんに教えを請うたり、
最後は神頼みで、お百度を踏んだり、
賽銭をあげたりしていたところを、
PCで情報を得て、自己完結できるようになった、
ともいえるかもしてない。

そういえば、独り暮らし、ということもあって、新聞もとってない。
PCがあれば、とくに困らないし。
新聞の購読料、というのはいくらだか知らないが、
年間にすれば、今回のPCよりは高いのではないか。

神社仏閣に寄進する代わりや、新聞を購読する代わりに、
PCを買い続けている、と考えれば、年に1台PCを買うくらい、
たいした出費ともいえないのではないか、と思うのは、
ぼくのひとりよがり、ですか(^^?

▼壊れたPCは、他のPCに比べ、粗末に扱ったわけでも、
使用頻度が高かったわけでもなかったのに、
なんでかさっさと壊れた。
逆に、普段使ってるHPのノートは、
けっこう長いあいだほぼ毎日使用しているのに、
今のところ、壊れる様子がない。
PCもそうだけれど、人間もいつ誰が早死にするか、
わかんないよなー、だから、身体鍛えたりせんぞ、
と思ってるんですが、そういうもんでもない?

Eee

2010年1月10日 (日)

転向者ヨシフ

商売は戦争のようなもの。誰が勝つかが重要だ。
金儲けの秘訣 ・第282条)


むかし、新聞で政治ねたのジョークを連載していたことがあって、
そのなかで、記憶に残っているものがある。

戦後のドイツで、アドルフ・モンスター、というヒトが、
役所に改名の手続きに来た。
役所の改名係りが、
モンスターとはすごい名前ですね、無理もない、というと、
モンスター氏が、いいえ、変えたいのは、アドルフの方です、
と答えた、という噺も、そのなかのひとつだった。

そういえば、日本でも、むかし、ある田中さんが、
自分の子どもに、角栄、という名前をつけたが、
その後、ロッキード事件などがあって、
本人が学校でからかわれるので、改名させたい、
という親の希望が裁判所で認められた、
というニュースがあった、よに記憶している。

それから、ぼくの知り合いに、木田正男(仮名)
という名の日本人がいるのだが、
密かに、キダ・ジョンナムさん、と呼んでいる。
体型はともかく、顔は似ているわけではない、
んだけれど、
語呂がいいので、ついいってしまうのんだ。
さすがに、面と向かっては、よういわないが。

さて、選挙に出るたびに、どうにも巡り合わせが悪かったりして、
当選しないおとこに、有田芳生氏、というヒトがいる。
かれは、オームウォッチャー、として名を馳せ、
ワイドショーのコメンテーターとして、知名度は抜群だし、
そんなに悪いヒトでもなさそうだし、
当選してもでんでんおかしくない、と思うのだが、
日本新党では、落選続きで、
なんでか議席運(というようなものがあればだが)
に恵まれていない、ようなのだ。
最近聞いた話では、日本新党を離党し民主党に入る、らしい。

さて、その有田芳生氏、なのだが、ありた・よしふ、と読み、
本名のようだが、なんと、そのファーストネームのの由来は、
ヨシフ・スターリンから来ているらしい。
父親が共産党の活動家だった、にしろ、よりによって
スターリンの名前を自分の子どもにつけたりする神経は、
常人の遠く及ばない境地、にあるように思える。
あの当時の角栄氏の逆境を知ってるぼくでも、
まだ愛息に、角栄、と名づける方が、百万倍もまともに思える。
芳生氏本人ももともと共産党の活動家だったようで、
今は転向した、のだろうが、
まだ改名されていないところを見ると、
名前そのものはけっこう気に入ってるのだろう。

ぼくは無宗教で、祟りなぞはついぞ信じない、のだけれど、
かれが参議院でも、衆議院でも、惜しいところまでいきながら、
ついぞ議席に届かない、のは、スターリンによって粛清された、
といわれる、何万何十万、あるいは、何百万、という、
いったいどれくらいだかもわからない人々の怨念が、
名前だけで、有田氏の政治活動を邪魔してるんでわ、
とつい思ったりするのだが、
こんなことでは無宗教を名乗る者、としては、失格ですかい(^^


▼あと記憶に残る政治ジョークとしては、
同志イリッチ、というのがある。
ソ連(今のロシア)で、囚人3人がお互い、
自分がなんで収監されているか、話をしている。
A「俺は、19××年に、同志イリッチを批判したために、
  ここにいる。」
B「俺は、19△△年に、同志イリッチを賞賛したために、
  ここにいる。」
C「俺は、同志イリッチだ。」

▼こういうのもあったな。
第2次大戦後すぐのドイツでの話。
あるドイツ人が、自動車を運転中、
ゆっくり走っている1台を追い越した。
次の瞬間、追い越された自動車は、スピードを上げ、
追い越した車を追い越し返し、再度ゆっくり走り始めた。
こういう抜きつ抜かれつを2、3度繰り返した後、
当のドイツ人運転手は、強引に前の車を止めて、尋ねた。
「失礼ですが、あなたはユダヤ人ですか?」
「いいえ、違いますが。」
「出てこい、この豚野郎。」

▼最近、中国で流行っている冗談には、
日本に行くときは、気をつけろ、社会主義がうつるぞ、
というがあるらしい。

▼写真は、台中でみかけた友愛タクシー。
革命の名のもとに虐殺の限りを尽くした者の名を持つおとこも、
友愛しか取り柄のないおとこの党に、転向の巻、でした。

Photo

2010年1月 1日 (金)

パクチー好きの博打好き

ギャンブルにも貿易にも共通することが2つある:
リスクとラチナム(金、のような貴金属)だ。
金儲けの秘訣 ・第71条)




タイの女性の間で、むかしから言われている表現に、
宝くじに当たる(トゥーク・ロッタリイ)、というのがある。
結婚した結果、相手が配偶者として優れた資質を
持っていたこと、あるいは、いること

をその確率からそんな風に表現するのんだ。

でわ、かのじょら的な意味合いでの、
よき配偶者の定義は、というと、
賭け事をしないできちんと働き、きちんと家に金を入れ、
もし可能であれば、浮気をしたり、
よそに家族を作ったりしない、という、
ぼくなんかから見れば、ごく控えめな要求なのであるが、
それでさえもなかなか叶えられなかった時代が、
おそらくざっと1000年くらいは続いていたのだろう、
と推察する。

そんなよき配偶者としての資質に欠ける、
タイ人の男一般をぼく的に一言で表せば、
パクチー好きの博打好き、ということになる。
これが、中華系タイ人になると、爆竹好きの博打好き
となるのだが。

そんな状況でも、タイの女性は、長年、タイのおとこと結婚し、
子どもを作ることを躊躇しなかった。
かなりの確率で負ける勝負だとわかっていても、
あえて賭けに出る、なんとなれば
かのじょらのなかにも、パクチー好きの博打好き、
血が脈々と流れているからだろう。

ただそんなかのじょらも、最近、タイ人の男と結婚する、
という率の悪い賭け忌避しはじめたようにみえる。
とくに都会に住む、多くのタイ人女性の人生の目的は、
すでに結婚や子育て、とは限らないようだ。

逆に日本では最近、とくに未婚女性のあいだで、
コンカツ、が盛んに行われている、らしい。
テレビで見たのだが、集団見合い形式のパーティなど、
での参加者は、女性の方が集まりがいいのだという。

1980年代に始まった日本のバブル経済による価値観の変動と、
男女間の適齢期人口の数的不均衡に起因する、
男性の結婚受難の時代が本当に終わろうとしているかどうか、
というのは今のところ、にわかには判断できないものの、
少なくとも、結婚市場における、女性優位の状況に
じゃっかんの変化がでてきたのは間違いなさそうだ。

読売オンラインの発言小町では、この現象を、
女バブルの崩壊、と呼んでいるひとがいて、
多くの賛同を得ていた。

もちろんだから、といって、
どんな男でも結婚可能になったわけではない、
というのはわかっている。
2009年ネット上の流行語大賞は、たしか、

※ただしイケメンに限る

だったはずだし。

しかしながら、意識のなかで、
こんなおとこと結婚してもいいのだろうか、
と多くの女性が認識している状況と、
こんなおとこでも逃すと、もう結婚の機会はないかもしれない、
と多くの女性が認識している状況では、
追い風と向かい風ぐらいの差が出るようにも思える。

ぼく的には、もうこの歳まで独身でやってきたし、
わざわざ結婚したい女性群のうちの誰かと結婚したい、
とまでは思わないのだけど、日本社会の維持
ひいては、ぼくの豊かな老後のためには、
よい傾向である、と確信するしだいなのである。

▼最近、嫁に商売道具で追いかけられ、
すっかりアメリカ民衆の支持を失ってしまったおとこ、
タイガー・ウッズさん。
そう、かれにも、タイ人の血が、50%ほど流れている。
血は争えない、なんていっちゃーいけませんな(^^ゞ

▼タイガーさん、といえば、今年の干支、寅。
タイガー・ウッズさんは、実は、寅さん、なんすね。
そして、今日は2010年の元旦。

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もよろしうお願いいたします。。。(-人-)

P







写真は、あっしが育てたパクチー。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »