« 藤岡藤巻 | トップページ | 人生家計簿(上) »

2008年8月 8日 (金)

お客さまは神様ではない

いい顧客は、ラチナムと同じくらいまれである。
金儲けの秘訣 ・第57条)



今日本国内で、怪物達が暴れ回っている。
その怪物達は、モンスターペアレントやモンスターペイシェント、
クレーマーなどとと呼ばれ、
日本で古くから培われてきた、謙譲の美徳
など日本土着の美しい共通理解を踏み荒らしてる。

なんでこんな怪物達が発生し、のさばるようになったのか、
いろいろと理由はあるのだろう、と思う。
米国式価値観の移入による競争原理の定着化や、
それに伴う格差社会の進行、
そしてその結果、日本の社会に蔓延したり、
増大したりすることになった、ストレスの数々。
そういったものが、種子として蒔かれ、繁茂したのだろうと思う。

しかしながら、かれらが発生する土壌は、
すでにあったのでわないか、とぼくは考えている。

それは、かつて国民的歌手であった、
三波春夫氏によって提唱され、定着させられてしまった、
お客様は神様です、という思想
でわないか、と思うのだ。

おそらくは明治以降、日本国が近代国家として、
発展していく必要から、日本国民は、
高い倫理観と勤勉さを身につけさせられていったのだろう。
また島国という限定された環境があり、
そのなかで、生活をしたり、商売をしていくうえでは、
それは実に当を得たことばであったのだろうと思う。

しかしながら、今のこの怪物の暴れ方は、
まるで外来種が日本の生態系を乱すがごとくで、
新しい価値観はまだ変化していない、
日本の土壌にやすやすと侵入し、
猛威をふるっているような状況に似ている、とぼくには思える。

これから日本のサービス業は、どこを目指すべきなのか。
その解答は、やはり外来種の発生源にあるのだろう。

ぼくは乗らないが、とある米系の航空会社は、
カウンターで、強く苦情を言うと、すぐ警察に通報するそうだ。
苦情を言うような客は、客として不要だ、
という精神に貫かれた商売を行なっているわけなのだろう。

その代わり、客が来ないとなれば、料金をさげたり、
マイルをばらまいたりして、キャンペーンをはる。
苦情処理のようなサービスにコストをかけない
という姿勢なのだろう。

これがいいかどうかは、客が決めることだけれど、
少なくても、その会社は、今のところ、つぶれてもいないし、
まだ日本から撤退もしていないようだ。

日本では、怪物達の対処に疲れ、精神や肉体を病んだり、
挙げ句の果てに、命まで絶ってしまうような、
そんな非雇用者がでている、といったそんな話を聞くにつけ、
日本も、これからは上記の米系会社のように
しなればならぬ、時代が来るかもしれないな、
と思ったりする、見た目少しモンスター系だけれど、
実は心優しい、おっさんなのであった。


▼最近では、モンスターハズバンド
というのも、発生していて、
産科の医者に身重の嫁さんを診てもらって、
医者をセクハラ呼ばわりする、大馬鹿もいるそうだ。
なんなんだろ、まったく^^;

 

Photo

 

 

 

 

 

 

写真は、約束の地、BY いしかわじゅん。

« 藤岡藤巻 | トップページ | 人生家計簿(上) »

コメント

同志、こんばんは♪

「約束の地」ですか~。
「お客様は皆の衆です」ですな・・・。
「みなのしゅロックで、オ~ルナァ~イッ」ですなぁ・・・。

閑話休題。

かつて、モンスターペイシェントという言葉が生まれる前のこと。
病客達の逆襲がひそかに始まったあのころ。
我々医療従事者(当時はまだ看護師では無く医事課職員でした)は「傲慢な医師への逆襲やなぁ」としみじみ感じたものでした。
しかし現在そんなのどかな時代は既に終わりを告げております。

同志、ほんもののモンスターペイシェントは恐ろしゅうございますのよ~crying

同志、まいど^^

>「約束の地」ですか~。
>「お客様は皆の衆です」ですな・・・。
>「みなのしゅロックで、オ~ルナァ~イッ」ですなぁ・・・。
三波氏は、戦後ソ連で抑留中、
洗脳されて帰ってきたらしいのですが、
当時の日本の方が格差のない、共産主義的理想社会だった、
というのは、歴史の皮肉、なんでしょうか^^
最近の日本は、資本主義国らしくなってきて、
格差社会を時の首相が容認するような発言したりしてますが^^;

>閑話休題。
>かつて、モンスターペイシェントという言葉が生まれる前のこと。
>病客達の逆襲がひそかに始まったあのころ。
>我々医療従事者(当時はまだ看護師では無く医事課職員でした)
>は「傲慢な医師への逆襲やなぁ」としみじみ感じたものでした。
>しかし現在そんなのどかな時代は既に終わりを告げております。
>同志、ほんもののモンスターペイシェントは
>恐ろしゅうございますのよ~
断る!
この一言が日本を変えます(^^
モンスターなんとやら、はみんなして断る、
ムーブメントを起こしましょう☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

毎日モンスターカスタマーに悩まされるりょうです。

ほんと、今のバイト先でも、
めちゃくちゃ言う人、
ほんっと~に多いです。

つい先日、同じようなことを話しました。
お客様お客様と企業が持ち上げた結果だって・・・。
それはそう思います。
お客でも、マナーは守らないと。
金を払えば何をしてもいいと勘違いしてる人、
多すぎるんじゃないかと思います。

以前の職場で、暴れている子どもを叱ったら、
クレームがきました。
バカかと思いました。

こんな世の中、ほんまイヤです・・・。

りょうちゃん、まいど^^

>毎日モンスターカスタマーに悩まされるりょうです。
>ほんと、今のバイト先でも、
>めちゃくちゃ言う人、
>ほんっと~に多いです。
りょうちゃんを悩ませるなんて、けしからん客やなー。
パパは怒ってるぞ(゚Д゚#)プンプン

>つい先日、同じようなことを話しました。
>お客様お客様と企業が持ち上げた結果だって・・・。
>それはそう思います。
>お客でも、マナーは守らないと。
>金を払えば何をしてもいいと勘違いしてる人、
>多すぎるんじゃないかと思います。
やはりみんなで、断じて断る、の一言を。
買い手だけが売り手を選ぶのではなく、
これからは売り手も買い手を選ぶようにしないと。
それでこそ、正当な商取引が可能なんだよな。
結局、モンスター系でない客が、割を食ってることになって、
損をするのは正しいな状態ではない、とあっしは思うのだが。

>以前の職場で、暴れている子どもを叱ったら、
>クレームがきました。
>バカかと思いました。
親がバカなら、子がバカに育つ、っていう見本だな、まったく^^

>こんな世の中、ほんまイヤです・・・。
なんて消極的な。
イヤがってないで、こんな世の中をB型パワーで変えていかないと。
りょうちゃんが国政に売って出た暁には、及ばずながら、
あっしが、ウグイスおっさんを勤める所存ですだ(^^♪

師匠、まいど

私も現在、販売員なるものをしているので、時たま「は?」と思うようなことを言う人に出会います。
売り物を「タダで頂戴」って真剣に言う人がいたときには驚きました。
怒らせないように、でもはっきりとNOを言うって、結構難しいんですよね。
前に、とあるお客様に無理難題を言われて、店長がやんわりとお断りしたら、その方は逆切れ?されて「もう二度とお前の店では買わん!」と憤慨されて帰られました。
そのことを営業本部長に報告すると
「そんなことを言う人には買ってもらわなくて結構です。うちの商品を買うには相応しくない人ですから」
という回答が返ってきました。
これを聞いたときに、さすが京都の老舗・・・強気やな~と思いました。
私は「でも、買ってもらわないと困るくせに。」と内心思ってましたけどね。

マナオさん、まいど^^

>私も現在、販売員なるものをしているので、
>時たま「は?」と思うようなことを言う人に出会います。
じょおおさま、そんなことをされてるんですかい(^^?
あっし、そっち方面に行かないようにしないと、
命令されるままに、店ごと買ってしまいそう^^;

>売り物を「タダで頂戴」って真剣に
>言う人がいたときには驚きました。
>怒らせないように、でもはっきりと
>NOを言うって、結構難しいんですよね。
難しいのは、何も買わずに、これくれ、っていう場合と、
100万円くらい買って、値引きしてくれ、
値引きが無理なら、なんか付属品をサービスしてくれ、
というのはちゃいますよね^^
前者は、強盗だけれど、後者は、関西では店によっては許される。
どっちにしても、交渉ごとで、
客が一方的に要求できることではないと思うのだけれど、
最近、そのへんを勘違いしているひともいますねー^^;

>前に、とあるお客様に無理難題を言われて、
>店長がやんわりとお断りしたら、その方は逆切れ?されて
>「もう二度とお前の店では買わん!」と憤慨されて帰られました。
>そのことを営業本部長に報告すると
>「そんなことを言う人には買ってもらわなくて結構です。
>うちの商品を買うには相応しくない人ですから」
>という回答が返ってきました。
>これを聞いたときに、さすが京都の老舗
>・・・強気やな~と思いました。
>私は「でも、買ってもらわないと困るくせに。」
>と内心思ってましたけどね。
いやいや、その本部長、この時代にそった、
正しい商売をされているかもしれませんぜ^^
というのは、昔と違って、
今は誰でも気軽に情報を発信できる時代なんで、
誰かの無理を聞くと、無理いった客から、
その情報が得意げに発信されて、
無理をいえないタイプの客が、自分にはそのサービスがなかった、
ということで、もう来てくれない可能性もあるし。
やはり、老舗は永く続いてきただけあって、
筋がとおってますな(^^♪

今の時代にこそ、あの人が求められているのですよね。
・・・そう、「千石さん」ですよぉ~!!!!

同志、「王様のレストラン」徹夜で一気に観ましてよ~♪
最高でしたわ~(^^)

同志、またまいど^^

>今の時代にこそ、あの人が求められているのですよね。
>・・・そう、「千石さん」ですよぉ~!!!!
一瞬、千石イエスを思い出したあっしは、
かなり人間が古くなってなすな^^;

>同志、「王様のレストラン」徹夜で一気に観ましてよ~♪
>最高でしたわ~(^^)
もし時間があれば、今度はストーリーではなく、
セリフに重点を置いてゆくーり見てやってください。
味わい深いっすよ(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤岡藤巻 | トップページ | 人生家計簿(上) »