« 増幅 | トップページ | チャイナでいっタイな(黄金週間2009・その1) »

2009年6月 7日 (日)

げっつ

死人はどんな賄賂もとらない。
金儲けの秘訣 ・第85条)



お笑いブームといわれて久しいが、なにがおもしろいのか、
よくわからないひとたちも、妙な勢いに乗って、
テレビにいっとき出まくっては消えていく。
まるでかれら自身が、消耗品のようだけれども、
それでも、たくさんの素人同然の者達のなかから、
一瞬でも輝けるのは、ラッキーなのだろう。
輝いてる瞬間に、げっつ、できたものもあるのだろうし。

さて、たしか三重県の事件だった、と思うのだけれど、
みのもんたの朝の番組で、同居人を殺害した、
70いくつだかの女性のニュースを報道していた。

被害者の男性と加害者の女性は、籍は入っていなかった模様だが、
長く夫婦同然に暮らしていた、らしい。
ところがある日、動機は知らないが、その女性によって、
同居人の男性の方が、殺された。
殺してしまったあと、死体の始末に困ったその女性は、
まずはその死体をカーペットか何かに包み、
床下に埋めることを知り合いだかの60歳の漁師に依頼した。

しかしながら、田舎のことでもあり、
頼まれた漁師氏もよくふたりのことを知っている。
その際くだんの女性は、そのカーペットだかに包まれた、
人間ほどの大きさの物体について、漁師氏に、

これは仔象の死体だ、

と説明した、ということだ。

埋めた漁師もうすうすは、仔象なんかではなく、
かのじょの同居人ではないか、と思いながらも、床下に埋め、
しかもその後、その仔象と説明された物体が埋まった上で、
ふたりで、ご飯まで喰ってた、らしい。

この話の肝は、

どうやって、三重県の老女が、仔象の死体をげっつしたのか?

という、どう考えても自然に出てきそうな問いが、
漁師氏から発せられなかった、ということだ。

そこに、すでに共犯関係が存在しているわけなんだろう。
なんせそこは、日本の普通の民家であって、
インドやタイやアフリカの自然公園ではないのだから。

ぼくなら、

へ、仔象!、仔象の死体だって!

大爆笑してしまうような状況で、
ふたりは黙々と老女の同居人の死体を埋めたんだろう。

そういえば、むかし、じゃりんこチエ、で、やくざが消えて、
テツがその消えたヤクザを殺したんではないか、
と疑ったチエの同級生のマサルが、連れのたかしにいっていた、

えーか、殺人事件で一番大切なことは死体の処理なんや、
死体がなかったら、殺人事件にもならへんのやぞ、
そやから、おれ、チエに完全にびびってるんや、

というホルモンギャグを思い出したりした。

なにはともあれ、笑いどころ、というのはひとそれぞれ、
なんだよな
、と、この仔象の死体事件で、
思ったおっさんなのであったことだよ。



▼最近のお笑いブームを牽引している行事に、
M1グランプリなんかがある、と思うのだけれど、
これなんかは数値化できないものに無理に順位をつける試み、
ではないかと思う。
しかしながら、同様のことは、実はけっこうあって、
フィギアスケートの演技点や、柔道の効果、有効、技あり、
なんてえのも素人にはわかりにくい
ボクシングの採点もそうかもしれないな。
以前某兄弟への採点も恣意的だ、という批判にさらされたよな。
勝敗をつけるために、デジタル化できないものを
無理にデジタル化する
のんは、ちょいといかがなものか
と思ったりもするのだが、
他方、無理にでも、時間内で決着させないと、
最終的には、なんでも体力勝負になってしまうし、
難しいところではありますな。

▼無理なデジタル化、といえば、地上派デジタル放送への転換も、
けっこう無理無理な感じになっている。
うちも、テレビは対応しているけれど、
ビデオデッキ、ハードディスクレコーダー、8ミリデッキなど、
数台の機器が再生専用になってしまう、とほほな状況だ。
政府主導の最近のエコポイントも、実をいえば、
無理なデジタル化を後押しするための、
エゴポイントなんぢゃないか、と疑っているのはあっしだけ(^^?

▼写真は、タイの田舎で見かけた仔象。
仔象でも、実はけっこうでかいよん。

Photo

« 増幅 | トップページ | チャイナでいっタイな(黄金週間2009・その1) »

コメント

仔象の死体。

おばちゃん、動物園からゾウの子供盗んできたんだわ(笑)

コゾウ→小僧
の死体だとしたら…?

生きているとき
「ねー、こぞうさん♪」
って言ってたとか!?(爆)
まんざらおばちゃん嘘言ってなかったのかも?

はぎ妻さん、まいど^^

>仔象の死体。
>おばちゃん、動物園からゾウの子供盗んできたんだわ(笑)
>コゾウ→小僧の死体だとしたら…?
>生きているとき「ねー、こぞうさん♪」って言ってたとか!?(爆)
>まんざらおばちゃん嘘言ってなかったのかも?
さまざまな考察に水を差すようですが、
女性も70歳を超えたら、おばちゃん、でわなく、
ばーちゃん、の領域に入っているのでわ^^;
ちなみに75歳超えたら、医療制度的には後期高齢者ですから。。。

それから、コゾウ関連ですが、タイには、
小僧寿司をぱくったと思われる、小象寿司というのがありやして、
以前紹介した吉野家、ならぬ、
牛野家のそばでやんすナカーマ( ・∀・)人(・∀・ )

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 増幅 | トップページ | チャイナでいっタイな(黄金週間2009・その1) »