« 裁判員籤 | トップページ | 台北に向かう »

2009年3月15日 (日)

チャトチャ

自分の店は分かりやすい場所にしろ。
金儲けの秘訣 ・第150条)


50年に満たない人生で、細切れではあるが、通算するとたぶん、
1年か2年はタイにいた、計算になると思う。
そしてその時間の多くは、バンコクで過ごしていた。
だからといって、何でも知ってる、というわけでもないが、また、
だからといって、初めてバンコクを訪れたときの境地
にも戻れない。
ゆえに、初めてバンコクを訪問した観光客が、
いったいどんなところに行きたいか、どんなものをみたいのか、
ということが、意外とわからなかったりする。

脳内で検索してみるに、都内域では、王宮、ワットポー、MBK、
ワットプラケオ、ワットアルン、カオサン通り、中華街、免税店、
パッポンの夜店、ルンピニナイトバザール、といったところが、
バンコク初体験で訪問すべき場所、だろうか。

このうち、ぼくが今でも行くことがあるのんは、
中華街、MBK、免税店、くらいだ。
その他の場所は、よほどのことでもない限り、
自ら接近しようとは思わない。
初めての観光客のように、執拗に声をかけられたりする、
のがうっとうしいし、そもそも行く用もないんである。

もうひとつ、観光名所に、チャトーチャック公園の
ウィークエンドマーケット、という場所がある。
ここにも、最近はご無沙汰だった。

理由は、いくつかある。
たくさん商店はあるが、どこになにがあるかわかりにくいし、
とくに値段が安い、というわけでもないし、
スリやら、巾着切りやらが出没して、けっこう物騒だし、
火事にでもなれば、どこに逃げればいいかようわからんし、
なによりこれが重要なのだが、普通にしてても、暑い、のんだ。
ここの店のほとんどは、クーラーなぞ備えていないうえに、
ヒトがやたら多い。
ぼくのような暑がりのでぶが、長居できる環境にはない
のである。

ぼくが初めてウィークエンドマーケットに行ったのは、
もう10数年も前のことだ。
まだスカイトレインも地下鉄の駅もないころ、
初めての訪タイで、友人といっしょだった。

このときぼくはある店で、黄色のエアマックス95を見かけた。
世間で、エアマックス狩り、なんて言葉が流行っていたころだ。

サイズもちょうどぼくのサイズだったけれど、
結局、値段を訊いてぼくは買わなかった。
騒動は知っていたけれど、本物かどうかわからなかったし、
ちょうど定価くらいの値段だったので、たびの途中、
すっかりタイの物価に馴染んでいたこともあり、
高く感じたうえに、友人の手前もあって、
つい買いそびれてしまったのだ。

日本に帰ってから、それが10万円以上の値段で、
取引されているのを知って、ぼくは悔しく思った。
それを売って儲けよう、という気はさらさらなかったのだけれど、
世間で言う、レアなもの、とか、限定もの、を所有することに
無上の喜びをもつタイプの人間であるぼくが、
激レアなものを目の前にしながら、スルーしてしまったのんだ。
その悔しさから、その後しばらくしてぼくは、
レア物スニーカーの蒐集の道に踏み込んでいくことになる。

それはさておき、今回、久しぶりにウィークエンドマーケット
に行った。
パクチーの種を買うためだ。

パクチー、とは、コリアンダー、のことで、
タイ料理によく使用する香菜のことだ。
ドリアンと同じく、好き嫌いの激しい食材だが、
これが嫌いなタイ料理好きは、真のタイ料理好きではない、
とぼくは思っている。
プリック(唐辛子)とパクチーは、タイ料理をタイ料理、
たらしめる両輪
である、と信じて微塵も疑っていない。
これさえいれとけば、焼き飯でも、ラーメンでも、
タイ風になってしまうんでわ、というわけだ。

別に禁制品でもないのに、日本ではあんまり売ってない
ものなので、ならば、普段お世話になっているネオタイさんに
差し上げるために、たまに買って帰ったりしてたのであるけれど、
いつも買っていたスーパーでここのところ見ないのんで、
わざわざチャトチャまで買いに来たのんだ。

汗をかきかき、適当に歩いているうちに、
園芸関係の商品を扱ってる一画に辿りつき、
無事パクチーの種を手に入れることができた。
今はまだ正月だから、日本ですぐに栽培、
というのは難しかろうが、今回はぬくくなってきたら、
みずからベランダでパクチー栽培してみようかな、
と思ってる。

自宅でもここだけ、気分はタイの飛び地
ってわけなんである。




▼料理を頼むとネオタイさんでは、パクチーをサービスで
たくさんいれてくれたりすっけど、別のタイ料理屋では、
パクチー1皿300円で、メニューに載っけている。
紀伊国屋文左衛門よろしく、大規模に栽培して、
タイ料理屋に売り歩くかな(^^

Photo 1袋、10バーツ。
20袋で、500円ちょいだった。


« 裁判員籤 | トップページ | 台北に向かう »

コメント

ええ!?
パクチーのタネ!?
確かに日本で買うとパクチーは異様に高いから
栽培した方がいいでしょうね〜
師匠も栽培されるのですか?
ちゃんと「パクチー栽培日記」をつけて
写真も撮ってみせてくださいね♪

はぎ妻さん、まいど^^

>ええ!?
>パクチーのタネ!?
>確かに日本で買うとパクチーは異様に高いから
>栽培した方がいいでしょうね〜
>師匠も栽培されるのですか?
>ちゃんと「パクチー栽培日記」をつけて
>写真も撮ってみせてくださいね♪
まだ早い感じっすねー^^;
梅雨が明けて、本格的に暑くなってからかな、
と思ってるですが。。。
実はむかし実家で栽培してもらったことがあったんすけど、
季節がよくなかったのか、土が違うのか、
でんでん匂いのない、ふつうの葉っぱに育っちゃって^^;
今度は土を持って帰りますかねー。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 裁判員籤 | トップページ | 台北に向かう »