« モーツァルトの交響曲 | トップページ | 百人坊主 »

2008年12月26日 (金)

キャバ嬢になりたい!?

女には耳(フェレンギ人の性感帯)を触らせても、
ラチナムには触れさせるな。
金儲けの秘訣 ・第84条)



最近、若い女性、女子大生だか、女子高生だかの、
将来なりたい職業調査の上位に、
キャバクラ嬢が入った、というニュースを聞いた。
残念ながら、人生修行中のぼくは、それがどんな仕事で、
どういう組織なのか、よく知らないのであるけれど、
推察するに、酒類を供するのを主たる業務とし、またそれによって、
利益をあげる仕事であり、むかしでいうところの水商売
ではないか、と思っている。

それが正しいという前提で話を進めるのであるが、
ぼくが若いころ、水商売をしているひとで、
自ら欲してその仕事をしているひとは少なかったように思う。
なんらかの事情、思うに多くは金銭的な事情で、
仕方なしにその業務に従事しているひとが多く、決して、
若い女性が憧れる職業の上位にランクされることはなかった。
おそらく諸外国では、今も同様の国が多いだろう。

職業に貴賤はない、は理屈だし、立派な意見ではあるものの、
だからといって、キャバクラで働くことが人生の目的、
というのも、いかがなものか、と思うぼくは、
差別主義者、なんであろうか。

むかし、電話帳配布のアルバイトをしたことがある。
台車で、山のような電話帳を運んでいるさなか、
派手なおねーちゃん、から遠慮がちに話しかけられたことを
思い出した。

うちは、むこうまちのスナックなのだけれど、
近所ではすでにあったらしい、電話帳の配布が、
うちの店にはなかった。
水商売関係は電話帳はいただくことは無理
なんでしょうか、と。

ぼくの配達区域外のことなんで、
理由はわかりませんが、そんなことはないですよ。
よければ、何冊でも持っていってください、とぼくは答えた。
派手なねーちゃんと無料で会話できたのをうれしく思った
記憶がある。
台車もぢゃっかん軽くなるしさ。

もちろん、ここまで卑屈になる必要はもちろんないのだろうし、
今のひとにはこの感じはわからないだろうけれど、
ぼくは、若い婦女子がキャバ嬢に憧れる社会よりかは、
なんぼか、むかしの方が好きだな、と思ったりする。

そのうち、小学生が作文の時間に、
うちのお母さんは若いころ、デスコでぶいぶいいわしてた
そうです。
わたしも、将来そんな風になりたいと思います、
なんて書くようになるのかもしれない。
いや、もうすでになってるのかもな。
そんなのんは、ぼくはやっぱりやだな(^_^;)


▼バンコクの日本人御用達の飲み屋街、
タニヤのねーちゃん。

Photo

« モーツァルトの交響曲 | トップページ | 百人坊主 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モーツァルトの交響曲 | トップページ | 百人坊主 »