« ぷんぷいさん、写される | トップページ | 中春こまわり君 »

2009年9月 6日 (日)

マナーかな

褒め言葉はタダだ。顧客にはいくらでも気前良く言ってやれ。
金儲けの秘訣 ・第39条)



最近なんかの記事で、おそらくは主な先進諸国のなかで、
ホテルの客として、もっともマナーのよい国民は?
との調査結果で、3年連続日本人がよい方の1位に選ばれた、
というのを興味深く読んだ。
世界27国のホテル側が決めたいくつかの項目で、
好成績を叩き出した結果の、どおどおたる1位だったらしい。

なんでこの記事がぼくにとって、興味深かったか、といえば、
以前ブロガーの友人が書いた記事について、
論争を持ちかけたことがあったからだ。

詳細は忘れたが、その友人曰く、
飛行機内での日本のおっさんのマナーが概してよくない
それにひきかえ、西洋人の男性はスマートで、
マナーにも優れている
、という内容だったよな気がする。

この意見に関して、ぼくは、日本のおっさんのひとりとして、
反論をした。
もちろん、マナーの悪い日本のおっさんはいるだろう。
しかしながら、一般的に日本のおっさんのマナーは、
そんなに悪くないと思う。
少なくてもぼくの経験のなかでは、わざわざ指摘されるほど
マナーの悪いヒトは他民族に比し、多いイメージはない。

往々にして、こういう論争は水掛け論に終わる
各人の狭い範囲の経験のなかで論証していくしか、
自論の正しさを証明のしようがないからだ。

だから、この記事をみたときに、ちょいとうれしかったのは、
少なくても、ホテル業界で働く者には、
ぼくの意見に賛同する者が多い
ようだ、
ということが数年ぶりに証明されたからだ。

もちろん、このホテルのマナーと飛行機のマナーでは内容が違う、
とか、日本人と日本人のおっさんは、必ずしも一致しないとか、
反論の余地はあるだろう。

しかしながら、日本人が海外のホテルに泊まるとなると、
ほぼ飛行機を利用しなくてはいけないし、
ホテルでよいマナーで評価されたヒトがわざわざ飛行機では
かなりの頻度で無礼な振舞いをしたりするものなのか、
そしてたぶん、その多くは高級ホテルであろう、
調査対象に宿泊するのは、若い年齢層よりは、
むしろある程度の年齢がいった客が多そうだし、
人口比でも、日本人の半分近くは男、なのである。

しかも、3年連続1位の評価ともなれば、
ホテルで高評価を受けている日本人のおっさんが飛行機のなかで、
西洋人に比して、マナーが悪い、ということはないのではないか、
と類推する方がむしろ、自然ではないか、と思えたわけだ。

ちなみに、悪い方の1位は、フランス人、だそうで、
あと、スペイン人、ギリシャ人も評価が悪く、
イメージ的にもっとマナーの悪そうな、
近隣の某諸国
などはたぶん対象になっていなかったのでわ、
と思われる。

ま、日本のおっさんのひとりして、
冤罪を晴らすことができたのを機に、
公共の場ではエレガントに振舞えるようさらに努力したい、
と考えた、褒められて伸びるタイプのおっさんなのである。

 

【こぼれ話】日本人旅行者がナンバー1
=最低はフランス人-世界のホテルに好感度を調査


【パリ9日AFP=時事】世界のホテル業者を対象とした調査で、
「きれい好きで礼儀正しく、物静かな」日本人が3年連続で
旅行者好感度ナンバーワンに輝いた。
最低は「けちで無礼で外国語を話さない」フランス人だった。
調査は「TNSインフラテスト」社が6月に、
世界27カ国の4万軒のホテルを対象に実施し、
礼儀正しさからチップに至る9つの基準に関して質問した。
その結果、日本人旅行者は「清潔で礼儀正しく、
物静かで不平を言わない」として1位の評価を維持した。
全体的な評価で2位に入ったのは英国で、
礼儀正しさやエレガントさでも2位を占めた。
反対に評価が低かったのはフランス人旅行者で、
外国語、チップの気前の良さなどの基準で最低の評価。
全般的な態度や礼儀正しさでもワースト2位の評価だった。
しかし、エレガントさでは3位に入るなど、
「改善」の傾向もみられた。
そのほかに評価が低かったのはスペイン、ギリシャの旅行者で、
ほぼすべての基準で最低ラインに近い評価だった。
7月10日11時38分配信  時事通信

 

 

▼マナーを知る犬は地べたでは寝ない@サムイ

Photo
 

« ぷんぷいさん、写される | トップページ | 中春こまわり君 »

コメント

師匠、まいど。
昨日は残念ながら行けなくなってしまいました~
師匠は行かれました?

この、マナーのいい1位日本人、マナーの悪い1位フランス人ということについて、私も以前ブログに書きました。
この結果に関しては私も納得しています。
(私も近隣諸国が入っていなかったことが少々不思議でした)
なぜホテル内で日本人がおとなしくマナーいいかといえば、圧倒的に語学力がないので、クレームをつけられないからだと推測しています。
ホテル側からすれば、何も言ってこない人ほどいい人はないものです。
それに、ホテルの部屋の中はプライベートな空間。
中でマナーが悪くても、誰にも気付かれませんからね。
西洋の人は自己主張が強いですから、色々要望が多いんじゃないかと。
お金払ってる分、快適になるように要望するのは正当なことだと思われてるでしょうし。

飛行機では、私は一部の不心得者のオジサンのせいでかなり不愉快な思いをしています。
後ろからキックされまくる・・・
まだ機内食食べてる途中なのに、自分が食べ終わったからと座席を断りもなく全倒しされる・・・
私の席に荷物をおいていて、「そこ、私の席です」というとものすごーくイヤそうに「え!どこって?ここか?」と言われる・・・(私のほうがイヤだっての)
私は後ろが男性だと、女性よりも体が大きいので狭いだろうな~と気を使って、座席は一切倒しません。
なのにどうしてキックされまくるんでしょうか・・・

こういうことがあったので、日本人のオジサンに対して「む!」と思っています。
もちろん、全員がこのようではありませんが。
多分、機内という閉塞感のある空間で他人と触れ合ってると、パーソナルスペースが確保できないからどうしてもいい感情が湧かないのじゃないかな。

ホテル内では日本人女性のほうがマナー悪いかもしれませんよ。
禁煙席とわかっていて喫煙する日本人女性を見たことありますからね。

マナオさん、まいど^^

>昨日は残念ながら行けなくなってしまいました~
>師匠は行かれました?
2時頃から7時頃までネオタイ出店前におりやした。
日中は日差しが強くて、めちゃめちゃ暑かったっす^^

さて本題ですが、マナオさんのコメントを読んで、
あっしにはわかりました。
これは、偶然ではないのです。
8月にあっしが成田台北線で、特典航空券にもかかわらず、
往復ともビジネスクラスにアップグレードされたのと同様、
偶然ではなかったのです。

犯人は、天邪鬼、という妖怪で、
かれは、日本ではそんなにたくさん生息しないはずの、
変なおっさんを次々と厳選し、
嫌がるマナオさんの前後左右に集めては、喜んでいるんです。

同様に、本当なら、マナオさんを独身にしたような、
素敵な女性と密着してエコノミーに座れるはずだったあっしには、
アップグレードで、おっさんばっかりのビジネスクラスに追いやって、
するめみたいな熟年のスッチーとしか、話をさせない魂胆なのです。
おまけに、すんごい厚切りステーキの機内食を出して、
糖尿病を恐れつつ喰ってしまうあっしをみて、
笑ってやろう、というおまけつきです。

恐るべし、天邪鬼。

次回マナオさんは、どんな日本人のおっさんと、
接近遭遇されるんでしょうか'`,、('∀`) '`,、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさん、写される | トップページ | 中春こまわり君 »