« what's マイケル? | トップページ | シンフォニエッタ »

2009年8月16日 (日)

余った命

死んだ顧客は、生きている奴ほど買い物しない。
金儲けの秘訣 ・第10条)




最近どっかで読んだのだけれど、
生涯独身男性の40歳時点での平均余命は、おおよそ30年、
であるらしい。
既婚男性はというと、40年くらい、らしいので、
このデータの意味するところは、
結婚していない男は早死にする、ということなのだろうと思う。
しかし、結婚しているからといって安心できない、
というのは、その統計によると、離婚した男性の平均余命は、
生涯独身男性よりまださらに短い、らしいのだ。

以前にも書いたと思うけれど、現時点においてぼくは、
自分の人生をおおよそ60年くらい、と予測して生きていた。
根拠ある予測ではなかったのだけれど、
必ずしも弱気すぎる予測ではなかったことが
なんとなく証明できたよな気がするのんだ。
生涯独身男性の平均より10年も短いのは、
充分弱気ではないか、という意見もあるだろうが、
ぼくの日常といえば、最近では休日はほぼ一歩も外出せず、
平日もデスクワークでほとんど肉体を使用していないし、
かなり不健康な日常を送っている自負がある。

にもかかわらず、食事に関しては、好きなものしか食べず、
肉体は太るに任せる、という生活を続けていた。
ゆえに、きっと平均より10年くらいは短くてもしかたない、
という結論に達したわけだ。
仮に、平均より5年短い、ということであったとしても、
60年が65年となるだけだし、そんなにかわるわけでもない。

そんなぼくだが、職場に決まりにしたがって、年に1度、
人間ドックを受診しているのは以前から幾度となく書いた。
これは業務なので仕方がない、
と割り切っていやいや受診している。

そこでついに、このままこの生活を続けると、
糖尿病になる、と診断されてしまった。
さすがにこれはちと、困ったな、と思う。

あっさり死ぬのはいいのだが、
糖尿病だと親族や他人様に迷惑をかける可能性が高くなる。
失明したり、足が不自由になったりするのは、避けたい、
と今回初めて、自分のなかで、警戒信号が点灯したのんだ。

しかたないから、じゃっかんの食事制限と微量の運動を
行う決意をする。
医者のいうところを信ずれば、痩せれば、身体に起こっている、
すべての悪い兆候は解決される、とのことだ。
脂肪肝をはじめ、内臓につきまくった脂肪も、
痩せれば、多少はましになるという。
でぶ、であることの容認が、諸悪の根源、ということらしい。

健康のために、なにかを行い、貴重な時間を費やすのは、
実に不本意で、もしそんなことをして、長生きしてしまっては、
さらに不本意なのだけれど、そんなぼくでもビビるほど、
それほどまでに、糖尿病は恐ろしい、ということなんである。

聞くところによると、糖尿病になると、
上記のような症状以外に、自分で、
毎日何度もインシュリンの注射を打たねばならぬらしいし。
注射嫌いの身としては、やはりここは努力のしどころか、
と思うのである。



▼人生50年のころは、たぶん今よりも社会のシステムが
シンプルだったろうな、と思う。
長生きするようになったために、
個人としても、社会としても、
多くの問題を抱えるようになったのであれば、
なんで長生きなんかするようになったのだろう。

写真は、以前もつかったワンコの写真。
自作のコピーととも、再掲。。。

 

95



 

 

何も持たず生き、何も持たず死ぬ犬生@バンコク
そして、犬のように生きる人生@バンコク

« what's マイケル? | トップページ | シンフォニエッタ »

コメント

こんにちわ。

でも、今から健康に留意していたら
かなり寿命は延びると思うし、
元気に暮らせる可能性は高くなると思います。
結婚していたって、生活はそれぞれだから
結婚生活でのストレスが高い人は
病気になったり早死にしたりするでしょうから、やはり精神的にも肉体的にも健康的に生きて行くのが一番!と思いますよ。

はぎ妻さん、まいど^^

>でも、今から健康に留意していたら
>かなり寿命は延びると思うし、
>元気に暮らせる可能性は高くなると思います。
これもぼくみたいな独身者が健康に留意して、長生きしちゃうと、
ボケたときどうしようと思うのね^^;
頭が壊れる前に、身体が壊れるのが、第1希望なんすけどねー。

>結婚していたって、生活はそれぞれだから
>結婚生活でのストレスが高い人は
>病気になったり早死にしたりするでしょうから、
統計的に見ると、結婚してる男は比較的長生きで、
女性は、つれあいが早くなくなった方が長生きらしい、ですよ^^;

>やはり精神的にも肉体的にも健康的に
>生きて行くのが一番!と思いますよ。
肉体的、というのもさることながら、
精神的な健康のコントロール、というのは、
年齢に関係なく、難しい時代のようですな。
たびをしなくなったら、猫でも飼いますかね(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« what's マイケル? | トップページ | シンフォニエッタ »