« 8番ラーメン | トップページ | かいしやかぞく »

2008年8月29日 (金)

不一致

口先だけで何とかなる時は、絶対ラチナムを使うな。
金儲けの秘訣 ・第60条)



むかし、悩みの相談なんかがよくテレビでやっていて、
離婚したい理由の上の方に、
性格の不一致、というのんがよくあったように記憶している。

冷静に考えれば、1卵性の双子でもないと、
性格の一致などあり得ないだろうし、正確には、
性格の不適合、とでも表現されるべき問題なのだろう。

もっと正確に書けば、婚姻当事者の片方もしくは両方が、
婚姻届け出後、相手の性格的側面に婚姻の継続を
容認しがたい事由を発見してしまったため、
離婚という手段でしか、問題の解決を図れない事案、
ということになろうか。

要するに相手の性格に我慢ならなくなった、
のを婉曲的に表現したわけだ。

性の不一致、というのもあった。
これも正確には不適合だろうな。

性が一致してしまっては同性婚になってしまうし、
みんな大好き日本国憲法は、この方面でもあんまりサバケて
いないのんで、性の一致した婚姻自体が無効であろうと思うし。

これも、相手に性的な不満がある、ということを、
婉曲に表現したのだだろうな。

思えば、昔の日本人は奥ゆかしかったし、
阿吽の呼吸で意思の疎通ができた。
あんまりもろの表現をせずに、奥ゆかしく、
伝えたいことを表現したものだ。

そういう風習がまったくなくなってしまった訳ではない、
と思うけれど、なんとなく露骨な表現がちまたにあふれ、
少し辟易してしまう、故きよきおっさんであったことだよ。



▼山崎ナオコーラ、という作家の、
「ひとのセックスを笑うな」、
という作品名にはちょいと驚いた。
驚きついでに、以前読んでみたけれど、
題名のアグレッシブさに比較して、
中身は、どうということのない内容だったように思う。
マーケティング、という側面においては、
ある意味優れた手法かもしれない。
ナオコーラ、という筆名(たぶん)もインパクトあるよな。
ペプシ派もコカコーラ派にも支持された上、
某国営放送にもぎりぎりでれそうだ(^^;)

某国営放送への出演といえば、最近、
某国営放送に出まくり三助状態の生瀬勝久氏だけれど、
以前、槍魔栗三助(やりまくりさんすけ)という名前で、
活動していたのを現在の名前に改めるきっかけになったのが、
某国営放送への出演だった、らしい。
恐るべし、マスメディアの権力(?)
あの胡散臭い占いおばば以外にひとの芸名を
指図できるのは、某国営放送くらいだろうな(^^)

写真は、台湾の郵便ポスト。
あっしは、今でも郵政民営化に断固反対しているぞー。

Photo

« 8番ラーメン | トップページ | かいしやかぞく »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8番ラーメン | トップページ | かいしやかぞく »