« げっつ | トップページ | 台湾に行きタイわん(黄金週間2009・その2) »

2009年6月21日 (日)

チャイナでいっタイな(黄金週間2009・その1)

うますぎる話でも、儲かる時は儲かる。
金儲けの秘訣 ・第117条)




このたびのゴールデンウィークに、
いつものようにたびにでかけよう、
と決めたのは3月に入ってからだった。
ここ数年、5月はなかなか休暇の予定が立てづらくなっており、
また祝日に必ずしも休めるとも限らないという、
ぼくのような怠け者にはつらい状況になっている。

世の中には、働きたくても仕事がないヒトがいるのだから、
贅沢をいうべきではない、とおっしゃるむきもあるようだけれど、
世の中には、働きたくなくても、
仕事なんぞをしなくてはいけない不幸
、もあるんである。
どっちがつらいか、はまさにヒトによる、のではないだろうか。

それはさておき、どうやらゴールデンウィークの休暇日程も
確定し、そっから航空券を探し始めた。
残高も少ないし、空き状況をみても、クレジットカードの
マイルで航空券を調達する方法は、今回は難しそうだ。

安い航空券をネットで探してみると、思ったよりも出物が多い。
むかしは、ゴールデンウィークがからむと、
とんでもない値段になったものだけど、
燃料サーチャージの高騰以来、
海外に行くヒトが減っているせいか、
不況で海外に行こうという意欲を持つヒトが減っているせいか、
それとも、長期休暇の機会がふえているせいなのか、
値段も思ったよりは安い。

なかでも某大手代理店ででていた中華航空便は、台湾経由ながら、
ぼくの許容できる日程で、コミコミで5万8千円だ。
むかしだったら、長期休暇期間以外の航空券とかわらない
ような値段である。
燃油代、航空税などを除くと、チケット代は4万と6千円だ。
中華航空は過去にいろいろあったので、
あんまり望ましく思っていないヒトもいるのかもしれないが、
ぼくはでんでん気にしないし、
台湾経由はむしろうれしいくらいだし。
帰りに、寝るだけしか無理な滞在時間で、
台湾に1泊しなければならないのがネックではあるが、
ホテルも7千円ほどで空港そばにあるしさ。
なんなら、台北市内まで出て、
24時間営業の店を渡り歩いてもかまわない。

ただ座席の確保が可能かどうかは、わからない、ということだ。
むしろ、この値段だし、きっと無理なんだろうな、思いつつ、
サブクラスごとに空席がわかるサイトで、
空席状況を確認してみると、けっこう座席が空いている。
だめもとで、ネットで申し込んでみると、
簡単に座席の確保が出来てしまった。
しかも4月になってから、燃料サーチャージが減額されたとかで、
3000円だが、返金まであった。

ホテルの予約も済んで、あとは出発するばかり、
というゴールデンウィーク直前に、
新型インフルエンザが発生した、というニュースが流れた。

脇の下に、いやな汗がでる。
以前も鳥インフルやら、SARSやらで、
ぼくのたびが危機的な状況を迎えたことがあったけれど、
どうも最近、こんな風に妙な流行り病で、
気分よくでかけられないことが多い。
職場で、旅行禁止令がでても、ぼくは自己判断で行くかどうかを
決めるので、関係ないとはいえ、
無理やり行くと、なんか悪いことをしてるような気がするのんで、
いやなのだ。

もちろん、ぼくだって、病気にかかりたいわけではないけれど、
大雑把で過剰で意味のない用心にヒトを
巻き込もうとするのは、無責任な態度だと思うのだ。
発生地域に行くな、というのであれば、
日本で新型インフルエンザが発生したら、
仕事を放り出して、国外に脱出してもいいのか、
ということにもなるだろう。
ましてや、発生地域でもないとこに行くな、
というのは、意味不明に近い。

幸い、WHOの最初の発表はフェーズ4で、
台湾もタイも、患者はでていない。
先に患者が出るのは、おそらく日本だろう、と思った。
感染者の多い北米大陸の国々との直行便の便数が
でんでん日本の方が多いし、気候的な要因もあるしさ。
インフルエンザウィルスは暑くてじめじめしたとこよりも、
寒くて乾燥した状況で猛威をふるいやすいらしいし。

とりあえずなんとか警戒レベルが上がる前に、
日本を脱出したいものだと考えた。

 

Photo
▼チャイナエアの
ひらっべたいねーさんたち

« げっつ | トップページ | 台湾に行きタイわん(黄金週間2009・その2) »

コメント

師匠、こんにちわ〜

鳥インフルエンザ、ほんと騒ぎ過ぎでしたよね!?
神戸はえらい風評被害を受けて頭にきましたよbearing

ゴールデンウィークなら、なんとか海外に脱出できたはずですが…?
台湾はたしか…wobbly

はぎ妻さん、まいど^^

>鳥インフルエンザ、ほんと騒ぎ過ぎでしたよね!?
>神戸はえらい風評被害を受けて頭にきましたよ
未知のウィルスで、しかも、結果として弱毒性だったからっすね。
あっしも他の地方への出張を断られた関西人を知ってます^^;
しかしながら、もし致死率40%とかの
真性の強毒性殺人ウィルスだったなら、
きっとなんでもっときちんとした対策、
たとえば、地域封鎖などの措置をとらなかったのか、
マスコミを中心に一大キャンペーンがなされ、
逆に政府は叩かれていたでしょう。
あっしは、最近なるべく結果論でヒトを攻撃しないように、
努力をしているので、これに関しては、
仕方なかったかな、と思うようにしています(^^ゞ
オリンピックの星野監督も、昨年の岡田阪神監督も、
今年の真弓監督も、攻めません。
えー、攻めませんとも (iДi) 号泣

>ゴールデンウィークなら、なんとか海外に脱出できたはずですが…?
>台湾はたしか…
次号を待たれー(^^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« げっつ | トップページ | 台湾に行きタイわん(黄金週間2009・その2) »