« 落ちは? | トップページ | 藤岡藤巻 »

2008年7月31日 (木)

やさしいキスを

鋭い会計係は必需品だが、妻は贅沢品だ。
金儲けの秘訣 ・第86条)

 


あなたの一日が終わる時に そばにいるね
何も言わないで やさしいキスをして

そっと髪を撫でて 肩を抱いて そばにいるね
あなたが眠るまで やさしいキスをして

電話してくれたら 走って行くから すぐに行くから
なにもかも放り出して 息を切らし 指を冷やし すぐ会いに行くから

報われなくても 結ばれなくても
あなたは
ただ一人の 運命の人

今日という一日が終わる時に そばにいられたら
明日なんていらない
髪を撫でて 肩を抱いて あなたが眠るまで

この出会いに やさしいキスを これが運命なら

(詞:吉田美和)

 

ぼくはいつだったかの年末、みのもんたが司会する紅白で、
この曲を聴きながら、泣いていた。
なにかのメタファーではなく、
現実的な行為として涙を流していた。
バンコクのとあるホテルでのことだ。

前のかのじょに捨てられてから1年近く、
当時のぼくはまだ同じところに立ち止まったまま、
生きていたのだろう。

その後、この曲を聴いても平気になってきたけれど、
それは、状況に慣れただけ、という気がしないでもなかった。

この曲は、TBSのドラマ「砂の器」の主題歌だった。
そして、このドラマを以前付き合っていたかのじょと
ぼくは見ていた。

そして番組が終わってまもなく、
ぼくらの関係もおわったのだった。
かのじょがいなくなったことによる喪失感は、
自分でも意外なほど大きかった。

しかしながら、今ではこれは自らにとって幸いな出来事だった、
と思える自分がいる。

決して負け惜しみではなく、なんでそう思えるようになったのか、
といえば、理由は先日の骨折だ。
このときに、ぼくは親に面倒をみてもらったのだけれど、
もし、かのじょといっしょにいたとして、
あのかのじょに面倒を見てもらいたかったか、と考えたのだ。

自問の答えは、non、だった。
そういう風に思えなかった、ということは、
きっと、あのかのじょは、たったひとりの運命の人
ではなかったのだろうと。
そして結果的に、間違うことができなかった自分は、
ついていたのだろうと。

ある種の極限状態で、一番信頼できるひとこそ、
きっと運命の人、なのだろう、と人生初の骨折で、
自分的には考えたわけだ。

ま、ぼくの場合、たったひとりの運命の人自体存在していない、
という可能性が高いのだろうけれどね^^;



▼あんまり音楽的才能に恵まれてなさそうなタレントが
主人公の天才音楽家、和賀英良役を演じていた時点で
実はあんまり期待していなかったこのドラマだが、
なかなかよい出来ではなかったか、と思っている。
しかしながら、ぼく的には和賀英良は加藤剛、
でなくてはならぬ
のである。
そして、劇中曲の、ピアノと管弦楽のための宿命
好きだったなー。
レコード、たぶんまだもってる(^^♪

Photo





 

 

そういえば、まだ亀嵩に行ってないな。
水木しげる記念館といっしょにいっぺん行くとしよう(^^

« 落ちは? | トップページ | 藤岡藤巻 »

コメント

>あのかのじょに面倒を見てもらいたかったか、と考えたのだ。
>自問の答えは、non、だった。

何故ですか?
好きだったら面倒みてもらいたかったと思うのですが、
それは分かれる前だったら違う気持ちだったのでは??
運命の人って、
好きな人は全て「運命」って思うものだと思うのです。

でもきっと、自分も相手もお互い好きで、ずっと別れずにずっと死ぬまで一緒にいれた時、初めて「運命の人」だったと言えるような気がします。
結婚しても離婚したら運命の人とは言えないしね(^^;

師匠もきっと素敵なお相手が表れますよ♪

はぎ妻さん、まいど^^

>>あのかのじょに面倒を見てもらいたかったか、と考えたのだ。
>>自問の答えは、non、だった。
>何故ですか?
>好きだったら面倒みてもらいたかったと思うのですが、
>それは分かれる前だったら違う気持ちだったのでは??
>運命の人って、
>好きな人は全て「運命」って思うものだと思うのです。
それははぎ妻さんが、はぎちゃんという、
完璧なパートナーを持っているからでしょう^^
好きな相手だって、いろんな種類の好きさがあるだと思うのですが。
完璧な議論の相手だけれど、セックスアピールにかけるとか、
連れて歩きたいけど、家には入れたくないとか、
1度は寝てみたいが、2度とはいやだとか。
以前書いたことがあるけど、石坂浩二さんも、
浅丘ルリコさんと離婚して、別の相手と即座に再婚してましたよね。
夫婦であるということと、家族であるということも、
また別なのかもしてませんね(^^

>でもきっと、自分も相手もお互い好きで、
>ずっと別れずにずっと死ぬまで一緒にいれた時、
>初めて「運命の人」だったと言えるような気がします。
>結婚しても離婚したら運命の人とは言えないしね(^^;
>師匠もきっと素敵なお相手が表れますよ♪
はぎちゃんが千の風になったあとの、
はぎ妻さんの配偶者候補の名簿1位からはずされたあっしは、
もうずっと独りでよいかな、と思いやす^^
独りも悪くはないっすよ(^^♪

ひ、ひ、ひとを勝手に千の風にすんなああ!!

ところで「亀嵩」って島根県ですよねえ。
あの辺って出張でよく行ったけど、そーゆーと亀嵩は行ったことない。
どの辺かもよくわからん。
野村芳太郎の「砂の器」好きとしてわ、一度は行かんと!

はぎちゃん、まいど^^

>ひ、ひ、ひとを勝手に千の風にすんなああ!!
いやいや、暦的年齢順でははぎちゃんが1番千の風に近いので、
一応そんな話になっただけで、肉体年齢では、
あっしの方が、きっと千の風に近いでしょう^^

>ところで「亀嵩」って島根県ですよねえ。
>あの辺って出張でよく行ったけど、
>そーゆーと亀嵩は行ったことない。
>どの辺かもよくわからん。
>野村芳太郎の「砂の器」好きとしてわ、一度は行かんと!
はぎちゃんもむかしの「砂の器」好きですか(^^?
やっぱ千の風に近いかも(^^
一度、亀嵩オフ会をやりましょう。

「かめだけ」
って聞き間違えてた亀嵩ですよね?
あれ、違ったっけ??

砂の器、本で読んでたから、
どうも中居君のイメージが違った。
でも、曲は好きでした。

運命なんて変わるんです。
私も運命の人探してますけど、
その日の気分で運命の人は変わります♪

>はぎ妻さんの配偶者候補の名簿1位からはずされたあっしは、
>もうずっと独りでよいかな、と思いやす^^
別にはずした覚えはありませんが…coldsweats01
老後、師匠が働かず、奥さんに働かせての生活をお考えではなければ、
はぎちゃんが「千の風」になった後は、
是非「茶飲みともだち」から始めましょう…good

同志、こんにちは♪
順当に行けば、はぎちゃんの次に千の風になる予定のともちんざます・・・。

>ある種の極限状態で、一番信頼できるひとこそ、
きっと運命の人、なのだろう

逆に言うと、ある種の極限状態で、一番信頼できると思っていたひとが実はそうではなかったと気づくことの方が多いんじゃないかと私はつくづく思うのですよね。
病院なんぞという「極限状態の吹き溜まり」でさまざまな人たちを見ているせいかもしれません・・・。

同志、少なくとも「ヒミツの集会」には「運命の茶飲み友達」がいっぱいいまっせ~♪

りょうちゃん、まいど^^

>「かめだけ」
>って聞き間違えてた亀嵩ですよね?
>あれ、違ったっけ??
そうそう、そのかめだけ。
それで、被害者の身元が割れて、犯人像に近づいていくんだよね^^

>砂の器、本で読んでたから、
>どうも中居君のイメージが違った。
>でも、曲は好きでした。
りょうちゃんは若いから、映画の砂の器は知らないんだよね^^
あっしもむかし本読んだけど、
映画の出来が良かった印象があったなー。

>運命なんて変わるんです。
>私も運命の人探してますけど、
>その日の気分で運命の人は変わります♪
すばらしい(^^♪
その若さとB型気質にまかせた、その意見に、おぢさんから、
100点満点を差し上げよう∩( ・ω・)∩ バンヂャーイ

はぎ妻さん、またまいど^^

>>はぎ妻さんの配偶者候補の名簿1位からはずされたあっしは、
>>もうずっと独りでよいかな、と思いやす^^
>別にはずした覚えはありませんが…
>老後、師匠が働かず、奥さんに働かせての生活を
>お考えではなければ、はぎちゃんが「千の風」になった後は、
自分の奥さんやら、家族に不自由な思いをさせないようにするのは、
男だったら当然のことである、と信じて、
うん十年、生きてきましたよ^^
ただ、それにもかかわらず、その奥さんやら、
家族やらに迷惑をかけたり、頼ったりしなくてはならない、
状況だってあるかも知れない。
そんなときに、頼りたい相手だったか否か、
というのが、今回の主題だったわけっすよ^^;
なんか話がくるっと1回転しちゃいましたね'`,、('∀`) '`,、
>是非「茶飲みともだち」から始めましょう…
いっしょにケーキに入刀した仲なのに、
なんか後退してませんか(^^;)

同志、まいど^^

>順当に行けば、はぎちゃんの次に
>千の風になる予定のともちんざます・・・。
同志のこの意見には統計学的視点の欠如がみられますな^^;
男女間の平均寿命、というか、平均余命を考慮すると、
次は断然あっしの番っす。。。(-人-)ナンマイダー

>>ある種の極限状態で、一番信頼できるひとこそ、
>>きっと運命の人、なのだろう
>逆に言うと、ある種の極限状態で、一番信頼できる
>と思っていたひとが実はそうではなかったと気づくことの方が
>多いんじゃないかと私はつくづく思うのですよね。
>病院なんぞという「極限状態の吹き溜まり」で
>さまざまな人たちを見ているせいかもしれません・・・。
あいかわらずクールに鋭いことをおっしゃりますな^^;
とりあえず拝んどきます。。。(-人-)ナンマイダー

>同志、少なくとも「ヒミツの集会」には
>「運命の茶飲み友達」がいっぱいいまっせ~♪
最後は見事にまとめましたね^^
もう1回拝んどきます。。。(-人-)ナンマイダー

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 落ちは? | トップページ | 藤岡藤巻 »