« フリーズ | トップページ | 千両みかん »

2008年10月12日 (日)

アドバンテージ

死にかけているフェレンギ人からの忠告は信頼するな。
聞くのはかまわないが。
金儲けの秘訣 ・第73条)




傾斜10度の坂道を
腰の曲がった老婆が 少しずつのぼってゆく
紫色の風呂敷包みは
また少しまた少し 重くなったようだ
彼女の自慢だった足は
うすい草履の上で 横すべり横すべり
のぼれども のぼれども
どこへも着きはしない そんな気がしてくるようだ

冬から春へと坂を降り 夏から夜へと坂を降り
愛から冬へと人づたい
のぼりの傾斜は けわしくなるばかり

としをとるのはステキなことです そうじゃないですか
忘れっぽいのはステキなことです そうじゃないですか
悲しい記憶の数ばかり
飽和の量より増えたなら
忘れるよりほかないじゃありませんか・・・
(詞:中島みゆき「傾斜」より)

 

まだ腰は曲がっていないものの、
ぼくも自分の年齢を意識するようになってもう久しい。
歳をとることは、肉体的な自由を失っていくことだ、
という現実を日々実感しているのだけれど、
歳をとったことで、よかったなー、
と思えることもたまにはあったりする。

たとえば、まわりに少なからずいる、素敵な女性に、
無分別に心奪われなくなってきた
こともそのひとつだ。

若いころ、ぼくは惚れっぽい男であった。
鉛筆を拾ってもらったといえば恋し、
おはよう、といわれれば、もう夢中、
なんてテイタラクだったわけだ。

しかしながら、じゃっかんの自己弁護が許されるのであれば、
これはぼくだけの傾向ではなく、
若い、という状況からくる、特色のひとつなんだろう、と思う。

そして、長く苦しかった(T_T)人生のなかで、
対女性への免疫力も次第についてきたのだろう、
またあるいは、女性への無邪気な憧れ、も減じてきたのだろう、
最近はめっきり女性に心奪われる、ということはなくなった。

ひととひとが、いっしょにいれば、摩擦が起こる。
これは、物理学の法則と同様なのだ、と思う。

むかしはそれよりは、みずからの相手を求めよう、
という推進力の方が摩擦力を上回っていたのんで、
きっと、次から次へとあらわれる素敵な女性たちに、
マクラーレン時代のホンダF1エンジンのようなパワーで、
惚れまくっていたわけだ。

今は、エンジンパワーよりは、制動力の方が上回っている。
素敵な女性を見かけても、
惚れない理性があっと的に勝っているし、
なにか自分に合わない理由を探す癖が身についてきた。

ラグビーなんかで、反則のたびに試合を止めずに、
様子を見る、あれ、
いわゆる、アドバンテージをみる
ことができるようになったわけだ。

そしてその結果、大概そのまま流してしまう
女性たちとの接点を敢えて追求しないのんだ。

歳をとるって素敵、ですか(^o^)



▼自動車レースの歴史に常に大きな足跡を残してきたホンダが、
F1に復活してからこっち、不振続きだ。
エンジンサプライヤーとして、マクラーレンホンダ時代の栄光を
知るものとしては、淋しい限りだが、
これが、レースの厳しさ、ともいえる。
どんな栄光も技術的なアドバンテージも、
進歩が早すぎて、遺産として持ち越せないのんだ。
そういえば、自民党をぶっつぶす、とか、
構造改革とか、いって、日本国のシステムに
深刻なダメージを与えた小泉純一郎元首相だが、
息子に選挙区を譲るようだ。
元首相の息子は、親の七光りという、
大きなアドバンテージを持って、政界に進出するわけだ。
これは、ぶっつぶさくなくても、改革しなくても、
いいんですかねー、小泉さん

と会う機会があれば、訊きたいものだ。

Mp45b






写真は、ゲルハルト・ベルガーの駆る、
ホンダマルボマロクラーレン、MP4/5B
の模型(汚)

« フリーズ | トップページ | 千両みかん »

コメント

おぉぉ~、みゆきの「傾斜」!!!
お懐かしいわぁ~。

若い頃は惚れっぽい、これ当然ですわな。
けれど年をとるにつれ人は「楽」な方法をとるものなんでしょうね。
ただ悲しいのは、「楽=楽しい」にならないことが多々あるということなのでしょう。

同志、今楽しいですか?

同志、まいど^^

>おぉぉ~、みゆきの「傾斜」!!!
>お懐かしいわぁ~。
これはなんのLPに入ってましたかねー。
最近聴かないですが^^;

>若い頃は惚れっぽい、これ当然ですわな。
>けれど年をとるにつれ人は「楽」な方法をとるものなんでしょうね。
>ただ悲しいのは、「楽=楽しい」にならないことが
>多々あるということなのでしょう。
>同志、今楽しいですか?
今幸せだ、とか、今楽しい、という風に
手放しでいえるひとが先進国になるほど少ない、
というのは以前にも書いたような気がしますが、
あっしのばやいも決して恵まれていない、とは思わないですが、
日々楽しんでおるか、と問われると、
完璧に楽しい、と言えはしません。
しかしながら、楽しいかどうか、とか、幸せかどうか、
という風に自問しながら、今年は生きてない状況なので、
なんとなく反語的ですが、悪くはないんでしょうね^^;
少なくても、あーはなりたくない、あっしより辛そうだ、
という人たちが、周りにたくさんいるように思える、
というのは陰険な意見なんでしょうか(^^?

>これはなんのLPに入ってましたかねー。

「寒水魚」でしてよ♪
「悪女」の次に入っています。

同志、またまいど^^

>>これはなんのLPに入ってましたかねー。
>「寒水魚」でしてよ♪
>「悪女」の次に入っています。
寒水魚でしたっけ?
このLPは名作でしたねー(^^♪
歌姫もこのLPだったかな。
寒水魚、ということばの響きに、感動した若き日のあっしでやした^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フリーズ | トップページ | 千両みかん »