« BNE WAS HERE(黄金週間2009・その3) | トップページ | 転机旅館(黄金週間2009・その5) »

2009年7月17日 (金)

謝安琪の祝英台(黄金週間2009・その4)

バンコクで、滞在していた5日間、食っちゃ寝、を実践してきた。
それ以外、とくになにもしなかったけれど、
ここ数ヶ月のリフレッシュにはなったし、とくに今回、
マンゴスチンをたくさん食べれたのがよかったな、と思う。

朝食を10時前後に食べて、夕食は17時過ぎに食べていたので、
寝る前に果物でも、と思って、
スーパーでマンゴスチンを買ってみたのだけれど、
これがなかなかにおいしかったのんだ。
今までも、食べないわけではなかったのだけれど、
ドリアンのように、毎回必ず意識して食べていた、
わけではなかったのんだ。
これからは、たぶん毎回食べることになるだろう。

Photo Photo_2







 

 

 

ところで、このマンゴスチンを購入した、
TOPSというスーパーなのだが、
もともとこのスーパーの創業者は、パッポン通りで、
たしかGOGOバーを経営して利益を上げ、
タイでも有名な、このスーパーマーケットチェーンを作り上げた、
立身伝中の人物だ。
しかも、ぼったくり系のGOGOバーが多いなか、
良心的な経営で、多店舗を展開を果たし、業績を伸ばした、
タイ人らしからぬ、目先の利くヒトだったように記憶している。
やっぱ、まっとうな商売をしないと、どんな分野であろうと、
どんな国であろうと長続きしない、ということだわね。

バンコクでの5日目の朝、今日はどう動くか、考える。

飛行機の時間は、現地時間の17時5分発。
微妙な時間だ。

ホテルのチェックアウトは、12時。
空港へは、最低でも2時間前には着いていたいから、
14時くらいには、市内を出ていないと、安心できない。
そうなると、そんなに自由に動ける時間もないけれど、
チェックアウトと同時に空港に行くと、けっこう長いあいだ、
荷物を抱えたまま、ぼーっと待つことになるしなー、
と当日の朝、食事をしながら、考えた。

朝食が終わってから、食堂の横にある、
ホテル内の美容院のねーちゃんに、バイバイ、をいう。
今までは、サイアムセンター内の美容院で髪を切ってたのだ
けれど、ふと気が向いて、今回ホテル内で切ってみたのだ。
値段は安かったし、とくに問題もないようだし、
あっという間に切り終わったのもよいし、なにより、
どういうわけだか、このねーちゃんには、
ぼくのタイ語が通じやすいのが気に入ったので、
また3ヶ月たったら、来るからよろしくね、
と挨拶をしといたのんだ。

意思の疎通、というのは、不思議なもので、
学歴や頭の良し悪し、知り合ってからの期間なんかよりも、
こんな風に、相性みたいなもので、
通じやすかったり、通じにくかったりするのんだ。
髪を切ってもらってる、10分ほどのあいだに、
すっかりむかしからの知り合いのように
話ができたりするようになる者もいれば、
長く話してもでんでん通じにくい者もいる。
たとえば、ネオタイのマナスさんなどは、
なぜだか通じにくい方のタイ人だったりするのんだ。

部屋に帰って、荷物を片付けながら、なんとなくMTVを
見ていたら、心持ちのいい音楽が聞こえてきた。
曲終わりにすばやくメモをする。

謝安琪
祝英台

中共のヒットチャートのようだから、中共の歌手だろうか。
妙に気に入ったので、残った時間は、
タイのCDショップでこれを探して帰るか、と決めて、
11時過ぎにチェックアウトし、荷物を預けて街に出かけた。

結局、バンコクで探し切れなかったのだけれど、
帰国後ネットで検索すると、香港人のようだ。
すぐにでてきたばかりか、
youtubeでもおんなじビデオクリップが見れたし。
そのうえ、HMVのサイトで
CDとDVDを購入することもできた。

なんて便利な世の中なんだろ。
最近の若者は、海外旅行になんか行きたがらない、
というのをどっかで聞いたように思うけれど、
自宅にいながらにして、なんでもできちゃうからなー、
とも思ったのだった。



▼サイアムパラゴンでみかけたタイ人の別嬪さん。
歯列矯正中なのは、ご愛嬌。
チャイナドレスがよく似合ってる。
切れ目が見えるようにもっと横向いて、、、

なんて、たとえ思ってもいえない。。。(^^ゞ

 

Photo_3 Photo_4

« BNE WAS HERE(黄金週間2009・その3) | トップページ | 転机旅館(黄金週間2009・その5) »

コメント

昨日はお疲れさま&ありがとうございましたぁ!

ドリアンは食べた事無いけど、
マンゴスチンなら食べた事ある記憶があります。
果物って意外と高いから、
ちょっとめずらしいものになるとケーキ1切れの方が安かったり?するぐらいだから、
外国で新鮮なフルーツをたんまり食べられるのは贅沢で良いですよね♪

はぎ妻さん、まいど^^

>昨日はお疲れさま&ありがとうございましたぁ!
こちらこそお世話になりました。

>ドリアンは食べた事無いけど、
>マンゴスチンなら食べた事ある記憶があります。
>果物って意外と高いから、
>ちょっとめずらしいものになるとケーキ1切れの方が
>安かったり?するぐらいだから、
>外国で新鮮なフルーツをたんまり食べられるのは
>贅沢で良いですよね♪
ドリアンは好き嫌いがはっきりしてます。
お試しアレ。
マンゴスチンはスーパーで買うと、タイでもけっこうしますよ。
写真ではわかりにくいけれど、定価250バーツ(約750円)ほど、
会員特価で170バーツ(約500円)ほどだから、
タイ人の1日の最低賃金くらいですからね。
ドリアンは安いですけどね(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BNE WAS HERE(黄金週間2009・その3) | トップページ | 転机旅館(黄金週間2009・その5) »