« ぷんぷいさんの夏休み2009(その8) | トップページ | ぷんぷいさんの夏休み2009(その10) »

2009年11月25日 (水)

ぷんぷいさんの夏休み2009(その9)

朝メールを確認すると、HMVから旅行前に頼んでた、
CDの配送連絡があったので、実家に連絡を入れてみる。
配送先に実家を指定しているので、問題ないのだけれど、
配送前に必ず連絡を入れるようにしているのは、
最近いろんな詐欺があって、予想外のトラブルに
年寄りが巻き込まれないように、との配慮からだ。
そういえば、以前誤配もあったしね。

バンコクに帰ってきて2日目、今日はどうしようと考え、
とりあえずBTSのウォンウェンヤイ駅の方にいってみる。
駅沿いにいろんな場所を歩いてきたが、
チャオプラヤ川右岸地域、いわゆるトンブリ地区には
あんまりいったことがなかったので、
この際、親睦を深めておこう、とつい足が向いてしまう。
しかも、サパンタクシン駅からは、
今の期間は乗車料が無料なんである。
バンコクにいるときは、毎日BTSに乗って、
けっこう支払いもしているが、
その割にはサービスをしてもらった記憶がない。
無料の期間、乗りまくったところで、バチもあたらんだろう。

W1 W2 W3







 
 
 
 

ウォンウェンヤイ駅から、ソイクルントンブリを抜けて、
ラートヤー通りのロビンソンデパートでひと休みする。
ここには、スエンセンアイスクリームもタイすきのMKも、
日本食レストランチェーンのOISHIさえある。

なんてこったい

以前利用したときはタクシーがなかなか行ってくれなくて、
苦労したうえに、トイレを探してまた冷や汗を
流したもんだけれど、えらいひらけようだなや。

プラチャテポック通りを北上すると、橋があって、
チャオプラヤ川を渡れるはずだ。
日照りのなか、しばらく歩くと、たしかに川に出た。
左にはワットアルンが見えるし、
たしかにプラポックプラオ橋に出たのんだ。
当たり前ではあるけれど、なぜでかちょいとうれしかったりする。

そのまま中華街をうろうろして、MBKか、
フランポーン駅にでようと歩いていると、途中で雷鳴が聞こえた。
そういえば、少し暗くなったかな。
急がねば、雨にあうな。
しかも、たぶん降ればどしゃぶり
最近日本でもおなじみのゲリラ豪雨、というやつだ。
熱帯性のスコールはなんといってもこっちが本場だし。

人間というのは焦ると、思わぬ行動をとるものだ。
雨に濡れたくないあまり、方向を見失って、
7月22日ロータリーをくるっと一回りしてしまった。
なんで一周したことに気づいたか、といえば、
しょざいなげに立っていた、
たぶん昼間っから自分を営業していると思われる、
ねーちゃんに二度であってしまったからだ。

仕方ないので、腕にはめたプロトレックの方位磁石で
正しいと思われる道を進む。
見事正解で、フアランポーン駅が見えた。
しかし、ポツリポツリと雨は降ってきている。
あと100メートルで地下鉄の入り口、というところで、
はっきりと雨粒を感じるようになってきた。
骨折以来久しく封印していたダッシュで地下鉄駅へ。
そういえば、昨日だったか、
100メートルの世界新記録が出たんだっけ。

ぷんぷいさんも走る、バンコクの街角、なんてね。

« ぷんぷいさんの夏休み2009(その8) | トップページ | ぷんぷいさんの夏休み2009(その10) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさんの夏休み2009(その8) | トップページ | ぷんぷいさんの夏休み2009(その10) »