« めんちゃい | トップページ | ばいばい、エディ »

2008年6月29日 (日)

養鯨

ステーキではなく、ジュージュー焼ける音を売れ。
金儲けの秘訣 ・第146条)



文化的衝突
、といえば、たいそうだけれど、
最近、他国の文化にあえていちゃもんをつける、という行為が、
タブーでなくなって来たかのように思える事例に数多く出会う。

日本の調査捕鯨も、ある種のひとびとから見ると、
許されざる蛮行にみえるらしく、
テロさながらの抗議活動を正当な行為とみるむきもあるようだ。

しかしながら、その国では、カンガルーを
適正な数まで減らすために、
踏み殺すような行為が今までわりと普通に行なわれてきた、
というような映像が、インターネット上で流れ、
また物議を醸している。

またその国は、牛肉の大輸出国であるけれど、
牛を屠殺することは、なんら問題ではないらしい。

あるいは、闘牛、といって、衆人環視のなか、
牛を殺戮することをご立派な芸術として、
愛するひとたちもいるが、
そこには、とくにかれらが抗議活動を行なっている様子はない。
たぶん、牛は馬鹿で、喰われたり、殺されたりするために
生まれてきたから問題ない、
とかれらの文化は規定しているからなんだろう。

牛を聖なる獣として、保護している文化もあるのだが、
インド人もびっくり、とはまさにことことだ。

犬を喰らう文化もまた存在する。
捕鯨に関して、鯨は喰うからいいんだ
という多くの日本人はいうだろうが、
食犬に関して、同様に喰うからいいんだ、といえるかどうか、
ということを考えたりしてみる。

また、最近でこそそういう食文化は減少しているのだろうが、
レクター博士のように、職人気質、ならぬ、
食人気質をもつひとびともまた、かつては、存在した。
これも、喰らうからいいんだ、といえるかどうか。

どうあるべきなのか、何が正しいのんか、
というのは現時点では正直わからないのだけれど、
他人の文化を完全に尊重するには、
地球が狭くなりすぎた
のだろうし、
またあるいは、自分の価値観にそって、
相手の文化を攻撃したり、侵略するすることは
もっと許されざる行為である、
というルールはすでに完成しているようにも思える。

今は、この相反するふたつのスタンダードを
解決するための、新たな規範
を全地球規模で
模索している最中なのだろう、きっと。

とりあえず、日本は、私有地内で、
養鯨を始めてみてはどうかな、
と解決策を考えてみたりする、おっさんなんである。


▼最近、某団体の日本支部が鯨肉を盗み出したうえに、
窃盗罪は成立しない、とのたまったらしい。

そんなに鯨が食べたかったのか

と思ったら、どおもそうではないらしい。
そのうち、鯨のためには、強姦も殺人も行なうのでわないか、
と疑われるような行動はとるべきではないのでないか、
と思うのだけれど、こんなのはきっと、
野蛮人の勝手な理屈なんだろうね(^^;)

写真は、ちゃんちゃこの空飛ぶ鯨。

Photo


« めんちゃい | トップページ | ばいばい、エディ »

コメント

土曜日はお疲れさまでした!
これからも「あせらず、走らず!で、いつまでもお元気でいらしてくださいませ♪

そして、はぎちゃんの忘れ物までお送りいただきまして申し訳ありませんでしたshock

外国でやいやい言われるたぐいのお肉ほど
美味しい物なのかも!?って思う はぎ妻ですcoldsweats01

はぎ妻さん、まいど^^

>土曜日はお疲れさまでした!
お疲れでやした(^^♪

>これからも「あせらず、走らず!で、
>いつまでもお元気でいらしてくださいませ♪
ありがとさんす(^^)
死なない程度に生きていく所存にございまする^^;

>そして、はぎちゃんの忘れ物まで
>お送りいただきまして申し訳ありませんでした
いえいえ、大事なもの、失くさないでよかったっす(^^

>外国でやいやい言われるたぐいのお肉ほど
>美味しい物なのかも!?って思う はぎ妻です
▼o・ェ・o▼あっし?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« めんちゃい | トップページ | ばいばい、エディ »