« 謝安琪の祝英台(黄金週間2009・その4) | トップページ | S・A・C・D »

2009年7月25日 (土)

転机旅館(黄金週間2009・その5)

ホテルに預けてあった荷物を13時半に受け取ると、
タクシーで空港へと向かう。
この前、空港へ行くときに使ったタクシーの運ちゃんとは違って、
がっちりした体型の、無口で実直そうなおっちゃんだった。
へらへら話しかけてこないのはいいのだけれど、
自分の運転に自信があるのか、なにか急ぐ理由があるのんか、
高速に入ってからずっとえらいスピードでぶっとばしている。
そっとメーターをみてみると、150キロに迫ろうか、
という勢いだ。
ふだんなら、もっとゆっくり走ってくれ、
とかいうところだけれど、こんなスピードを出されると、
話しかけるのも憚られる。
変に話しかけて、振り返られるのも恐ろしい状況だったので、
刺激しないように窓の上の持ち手をしっかり握って耐えていた。

空港に着くと、まだ14時になっていない。
30分かかっていないのに、また驚いた。

チェックインまで30分くらい待たないといけないんだろな、
と思ったら、3時間前の14時過ぎにはチェックインが始まった。
これはラッキーとばかりに、すぐに荷物を預けて、出国する。
中華航空は、スターアライアンスに加盟していないので、
ラウンジが使用できるわけではないが、早い目早い目に行動する
のが習い性になっているし、安心もできるしさ。

飛行機は無事バンコクを飛び立つと、
夜の桃園国際機場に着陸した。
入国審査場は、往路のときが嘘のような状況で、
ほとんどヒトがいない。
それでも、ふたりくらい並んでいる列の最後につくと、
列から列へと女性係官が巡回して、
入国書類になにか書き込んでいる。
なんだろうと思っていたら、ぼくの書類に、
転机旅館、と記入して去っていった。

Photo






トランジットホテルに泊まるための入国する、
ということだろうか。

入国が早いと、荷物がなかなか出てこない。
バンコクからの便は以前同様、麻薬犬が荷物やら、
着てる服やらをかいで回る。
あんまりりりしくかわいいワンコだったので、思わずなでたら、
係りのおばさんに、シェイシェイ、といわれながら、排除される。
たぶん、大事なワンコをばっちい手で触られたくなかった
のだろう。

荷物を受け取ると、予約してあった、
空港そばのホテルにタクシーで向かう。
台湾でタクシーに乗ったのは、記憶にある限り、
5回目かな、と思う。
他に安い交通機関が発達しているので、
あんまり今まで乗らずにすんでいたのだが、
今回のホテルは、タクシー以外方法がない。

5分ほどで、ホテルに着いた。
160元だかを払って、すぐにチェックインをすまし、部屋に。
もう10時だし、寝るだけなのだけれど、
値段のわりにはまあまあ、と、値段どおり、
の間くらいの感じかな。

翌朝、6時前に起きて、シャワーを浴びてから、朝食会場に行く。
無理して食べないでもいいような時間なのだが、
どんなご飯か、興味があったので、来てみたのんだ。
いわゆる、バンキングスタイル、というやつだが、
タイのホテルに泊まってからだと、
どうしても、豪華さには欠ける感じがする。
スクランブルエッグは、半生加減がとてもよかったけれどね。

空港までは、またタクシーで、今度はなぜか200元だった。
すぐにチェックインし、出国し、お土産を少し買ってみる。
いつもいつも、タイのものでは、芸がないしさ。

関空行きの飛行機は、いわゆる、ジャンボ機、
ボーイングの747型で、
ラッキーなことに、座席の広い2階席だった。
4区間で、諸経費、燃油代を抜くと、たった4万6千円、
1区間当たり1万1千500円しか支払ってないのに、
広い座席をあてがってもらって悪いね、と思いつつ、
たびの終わりのラッキーに、思わず顔のほころぶ、
おっさんだったことだよ。

▼桃園のワンコ(参考画像)

Photo_2 Photo_3

« 謝安琪の祝英台(黄金週間2009・その4) | トップページ | S・A・C・D »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 謝安琪の祝英台(黄金週間2009・その4) | トップページ | S・A・C・D »