« ぷんぷいさんの夏休み2009(その2) | トップページ | ぷんぷいさんの夏休み2009(その4) »

2009年11月 7日 (土)

ぷんぷいさんの夏休み2009(その3)

台北に着いた昨日は結局DVDをいくつか買った以外、
とくになにもしなかった。
地元のテレビは、台風のニュースばかりをしている。
空港につき、ホテルにチェックインするあたりまでは、
うまい具合に晴れていたが、
けっこう台湾には台風のダメージがあったようだ。
あとで日本のニュースをみたら、
これにうまく対処できなかった親中派の馬政権には、
大きな批判がでたらしい。
人命軽視の姿勢まで、真似る必要はないよな。

今日は101というのっぽビルに行ってみようと思う。
以前BOSEのM3は日本だけ、とバンコクのBOSE SHOPの
にいさんには言われたが、実際に行ってみなければわからない。
客が多く、窮屈に朝食を食べ、11時にチェックアウトし、
荷物を預け、外に出てみると、あいにくと雨が降っている。
ホテルはMRTの中山駅に濡れずにいけるとこだったので、
とりあえず今は不便がないものの、
101に行くには傘が必要になるのでわ、と思うと、
また今度にすっか、という気になる。
ぼくは、なるべく傘をささないで、旅したい、
という横柄なたびびと、なんである。

ところで、台北の街でも、くそ暑いのに、
女性がスカートの下に黒いパッチのようなものをはいている。
レギンス、とかいうらしい。
世界的な流行なのか、日本の流行をよその国民が真似ているのか、
知る由もないのだが、
ぼくのようなおっさんには、黒のパッチにしか見えないし、
力道山やら、ラッシャー木村やらをリスペクトしてるんかい、
とつっこみたくなったりような体型の女子さえ、
はいているではないか。
妙なものが流行るなー、なんていうのは、
ファッションのわからないおっさん感想なのだろうけれど、
裸の王様、って話もあったよな。

SOGOにいってみると、うまい具合に雨がやんでいる。
MRT市政府駅まで移動し、101へ歩いていると、
雨が降ってきた。
しかしながら、なんとか雨に濡れないでいけるように
なっているようだ。
101のBOSE SHOPにも残念ながら、M3はなかった。
あきらめて空港に向かうことにする。

しかしながら、雨はどんどん激しくなってくる。
どうしたら、雨にも濡れず、傘もささず、
バスで空港にいけるかを考える。
一番良さそうなのは、台北車站から国光バスに乗ることか、
と考えた。
ただ残念なことに一番近い地下道からの出口に
エスカレーターがない。

20キロ以上あるスーツケースを持って階段を上がるのは、
金も力も色男さえないぼくには無理だ、と諦め、
一つ横の出口のエスカレーターで地上に出る。
外はどしゃぶり。
いくらぼくでも、傘をささずに行くことは無理だ。
無念の気持ちを抑えつつ、数十メートル、
傘を使用したのだった。

4時過ぎに出発したバスは、1時間ほどかかって空港に着いた。
5時半しかあかないと思っていたタイ航空のカウンターも、
他便のチェックインのためにすでに開いていた。

まあまあ悪くない、と思いつつ、
バンコク行きの飛行機を待つおっさんなのだった。


 

▼台北のテレビでは。。。

Photo_3

« ぷんぷいさんの夏休み2009(その2) | トップページ | ぷんぷいさんの夏休み2009(その4) »

コメント

レギンス、年がいも無く私も履きますhappy01happy01
あれって生足よりも足が綺麗に見える気がするんですよね〜
パッチにしかみえませんか…sad

ですが、さすがにバンコクではレギンス履いている子はいないでしょう??

はぎ妻さん、まいど^^

>レギンス、年がいも無く私も履きます
>あれって生足よりも足が綺麗に見える気がするんですよね〜
>パッチにしかみえませんか…
以前にも書いた気がするのですが、最近日本のファッションは、
若者が流行を作って、年齢の高いヒトがそれを真似る、
っていうのが違うのでわ、と思うのですよ。
各年代毎に似合う服装がある、とあっしは思ってます。
無理に若者の真似をしても、若者には勝てないように、
思うんですが、いかがでしょうかねー^^
もちろん、はぎ妻さんは、何をきても似合う、
とは存じ上げてますが。。。(^^;

>ですが、さすがにバンコクでは
>レギンス履いている子はいないでしょう??
いやたしかいましたよ。
数は多くはなかったと思いますが、
日本人ではなくて、現地の方だったと思いやす。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさんの夏休み2009(その2) | トップページ | ぷんぷいさんの夏休み2009(その4) »