« キョコン | トップページ | 昇天 »

2008年6月 8日 (日)

春の祭典

のどが渇いている客はいい客だが、飲んでる客はそうでもない。
金儲けの秘訣 ・第163条)



ストラビンスキー、という作曲家が若き日、
作った名曲に、春の祭典、というバレエ音楽がある。

ぼくが学生時代、クラシック音楽の人気投票を
当時3誌ほどあった、FM雑誌のひとつがした結果、
確か、管弦楽曲の1位がホルストの惑星
2位がこの、春の祭典、いわゆる、ハルサイだったように思う。

今では人気曲のこのハルサイも、
初演において、激しいセンセーション、をもって迎えられた。

それも悪い方の。

不協和音に満ちた、この複雑な楽曲は、
古代の、どこか土俗的な感じの宗教を題材にしており、
当時の一般的なバレエファンや音楽ファンの
理解するところではなく、怒号のなかで、
音楽が聞こえぬほどの状況をだった、ということだ。

今ではこの曲を理解しないクラシック音楽ファンは、
むしろ少数派で、ぼくも、大好きな曲のひとつであり、
CDも、サー・コリン・ディビス指揮のものと、
ピエール・ブーレーズ指揮のものと、
ストラビンスキー自身の指揮による、3枚を所有している。

機会があれば、生でも聴いてみたいとさえ思っている。
ストラビンスキー的春の祭典、は愛しているわけだ。

しかしながら、日本には、ぼくが嫌いな春の祭典、がある。

花見、という奴だ。

桜の花が嫌いだ、というわけではむろんない。
あんな美しい花は、またとない、と思うのは、
他の日本人とかわるところはない。

ただ、多数の酔っぱらいが、花の周りに集っているのが、
嫌いなのだ。

酒飲むな、とはいわないのだけれど、自分の敷地でもないのに、
ブルーシートを敷いて、他者を排除し、
集団で大騒ぎするのは、いかがなものか、と思う。

ぼくのように、ただ花を見たいにんげんは、
遠見に桜を愛でるしかないのんだ。

この花見という、日本の風習は、
ストラビンスキーのハルサイ的世界よりも、
野蛮で不協和音に満ちた世界を表現している
ように思えてならないんだけれど、
これは、友達のいないおっさんの、僻みですかいな(^^;)

Sakura
地上の醜い光景を写さぬために、
空に向けて、1枚。。。



▼ちなみに当時あった3誌のFM雑誌とは、
FMfan、週刊FM、FMレコパル、だったよな。
エアチェックのために、買っていた記憶がある。
ちなみに、エアチェック、とは、
ラジオ放送をカセットテープその他、
録音可能な媒体に記録することで、
けっこう当たり前にしていたよ。
まだ、日本はまづしかったのね。
そのために、FM各紙は、カセットレーベルなんかを
付録につけていたなー。
ちなみに、カセットレーベルとは、、、
って切りないな、古い話はじめると。(^^;)

« キョコン | トップページ | 昇天 »

コメント

私も桜の花の下で酔っぱらうおばさんなので、
醜態をさらしてしまいゴメンナサイですhappy02

でも、お酒飲まなくてもいいから、
せめて桜の花が1ヶ月位の間咲いていてくれたらな〜って思います。
長い間楽しめるなら私も、
桜との別れを惜しんでお酒を飲んだりしませんってweep

桜の木の下で育ったような私ですが、
花見の時期は出かけられなかったので、
(あまりにもの花見客で大渋滞のため)
遠くから眺める派でした。

ストラヴィンスキーの春祭は
ファゴット吹きにはある意味憧れ。
冒頭のソロを聴いただけで震えそう。
ちなみに、相方は大学時代、
オケにいたので、演奏経験有です。

はぎ妻さん、まいど^^

>私も桜の花の下で酔っぱらうおばさんなので、
酔っ払うおねーさん、でそ(^^?

>醜態をさらしてしまいゴメンナサイです
いやいや、はぎ妻さんの暴れ方など、かわいいもんです。
横には、ゴヂラでも止められるはぎちゃんがいるし'`,、('∀`) '`,、

>でも、お酒飲まなくてもいいから、せめて桜の花が
>1ヶ月位の間咲いていてくれたらな〜って思います。
そんなことが可能なのは、某国の将軍様くらいでしょうな^^

>長い間楽しめるなら私も、
>桜との別れを惜しんでお酒を飲んだりしませんって
それははぎ妻さん、さくらのこころ、
ひいては、日本のこころがわかっているとは、
いえませんことよ。
はかなく散るからこそ美しい、のがさくらの醍醐味、
ではございませんかな(^^♪

りょうちゃん、まいど^^

>桜の木の下で育ったような私ですが、
>花見の時期は出かけられなかったので、
>(あまりにもの花見客で大渋滞のため)
>遠くから眺める派でした。
りょうちゃんのようなカワイコちゃん(←死語?^^;)には、
さくらと枕カバーが良く似合う。
あっしって、詩人ですか(^^?

>ストラヴィンスキーの春祭は
>ファゴット吹きにはある意味憧れ。
>冒頭のソロを聴いただけで震えそう。
ありゃりゃ、あの出だしはファゴットなんすね^^;
ずっとオーボエだと思ってました。。。(-人-)シツレイシヤシタ
でも、ファゴットがあんな高い音でるなんてびつくりっす^^;

>ちなみに、相方は大学時代、
>オケにいたので、演奏経験有です。
それはかっくいいっすね(^^♪
聴いただけでも震えるソロを演奏する気持ちってどんなだろうな^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キョコン | トップページ | 昇天 »