« 音楽の味付け | トップページ | またティダイサンで »

2009年1月25日 (日)

コンカツ

上役の妻とは絶対寝るな。
あらかじめ金を払っている場合を除いて。
金儲けの秘訣 ・第112条)


最近、巷ではコンカツ、なることばがはやっている、らしい。
ぼくは未婚だが、今までの人生でそれに当たるような運動
積極的に行ったことはないし、今後も行う予定はない。

もちろん、適齢期、なんて時代はとうに通り過ぎて、
女性たちからみれば、すでに対象外なのかもしれないけれど、
世の中には親切な方がいて、
ぼくが独身でいることを心配してくれたり、
あるいは、適齢期の女性から頼まれて、
苦し紛れにぼくなんぞのことを思い出してくだすったりする。

以前、親の介護の可能性を例に挙げて、
納税や年金保険料の納入が義務であるように、
社会的義務、というか、人としての責任、という観点から、
将来的に独りでいるという状態が自身にとって、
不都合になる可能性が高いにもかかわらず、
独りで生きていく、ということが許されるのか、
というようなテーマで文章を書いたことはあるのだけれど、
その実、結婚をすることが目的であるところの結婚はしたくない、
と考えてきたし、その考え自体は、今もって変わっていない。

つまり、結婚は結果ではあるが、目的ではない、
という学派
に組しているわけだ。
そして、結婚したいので、誰か希望者はいませんか、
というようなオファーには、選ばれる可能性は
もちろんでんでん少ないのであろうけれど、
必ず慎んでご辞退を申し上げる、というスタイルを貫いてきたし、
今もまだそのスタイルを堅持してしている。

その結果として、一生独り者で暮らさざるを得ない、
としても、それは仕方がない。
ただ過去にあげた理由で、一社会人、というか、
今の日本に生まれ、社会の構成員として存在している者としては、
問題があるかも、という疑念は、今も持っているのんだ。

親の介護の義務のために結婚する、
というのが不純な動機であるのであれば、
生活の安定などの経済的理由のため、や、子孫繁栄のため、
あるいは、性的欲求の充足のために、結婚しようとする、
ということもまた、不純ではないのか。

さすれば、純粋な婚姻とはいったいいかなる場合なのか、
どこまでは許されて、どこまでが許されないのか、
あるいは、そもそも他人の結婚に動機に関して、
異議を唱えるような行為が許されるのか、
という風に今でもぼくは思っているのであるけれど、
少なくとも、未婚でしかも、未熟な輩である、ぼくには、
まだもって、結論は出ていない。

好きあって結婚し、その結果生ずる問題は、
最愛なもの同士共有し、問題解決を図り、人生を楽しみ、
子孫も繁栄していく、ということが、
理想的な状態であることはもちろん、百も承知なのであるけれど、
そんな理想的な人生を誰もがおくれるわけでもあるまい
と毒のひとつも吐きたくなるわけだ。

コンカツ?

それよりも、カツコントーを呑みなさい、
と枝雀師匠の口真似をしても、また今日も独り、
のおっさんなんである。

 

▼職場結婚が減っているらしい、というのは、
実経験的にそうではないか、とは思っていたのだけれど、
実際調べてみると、本当にそうらしい。
その理由として、見栄、というか、
あんなんしか相手がいなかったのか、
と女性が同僚に言われるのを嫌がってか、
と思っていたのだけれど、最近、テレビで聞いたところによると、
そういうことばかりではなく、
職場で、そういう話題をすることじたい、
セクハラ呼ばわりされる可能性があるから、だという。
たしかに、あっしも、常にセクハラ加害者呼ばわりされぬよう、
注意全開で、雇われ人生活をおくってるもんなあ^^;
その結果、コンカツしなきゃいけない適齢期の男女が増えてる、
というのも、ご時勢なんだろねー。。。

ときに今日の写真だが、気のきいた方は予想しただろう。
そう、トンカツだ。。。(-_-;)

Photo

« 音楽の味付け | トップページ | またティダイサンで »

コメント

最近、婚活したら?と勧められました。
まぁ、本当に遊んでくれる男性がいなくなれば・・・。

周りの結婚ラッシュは落ち着き、
2人目の出産ラッシュが早くもやってきて・・・。

私も師匠と同じ道を生きる可能性大です(ノд・。)

りょうちゃん、まいど^^

>最近、婚活したら?と勧められました。
>まぁ、本当に遊んでくれる男性がいなくなれば・・・。
りょうちゃんは、いい相手がいない、という問題でなく、
結婚生活を飽きずに維持できるかどうか、
という面に問題を抱えているようにあっしには、思われるが^^;

>周りの結婚ラッシュは落ち着き、
>2人目の出産ラッシュが早くもやってきて・・・。
我は我、彼は彼なり、秋の暮れ、
とねじまき鳥クロニカルで、本田元伍長もいっておることやし、、、

>私も師匠と同じ道を生きる可能性大です(ノд・。)
自分の信ずる道を力強く歩むのが、正しいのでわ、
と、あっしは思うのでやすが、いかがかな(^^?

こんにちわ!
いやいや、結婚してたってね、
相手と離婚したり死別したりする可能性というのは極めて高い訳で、
やっぱり人間はひとりでも行きて行けることを念頭においておかなければいけませんよね〜。

結婚…、たしかに師匠のおっしゃるように
純粋な結婚というのは非常にむずかしいかもしれません。
まじめに結婚のことを考えたら
結局お互いの条件をすりあわせられる相手じゃないと結婚できませんから。

はぎ妻さん、まいど^^

>いやいや、結婚してたってね、相手と離婚したり
>死別したりする可能性というのは極めて高い訳で、
その点はぎ夫妻は安心ですな。
今でも仲良しだし、はぎちゃんは、
あと100年くらいは死にそうにないし(^^

>やっぱり人間はひとりでも行きて行けることを念頭に
>おいておかなければいけませんよね〜。
死ぬときは誰でも独り、ですが、
独り生きる者がこんなに増えたのは、
日本の歴史始まって以来、でしょうからね~^^;
これから、いろいろ見本ができてくんでしょうね。

>結婚…、たしかに師匠のおっしゃるように
>純粋な結婚というのは非常にむずかしいかもしれません。
>まじめに結婚のことを考えたら
>結局お互いの条件をすりあわせられる
>相手じゃないと結婚できませんから。
相手の条件は、女性に限る、できれば、人類、っていったら、
我が儘だ、とか、身の程知らず、とか、最近はいわれそうですが、
あっしは、どこまでOKですかいな(^^ゞ
http://chichin-punpui.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-2a7c.htmlの写真の子なら、珍子ついててもいいかな、
と思ったりする、今日このごろ。。(-人-)ジブンヨリハオオキクアリマセンヨウニ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽の味付け | トップページ | またティダイサンで »