« コーヒー | トップページ | 増幅 »

2009年5月13日 (水)

たこ社長島耕作

正直なビジネスマンほど危険なものはない。
金儲けの秘訣 ・第81条)



最近実家の書棚に、課長島耕作がけっこう並んでいる、
のを発見した。
最初の数巻欠落がって、全巻ではなかったのだけれど、
むかし自分で買ったものだから、読んだことのあるものだし、
欠落があっても理解に困るほど難解な内容でもないので、
気にせず一気に読んでしまった。
そして、課長、を読み終えたあと、続けて、部長、取締役、
常務、専務、ヤング、と購入して、今続けて読んでいる。

問題解決のキーパーソンが偶然、主人公の知合いだったり、
あるいは知合いになったり、主人公がやたら女性にモテまくって、
しかも献身的に尽くされたり、主人公が正直で正義を愛し、
仕事もできて、脂ぎってもなく、おやじギャグもいわず

いやみなヒトも許し、そんな者たちがやがてかれの味方
になったり、するあたりの、リアリティのなさは、
フィクションだし、漫画だし、百歩譲って許容するとしても、
不思議なのは、主人公、および、その周りにいる、
かれの年代、あるいは、それ以上の年代の登場人物の、
禿人口の少なさ、である。
課長時代の取締役会、の絵をみても、社長をはじめ、
みな年齢の割には、しっかりと頭髪があり、
薄毛のひとが非常に少ないのんだ。

しかしながら、この件に関しては、この作品に
リアリティがないのではなく、こういうことも考えられる。
このハツシバ、という会社には、禿頭者は出世させない
という就業規則があるのんだ。
あるいは、もっと厳しく、毛髪がなくなったら、馘首
もしくは、子会社に出向する、という掟があるのやもしれない。

こんな厳しい掟で動いているのは、日本では他に、
財団法人日本相撲協会くらいしかあるまい。

しかも日本相撲協会は、髷が結えなくなって、
現役引退に追い込まれても、親方として、
引き続き協会に残ることは可能なのである。

恐るべし、ハツシバ電気産業。。。

もちろん、これがハツシバの雇用ルールではない可能性も
ないではない。
別の理由、すなわち、作者の側の問題である、可能性もある。
作者が、なんらかの理由で、禿頭者を描くことができない、
という可能性だ。
それが、技術的理由なのか、心理的理由なのか、
あるいは、宗教的理由なのか、それは知る由もないけれど。

たとえば、技術的理由であれば、話は簡単だ。
アシスタントに、禿頭者を描けるスタッフを雇えばよい。
このシリーズの売れ方を考えれば、
禿頭者のみを描くスタッフだって、雇えるだろう。

それでは、心理的理由からだろうか。
しかしながら、写真で見る限り、外見的にはかれは、
禿頭を恐れる理由はなさそうだ。
また、禿の肖像を描くことを禁忌する宗教を、
ぼくは今のところ知らないし、
ひょっとすると、マーケティング的な理由なのかもしれない。

読者に多くいるだろう、中高年のサラリーマンのなかには、
かれの作品を購買する資産は持っていても、
毛根をもっていないヒトだっている
だろう。
そういう読者に、いやな思いをさせないために、あえて、
禿頭者を描かないようにしている、のかもしれない。
あるいはもっと単純に、絵柄の美しさ、を追求するあまり、
そうような人物をなるべく登場させないのかもしれない。
嫁のサイモンフミが描かせなかったのんか?
とりあえず、真相はわからない。

ただ、彼が昇進するにしたがって、
周りの禿頭人口は少しずつ増えているようには感じられる。
さりげなく絵画的リアリズムへの回帰が、
実行されていたのかもしれない。

ところで、ついに社長になった島耕作は、外見的には、
課長時代とあまり変わらないように思える。
もっといえば、ヤング島耕作時代のかれとも、
さほど変わったように見えないし。

スダレ頭や波平頭の島耕作、を作者に描いて欲しかった、
毛髪にはこだわる、ぷんぷいさんなんである。


▼実写版では、高橋克典氏やら、宅麻伸氏やら、
田原俊彦氏(!)やらが、課長島耕作を演じているようだが、
社長島耕作は、あっし的には是非とも、
太宰久雄さんに演じてもらいたかった。
もう鬼籍に入られてるのんで、今から実現は不可能だろうけどさ。
ただかれが社長だと、ハツシバが町工場になっちゃうな(^^ゞ

 

▼ヤング島耕作と社長島耕作。。。
Photo Photo_2

« コーヒー | トップページ | 増幅 »

コメント

マスクをして読んだら、終わりの方では、窒息しそうになった。つくづく危険なブログだと思った。

阿智胡地亭辛好さん、まいど^^
ご無沙汰しております。

>マスクをして読んだら、終わりの方では、窒息しそうになった。
>つくづく危険なブログだと思った。
これは、失礼をばいたしました(^^ゞ
呼吸器官にダメージを与えてしまいましたか^^?
次回は、阿智胡地亭さんの多臓器に損傷を与えられるような、
強毒性の記事が書けるように、さらなる変異を目指したい、、、


なんて不謹慎なことを書いちゃいけないんですよね、失礼しますた^^;

同志、ご無沙汰しとります。
アタクシはやはり「島耕作」よりも「張りネズミ」や「人間交差点」が好きザマスね。
こちらの作品はいずれも禿頭あり・メタボあり・おばはんありでずっと親近感持てますわ♪
しかも時代劇もタイムスリップもホラーもあるのよ~!

ちなみに島耕作の協力者である私立探偵「小暮」はもともと張りネズミのメインキャラですのよ~♪

同志、まいど^^

>同志、ご無沙汰しとります。
先月熱帯食堂でお会いしてるので、
久しぶり、って感じでわないっすけどね^^

>アタクシはやはり「島耕作」よりも
>「張りネズミ」や「人間交差点」が好きザマスね。
>こちらの作品はいずれも禿頭あり・メタボあり・
>おばはんありでずっと親近感持てますわ♪
>しかも時代劇もタイムスリップもホラーもあるのよ~!
>ちなみに島耕作の協力者である私立探偵「小暮」は
>もともと張りネズミのメインキャラですのよ~♪
ぐれちゃんは、ちゃんと老けてるんですけど、
島社長、変わんないっすよね。
謎だ~^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コーヒー | トップページ | 増幅 »