« いちゃりばちょーでー | トップページ | 恥を知れ »

2008年5月 7日 (水)

スコット・ロス

常に自分が買うものは把握しておけ。
金儲けの秘訣 ・第218条)



ミハイル・プレトニョフ、の弾く、
ドメニコ・スカルラッティの2枚組のCDを買ったのは、
タイペイのCDショップだった。
べつにとくに理由があったわけではない。
あえていうのであれば、ぼく、というにんげんが、
そのCDと、あるいはプレトニョフと、
あるいはスカルラッティと、タイペイという街で、
縁、とでもいうべきものがあったのだろう、と思う。
もっと簡単にいうと、衝動買い、というやつだ。

ぼくは以前に、プレトニョフのCDを買ったこともなく、
実をいうと、かれの存在もほとんど知らなかったし、
スカルラッティの音楽に積極的にふれたこともなかったのだ。

そのCDは、ぼくのなかで、超のつくお気に入り、
というわけにはならなかったけれど、
でも、まあ、まったく聴かない、というほどでもなく、
そこそこ、iPodを通じて、ぼくの鼓膜を振るわせる、
そんな存在になった。

つぎに、タイペイに行ったとき、
ぼくはまた、スカルラッティを買い求めた。
今度は、イーゴ・ポゴレリッチのグラモフォン盤だ。
しかしながら、スカルラッティは、生涯に555曲もの、
鍵盤楽器のための作品を残している。
そのたった3枚のCDでいったいどれほど、
かれの作品を知ることができるだろう。
重なってる曲だって、あったしさ。

そしてそれらは、ピアノで弾かれたスカルラッティだった。
ぼくは、これに関して、是とも否とも思わない。
ただそこには、聴きたい音楽とそうでもない音楽があるだけだ。

3度目にスカルラッティを買おうと思ったのは、
日本の自宅で、HMVのサイトから輸入盤を見ているときだった。
もう鬼籍に入っているらしい、スコット・ロス、という、
古楽器奏者が、チェンバロによって奏でた全集で、
34枚組、という代物だ。

ここでも、ぼくは、魅入られたように、これを買ってしまう。
なんとなくそこでも、縁、というものを感じたのだ。
プレトニョフも、ポゴレリッチも、スカルラッティを通じて、
ぼくにこの全集を紹介するために、ぼくのもとにやってきたのだ、
とさえ思えたほどだ。

この全集を弾きあげた、スコット・ロス、というひとは、
まるで自分の寿命を知っていたかのように、
すごい勢いで、これを完成させると、
その数年後、38歳の若さで亡くなってしまった、そうだ。

スカルラッティの全集は、今日に至るまでこれ以外出ておらず、
一般の聴衆が、スカルラッティの鍵盤による作品を
ある程度まとめて聴こうと思えば、
スコット・ロスのCDに頼るしかなく、そういう意味では、
かれの業績は突出している、といえると思う。

スカルラッティが生きていた時代だって、
本人以外に全曲を聴く機会があったにんげんは、
そうそういなかっただろうし、
そういう風に考えると、この時代に生まれたことを、
大阪の神さまに感謝したくなったりするのんだ。

ともあれ、かれの早すぎる死と、その偉業に合掌。。。(-人-)


  

▼深夜に小さな音で聴く、チェンバロの響きは、いいものだ。
夏の暑い夜には、あんまり向かないように思うけれど。
むかし、キャンディキャンディ、という漫画があって、
その主題歌の冒頭に使われていた楽器が、
チェンバロだったような気がするな。
あと、松田聖子の曲のなにかにも、使用されていたような。。。
意外と現代の楽器のなかにも、よく調和する楽器だと、
あっしは思うのんだけれど、
まだポップミュージックの定番楽器にはなってないようだ。

▼とここまで書いてずいぶんほおっておいたところ、
ピーター=ヤン・ベルダーという演奏家が
スカルラッティのソナタの全曲盤を
スコット・ロスから20年ぶりに出したようだ。
果たして商売になるのか、とちょっとびっくり(^^;)

 

Ross3 スカルラッティさんと、ロスさん

« いちゃりばちょーでー | トップページ | 恥を知れ »

コメント

同志、おはようございます。
チェンバロ、ハープシコードともいいますよね。
確かに「キャンディ・キャンディ」のオープニングのメロディは印象的ざますわ♪
新しいところだと「英国恋物語エマ」というアニメで梁邦彦という方がこの楽器をふんだんに使っておりますが、これもなかなかよろしくてよ~(^m^)

同志、まいど^^

>チェンバロ、ハープシコードともいいますよね。
そうでやんすね(^^♪

>確かに「キャンディ・キャンディ」

>オープニングのメロディは印象的ざますわ♪
再放送ぢゃなく、あっしらは見てたんすよね^^
曜日は忘れたけんど、夜7時だったような。

>新しいところだと「英国恋物語エマ」
>というアニメで梁邦彦という方がこの楽器を
>ふんだんに使っておりますが、
>これもなかなかよろしくてよ~(^m^)
残念ながら知りやせんが、
なかなかにしぶいアニメでやすね(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いちゃりばちょーでー | トップページ | 恥を知れ »