« 成田に泊まる | トップページ | ラドン »

2009年4月12日 (日)

夜叉

女と金は一緒にするな。
金儲けの秘訣 ・第149条)



タイ語は、アルファベットを使って表記をせず、
独自の髭文字を使用する言語だ。
それゆえ、外国人には困るときがある。
最近は、バンコクなど都会だと、地名などはアルファベット標記
も併記されている場合もあるけれど、外国人があまりいない地域、
たとえば、地方のバスステーションなどでは、
なんて書いてあるの
とタイ人に訊かねばならぬ場合がけっこうあったりする。

ぼくは、タイ語検定5級合格者だしえへん(^^♪
でんでんまったく読めない、ということはないのだけれど、
それでもどちらかというと、読む、というよりは、解読する、
という感じに近い。
漢字のような表意文字ではなく、表音文字なので、
まだその点は救われるのだけれど、
同じ、K、を表す子音が複数あったりして、
覚えなければならない文字数が多く、また、
それぞれがなんとなく似て見えるのが実に難儀だったりする。
アルファベットでないことは、外国人にとって、
タイ語学習をするうえでのひとつの障害であることは
間違いないようだ。
けっこうタイ語が話せる外国人でも
字の読み書きができない、文盲状態のヒトは多い

その覚えなければならない、文字の1つに、
ヨーヤック、というのがある。
ヨー、は子音のY、にオーという母音をつけたもので、
母音をつけないと発音できないから、
タイ語では、オーをつける約束になっている。
ヤックは、鬼、の意味で、日本語だと、イロハのい、とか、
ミカンのみ、とかいうのと同じで、ヨー、は鬼のヨー
というのが決まり文句になっている。
タイ語の教材でも、必ずこの字は、おどろおどろしい、
化け物の挿絵と一緒に勉強するのが約束だし、
それは、タイの小学校でも同じなのだ。

Photo







ところで、最近のヒトはあんまり知らないだろうが、
むかし、金色夜叉(こんじきやしゃ)、という小説があった。
尾崎紅葉の通俗小説で、ダイヤモンドに目がくらみ、
の文句で有名な話で、主人公の貫一が、
ヒロインのお宮を蹴り倒すのは、今だったら、
DV呼ばわりされかねないが、この当時は、
純真な青年の行為として、賞賛されていたようだ。

この、夜叉は、鬼、の意味なんである。
そして、うえで紹介した、タイ語のヤックの綴りを
ローマ字で表すと、YAKS、になる。
そう、夜叉、と、タイ語のヨーヤックは、
同じところからきていることば、なのだ。

もともとは、インドの仏教から来た言葉で、タイを経由して、
インドシナ半島、中国、そして、日本に来て、
ここで文化の伝播がヨーヤック終わった、、、
なんておやじギャクを読まされた読者が、
鬼のような表情になっていないことを祈るのみ、なんである。

▼写真はヨーヤックの文字入りコーヒーカップ。

Photo_2

« 成田に泊まる | トップページ | ラドン »

コメント

師匠、まいどです。

私の本名をタイ文字で書くときにヨーヤック使うんですが、「鬼」ってのがあんまりいい気がしません。
ヨーインのほうを使ってほしいけど、タイ人的感覚だと、ヨーヤックになる・・・と言われました。
どんな感覚やねん。
確かにヨーヤックのほうが使用頻度高いですけど。

あと、「し」も気になってます。
私の感覚ではソースワもしくはソーサーラーなんですが、タイ人的感覚だとチョーチャーンだそうです。
わからん・・・

マナオさん、まいど^^

>私の本名をタイ文字で書くときにヨーヤック使うんですが、
>「鬼」ってのがあんまりいい気がしません。
>ヨーインのほうを使ってほしいけど、タイ人的感覚だと、
>ヨーヤックになる・・・と言われました。
すんません、あっしタイ人じゃありませんが、
ヨーインは思いつかなかったっすね^^;
というのは、ヨーインはYよりはJのイメージっすよね。
だから、矢井田瞳、やいこは、ヨーインを使用すると、
へたをすると、ジャイコ、ジャイアンの妹になってまいます(^^ゞ
マナオさんも、自分で当てはめてみてください。
みなまでいいませんが、ヨーインよりは、
ヨーヤックの方がよいのでわ。。。

>確かにヨーヤックのほうが使用頻度高いですけど。
>あと、「し」も気になってます。
>私の感覚ではソースワもしくはソーサーラーなんですが、
>タイ人的感覚だとチョーチャーンだそうです。
昨日、サラリーマンneoシーズン4が始まりましたが、
セクシー部長とセクスィー部長の違いみたいなものかと(^^

>どんな感覚やねん。
>わからん・・・
タイ人にしかわからん感覚があるのでしょう^^
オリジナルシリーズにもぐりこんだウォーフ少佐が、
クリンゴン人の様子の違いをきちんと答えなかったように、
世の中の事象には説明できにくいことがあるんですよ、きっと(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 成田に泊まる | トップページ | ラドン »