« 中春こまわり君 | トップページ | メナム川ふたたび »

2009年10月 4日 (日)

夜曲

この銀河中の金持ちの大多数は、
その富を相続ではなく盗むことで築いた。
金儲けの秘訣 ・第26条)



むかし、某国営放送が銀河テレビ小説、
という20分の帯ドラマの枠を持っていて、けっこう見ていた。
家族そろってほのぼのみられるドラマが多かったように思う。
そのなかのひとつに、フランキー堺率いる4人組の泥棒が、
三ツ矢歌子だったか美人未亡人の邸宅に下宿して、
借りた地下室で、楽器の演奏の練習をしてる、とみせかけ、
その実、隣の銀行の金庫から金員を強奪すべく、
テープを回して音を消し穴を掘っていた、
というなんともたわいないストーリーのものがあった。

そのとき、ずっとテープで流されていた曲が、
アイネクライネナハトムジークの第2楽章だった、
と記憶している。

ナハトムジーク、はドイツ語で、英語だとナイトミュージック、
日本語だと、夜曲、とでも訳すのか。
そうなると、あーいーね暗いね夜曲、
とかいうことになるのか、とか考えてしまうのが、
中島みゆきファンの悲しいサガだったりする。

あの曲自体はかのじょの曲のなかでは、
けっして暗い部類ではないのだけれどね。
ま、つまらん言葉遊びなんだが。

それはさておき、アイネクライネナハトムジークは、
親しみやすい旋律で、モーツァルトの作品のなかでも、
とくに有名なもののひとつだ。
第1楽章の出だしは、曲名は知らなくても、
誰でも一度は耳にしたことがあるだろうと思う。
映画アマデウス、でも、懺悔をするサリエリが、
自分は有名な作曲家だった、といって、
自分の曲の旋律を口ずさんだら、神父はわからず、
モーツァルトの説明をするために、この曲の出だしを紹介すると、
神父は非常に興奮し、この曲を作ったのがあなたでしたか!、
といって、サリエリをさらに傷つける、
というシーンが冒頭にあったと思う。

今でこそ、モーツァルトの作品のほぼすべてを聴くことは、
さほど難しいことではない。
ぼくのもっている170枚組の全集などは、
たったの2万円ほどで購入したものだし。

ほんの30年ほど前は、モーツァルトのような、
メジャーな作曲家の作品でも、クラシック音楽市場の狭さと、
ソフト、当時はレコードということになろうが、
の単価の高さから、一般にはごく限られた作品しか手に入らない、
というのが当然だった。
海外では多少は状況が違ったのかもしれないけれど、
当時、日本の市場はけっこう閉じていたしさ。

そして、そのごく限られた作品だけが、
ごく選ばれた演奏家によって、記録に残され、
販売されていたわけだ。
そんななかで、このアイネクライネナハトムジークは、
例外的にたくさんの選択肢のある、
つまり、モーツァルトの作品のなかでも、
特にメジャーな1曲、といっていいものだった。

世の中が、まだまだシンプルで、
ある意味、いい時代だった、のかもしれない。

ただ今は、モーツァルトであろうと、中島みゆきであろうと、
簡単に手に入るのはけっこうなことだよね。

じっくり聴く時間がないことを除けば、さ。

あなたは、今夜どっちの夜曲を聴きますか(^^?

  

街に流れる歌を聴いたら
気づいて 私の声に気づいて
夜にさざめく 灯りの中で
遙かにみつめつづける瞳に気づいて

あなたにあてて 私はいつも
歌っているのよ いつまでも
悲しい歌も 愛しい歌も
みんなあなたのことを歌っているのよ
街に流れる歌を聴いたら
どこかで少しだけ私を思い出して

月の光が 肩に冷たい夜には
祈りながら歌うのよ
深夜ラジオのかすかな歌が
あなたの肩を包みこんでくれるように

あなたは今も 私の夢を
見てくれることがあるかしら
悲しい歌も愛しい歌も
みんなあなたのことを歌っているのよ
月の光が 肩に冷たい夜には
せめてあなたのそばへ流れたい

街に流れる歌を聴いたら
気づいて 私の声に気づいて
心かくした灯りの中で
死ぬまで 贈りつづける歌を受けとめて

街に流れる歌を聴いたら
どこかで少しだけ私を思い出して
思い出して

(「夜曲」詞:中島みゆき)

なんてすばらしい詞なんだろう 
まだ聴いてないヒトは、一度是非お聴きあれ(^^♪
曲がついてると、感動のあまり、泣いちゃうよ。

▼写真は、タイで買った映画、
アマデウスのデレクターズカット盤のDVD。
リージョンコードは3で、日本仕様ではなかったが、
なんと日本語字幕が入ってた。
らっきー☆彡

A

« 中春こまわり君 | トップページ | メナム川ふたたび »

コメント

同志、ごぶさたしております♪
「臨月」のころは「悪女」がめいっぱい目立っていたから他の曲は忘れられがちでしたが、「夜曲」はええですわ~。
私も今宵、コレ聞いて泣きますです…

ちなみに「臨月」のジャケ写真は
うちのみゆきねーちゃんそっくりです…

同志、まいど^^

>「臨月」のころは「悪女」がめいっぱい目立っていたから
>他の曲は忘れられがちでしたが、「夜曲」はええですわ~。
実はあっしも記事あげたあと、自分で聴こうとしたら、
持ってないんでやんの、CDぢゃ。
この頃は、LPだったのですねー。
レコードプレーヤ繋ぐの邪魔くさかったんで、
あっしもついに買いなおしやした、CD^^;
>私も今宵、コレ聞いて泣きますです…
あっしも遅ればせながら、今夜聴いて泣きます・・・号泣 (iДi)

>ちなみに「臨月」のジャケ写真は
>うちのみゆきねーちゃんそっくりです…
ぜひとも、会いたい、万難を排して会いたい。
なんとか一席もうけてくだされm(__)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中春こまわり君 | トップページ | メナム川ふたたび »