« 恥を知れ | トップページ | 左手(その2) »

2008年5月18日 (日)

左手(その1)

耐えるべき時でも、快適にしておけ。
金儲けの秘訣 ・第169条)



人生何事も経験という。
そう思えることが我が身にも降りかってきた。
真冬のとある日のことだ。
ま、正確には自分で招き寄せたのだが。

詳細は省くけれども、右腕を骨折してしまったのんだ。
すぐに病院に行ってレントゲン写真を撮ってもらうと、
ひびが入ってるが、幸いにしてずれてはいないという。
右腕を装具で固定して、また3日たったらおいで、
と医者に言われる。
手術の必要はないと思うけど、もいちどレントゲン撮るからさ。

もちろん幸いでないこともある。
一番の問題は、ぼくが独り者だ、ということだ。

とりあえず実家に帰ることにする。
実家に電話するとうまい具合に両親ともいた。

折れた当日はさすがに痛い。
実家に向かう車中でも道路のでこぼこで痛さに飛びあがり、
急なカーブでギャッと叫ぶ。
ガソリンの暫定税率よ、なくなれ、
と願っていたぼくだったけれども、
このような拷問を受けたら、ガソリン代高くてもいいから、
どうぞ道を直してくださいな、と思ってしまう。
こんなぼくを、根性無し、と呼ばば呼べ。

実家についても車を降りたあとがまた大変だった。
どすどす歩くと響くので、摺り足で進む。
しかもふだん2割くらいのスピードだ。
マンションの廊下をペチャクチャ話しながら、
歩いてくる女子高生が怖い。
うっかりぶつかられたら、どんなに痛いだろう。
頼むし前向いてくれ。
エレベーターもまた怖い。
挟まれたらどんなに痛いだろう。
でも素早くも動けない。

実家のソファーにそろりと座っても油断はできない。
変に動くと激痛が走る。
横にもなれないまま、まどろむ。

いつのまにか横になって寝ていた。
ただし自分では起きれない。
母親にそろりそろりと左手を引いて起こしてもらう。

介護の心配をしていた親に介護され

なんとか起きてソファーに座る。
一晩寝ると、昨日よりは圧倒的に良くなってるようで、
確かにまだ痛いのだが、どんな風にすると痛いのか、
昨日で学習した、ということもあるし、
実際痛みもかなり減ってきているようだ。

しかし、骨が折れてる、ということは間違いない。
それを思い知らされたのは装具を外したときだ。

ぼくは風呂というか、シャワーを浴びるのが好きだ。
冬でも朝晩のシャワーは欠かさない。
昨日は激痛でシャワーどころではなかったけれども、
今日は入れるかも、と思ったわけだ。

しかしながら、曲げた状態で固定するための装具を、
外そうとして諦めた。
外したらとんでもなく痛い。
とてもシャワーどころではなかった。
外しただけでまたそろりそろりとはめなおす、
手負いのおっさんなのであることだよ。


 

▼だんだんよくなる骨折部位のレントゲン写真を
記念に載せたいところだが、
残念ながら、手元にないのんで、別の写真を。

Photo







ミャンマーでみかけた、おんなのこ(?)。
毛がない、けがない、怪我ない、なんつって。
先日のサイクロンで
ミャンマーもえらいことになってるらしいっす。
お見舞い申し上げます。。。(-人-)

« 恥を知れ | トップページ | 左手(その2) »

コメント

同志、こんにちは。
このたびは災難でございましたね~。
利き腕を負傷するとどれだけ難儀するかは想像に難くありません。
快癒に向かっているとはいえ骨折はアフターケアとリハビリが肝要です。
過去に2回の骨折とギプス固定、そして2回の手術を経たアタクシが言うのですから間違いございません♪
どうか引き続きご自愛くださいませ。

同志、まいど^^

>このたびは災難でございましたね~。
ご心配をおかけいたしやした^^;

>利き腕を負傷するとどれだけ
>難儀するかは想像に難くありません。
>快癒に向かっているとはいえ
>骨折はアフターケアとリハビリが肝要です。
>過去に2回の骨折とギプス固定、
>そして2回の手術を経たアタクシが
>言うのですから間違いございません♪
>どうか引き続きご自愛くださいませ。
ありがとうございやす。
療養中にいろいろと教えていただいおかげで、
かなり右手も復活しやした^^ 今後ともいろいろと
教えてくださいっす。。。(-人-)モウ合掌モデキルッス

師匠、大変でしたね〜bearing

過去録をお読みさせて頂いた所、
大変壮絶な療養生活だったのですね。
それでも、何故か読んでいて涙は出ずに
けらけらと笑ってしまった私は悪魔なのでしょうかcrying

また快気祝いは盛大にやりましょうねgood

はぎ妻さん、まいど^^

>師匠、大変でしたね〜
>過去録をお読みさせて頂いた所、
>大変壮絶な療養生活だったのですね。
そういえば、骨折の当日だったか、翌日だったか、
はぎ妻さんとは、電話でお話しましたね^^
あのときは、ネオタイでの宴会を仕切っていただき、
ありがとうございましたm(__)m

>それでも、何故か読んでいて涙は出ずに
>けらけらと笑ってしまった私は悪魔なのでしょうか
いえいえ、喜んでいただけて、
痛い思いをしたかいがあったというものです^^;

>また快気祝いは盛大にやりましょうね
皆さんにお会いできるのを楽しみにしておりやす(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恥を知れ | トップページ | 左手(その2) »