« コルトレーン・フォー・ラバーズ | トップページ | 落ちは? »

2008年7月23日 (水)

あなたの正義、わたしの正義

銃を突きつけるより耳を愛撫する方が、しばしば効果的だ。
金儲けの秘訣 ・第43条)




ハリソン・フォード演じる米国大統領が、
テロリストだかに乗っ取られた、アメリカ合衆国の、
大統領専用機から、脱出できるのに脱出せず、
最愛の家族を自力で救出する、というような内容の、
エアフォースワン、という映画が昔あった。
たぶん、絵に描いたような、
アメリカ的ヒーロー像
がそこにあるのだろう。

もし現実世界の出来事であれば、大統領は逃れるべきだし、
場合によっては、家族を犠牲にしてでも、
国民を救う決断をする必要
のある場合もあるのだろうと思う。
未知への飛行、という映画で、
ヘンリー・フォンダの演じた大統領は、そんな大統領だったし、
それはそれで、かっこよかったと思う。

さて、日本では野党の議員が国会で、
役人の天下りを追求しているさまが、
テレビのニュース画像で流されたりしているけれど、
そやつの顔をよくみれば、どっかの写真誌だか、週刊誌だかで、
女性アナウンサーと不倫騒動を起こし、
報道された奴ではないか。

そんな奴に正義を論じられる、
天下り官僚もずいぶん情けない
ことだろうな、
と同情を禁じ得ないのだけれど、どんなもんなのだろう。

アメリカ合衆国では、高級コールガールを
買った知事だか、上院議員だかが、
その後、能面みたいな表情の奥さんと辞任会見していたが、
あれが不倫だったら、辞める必要はなかったのだろうかな。

おまけに、サンデージャポンで、爆笑問題の大田光に、
あたまがまっしろになって、と奥さんまで、
廃業した料亭のささやき女将になぞらえて
おちゃくられてたしさ。

ま、そのアメリカでも、現職のアメリカ大統領が、
ホワイトハウス内で、肉感的なおねーちゃんと、
怪しげな行為を行なったにもかかわらず、
詭弁を弄して逃げ切ったっけ。

でも、その配偶者は、結局、
その事件が関係あったのか、なかったのか、
自らは、大統領候補には、なれなかったようだし。

ぼくは、天下りはいけないが、不倫は許される、
とは考えない
学派のおっさんなので、
どうにも違和感があるのだけれど、
まあ、ひとそれぞれ常識は、違うのだろうから、
せいぜい自分の信じる正義を追求してくだされ、
ぼくはあんたの党には1票いれないけどさ、
と某野党議員にエールを送ってみたりするのんである。



▼未知への飛行、の原題は、たしかフェイルセイフ、だった。
フェイルセイフとは、故障や誤操作があっても、
安全な方に作動する仕組み
、で、
偶発的な核戦争が防がれる仕組み、のことも意味するが、
この映画では、フェイルセイフが機能しなかったために、
米ソで最終戦争が起こる可能性が非常に高まる状況が描かれる。
若いとき、深夜のテレビで見て以来、
好きな映画のひとつなんである。

Failsafe

« コルトレーン・フォー・ラバーズ | トップページ | 落ちは? »

コメント

同志、こんにちは♪
タイトル見たとたん、「正義と真実」を思い出し思わず古新聞の整理を思い立ったワタシは愚か者ですな・・・。

同志、まいど^^

>タイトル見たとたん、「正義と真実」を思い出し思わず
>古新聞の整理を思い立ったワタシは愚か者ですな・・・。
まったくそのとおりでございます、
はここでは使用できませんね(^^
むしろ、同志こそ、正義と真実のひと、
と呼ばれるにふさわしい逸材っすよ(^^

ところで、まいどお騒がせしております、その女性っすけど、
今回野球選手とのことは、この記事をあげてから起こったんで、
たまたま時期がかぶったんすけど、
坊主にしただけのオトコ側に対して、
新番組を含むすべての仕事を干された形の女性側への対処は、
なんとなく平等でないような気がしますな^^;
話によると、不倫女性に対する既婚女性の反感が大きくて、
こんなことになっているとか。
自転車の3人乗りを警察に認めさせた力といい、
誰がこの国を真に動かしているかが、如実にわかる事件でやした^^;

>不倫女性に対する既婚女性の反感が大きくて、

まったくそのとおりでございます~(さきさかさん風に)

そう、この世はすべてかのじょらが支配していると言っても過言ではありません。

あ、そういやアタクシも既婚女性だったわ・・・。
でもアタクシは常に「不倫両成敗」を信条としておりまっせ~。

同志、またまいど^^

>>不倫女性に対する既婚女性の反感が大きくて、
>まったくそのとおりでございます~(さきさかさん風に)
>そう、この世はすべてかのじょらが支配していると言っても
>過言ではありません。
>あ、そういやアタクシも既婚女性だったわ・・・。
まったくそのとおりでございます、ってもういいっすか^^;
しかしながら、同志はフルタイム以上に外で働いている既女なんで、
厳密にいうと、この支配層には入りませんな。
子育てなどで、家にこもりがちな既女こそ、
あの彼女に鉄槌くだせるくらい、
テレビ製作の側から重視されているひとびとなんだろうしね^^

>でもアタクシは常に「不倫両成敗」を信条としておりまっせ~。
韓国なんかと違って、姦通罪のない日本の国では、この場合、
どんな両成敗が可能なのか、あっしも考えてみやしょう(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コルトレーン・フォー・ラバーズ | トップページ | 落ちは? »