« チャイナでいっタイな(黄金週間2009・その1) | トップページ | BNE WAS HERE(黄金週間2009・その3) »

2009年6月28日 (日)

台湾に行きタイわん(黄金週間2009・その2)

最近は、成田に国際路線を集約しているANAのマイルで
海外に出かけることが多かったので、
関西空港から海外に出るのはなんとなく久しぶりだ。
一時は、ANAが台北便をもっていた中部国際空港まで
通っていた時期もあったけれど、
最近、自社便での運行をやめてしまったし。
関空からだと近くて楽なのだが、ANAが過去のように
多くの国際線を関空で復活させることはないだろなシクシク(T_T)

台北近郊の桃園機場に、中華航空機が着陸したのは、
15時過ぎだった。
しかしながら、入国審査場がえらく混んでいる。
豚インフルエンザが流行り始めたころだったので、
なるべく息をしないよう努力しようかな、と思うが、
それどころの状況ではない。

結局、50分近くかかっただろうか、16時少し前に
やっと入国できて、そっからバスで台北市内に向かった。
しかしながら、早く出ると思って、わざわざ選んだバスが、
桃園市内を巡回してから、高速道路に乗るバスで、
結局、17時過ぎになってから、やっと台北市内についた。

そろそろ渋滞が始まる時間帯なので、
念のため、高速を降りた直後の圓山駅からMRTに乗って、
台北車站に急ぐ。
今日は、台北は宿泊しないトランジットで、
22時半発のバンコク行き乗るのんで、
空港には21時には戻っていたい。
そうなると、20時くらいには、
空港行きのバスに乗っていた方が安全だろう。
着いたばかりだが、あと2時間半くらいしか
滞在時間がないのんだ。

とりあえず、DVDを物色する。
最近の台北での第1優先事項は、日本では値段の高い故に
買えないDVDを購入することにある。
今回もいつも行く、いくつかの店を巡り、
いくつかのDVDを購入した。

ちょうど日本のアマゾンで、Weeという、
任天堂のゲーム機にどことなく似た名前の
DVDプレーヤーを買ったところだったので、
なんの憂いもなくDVDを購入できる。
これは、送料込み4000円ほどの安い中国製DVDプレーヤー
なのだけれど、どんなリージョンのDVDでも、
どんな記録方式、NTSCはもちろん、PALでも、
他のものでも、再生可能な優れものなのだ。
以前台湾で買った、オールリージョンのプレーヤーが
受付けなかったDVDもOKだったので、
けっこう無敵な気がする。

そして、吉野家で紅茶組合を食べると、
もうそろそろ空港に戻る時間だ。
吉野家に近い、バス停から桃園機場行きに乗ると、84元。
小銭で払ったので、少し身体が軽くなった。

空港には、順調に21時前に着いたけれど、
第1ターミナルは妙に閑散としている。
入国審査のときの混雑が嘘のようだ。

第1ターミナルの出国審査のとき、ちょいとどきどきする。
日本の空港で発行されたボーディングカードをもっているので、
日本ですでにチェックインしたうえで、
台湾に入国しているのがきっと係官にはわかると思うのだが、
空港使用料とかは新たに発生しないのだろうか。
ふつうはトランジットだと免除になる場合が多いのだが、
うむをいわさず、空港使用税を取る国もあるし、
台湾はどっちか調べてなかったのんだ。

幸いにして、なにもいわれず、にこやかに出国が認められる。
この国の係官は、非常にフレンドリーで、いいヒトが多い。
どんな国のヒトに対してもそうなのか、日本人にのみそうなのか、
あるいはぼくにのみそうなのか、は知る由もないけれど。

バンコクに着くのは深夜になるが、台北経由の方が、
ぼくには好ましいな、と思ったのだった。
おまけに中華航空のスッチー、ほぼみんな綺麗だしさ。

 

▼新型流感疫情

Photo







 
 
 
 

▼短時間の滞在でも、BNEのチェックは怠らない^^;

Bne2009may1 Bne2009may2

« チャイナでいっタイな(黄金週間2009・その1) | トップページ | BNE WAS HERE(黄金週間2009・その3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チャイナでいっタイな(黄金週間2009・その1) | トップページ | BNE WAS HERE(黄金週間2009・その3) »