« おまえからは買わない | トップページ | プレゼント大作戦 »

2008年4月14日 (月)

ふぃがろ

自分で売ることが出来ないものは買うな。
金儲けの秘訣 ・第54条)



たくさんのビデオ機器、VHSレコーダーや、
ハードディスクレコーダー、据え置き型8ミリビデオデッキ、
など、受信機器の多さ故に、アンテナ分岐が多くなり、
ながらくBSアナログが不通状態だったのだが、
最近、アンテナ用のブースターを買って、
めでたくBSアナログ放送が再び見えるようになった。

みえるようになった夜に、最初に録画したのが、
深夜にやっていた、ニコラウス・アーノンクール指揮の、
ウィーン国立歌劇場演奏による、モーツァルトの歌劇、
フィガロの結婚だった。

伯爵のお小姓であるケルビーノ役が、
クリスティーネ・シェーファーで、以前、シェーンベルクの、
月に憑かれたピエロ、の映像を同じBSで見てから、
その美貌のファンだったぼくとしては、非常にいいタイミングで、
見れるようになった、とうれしかったのだった。

ぼくはオペラに関しては、実はこのフィガロの結婚、
くらいしか、聴いたことがない。
音楽は主にBGMとして聴くことが多く、
真剣に映像付きで見る、という習慣がないこともあるし、
また、映像入りのソフトが若いころ値段が高く、
老後の楽しみでもいいか、と後回しにしていたせいもある。

しかしながら、もっとも大きな理由は、
ぼくに想像力が欠如している、ということに尽きるだろう。

先に挙げた、クリスティーネ・シェーファーは、
オペラ歌手としてはどちらかというと、スリムで、
キュートな女性だ。
そのような体型で、大きく、美しい歌声を出すことは、
非常に困難を伴う、らしい。

ゆえに、堂々たる体格のオペラ歌手、というのんが、
増える、というのは、無理からぬことであろう、と思う。
また、天は二物を与えず、ということばもあるとおり、
美しい声の持ち主が美しい容貌をもつ、とも限らない。

しかしながら、オペラを演ずる者は、
歌だけうまければいい、というものでもない。
舞台で演技もしなければならぬのだ。
ところが、せっかく舞台で演じられる、恋の鞘当てなんかが、
とどとせいうちの求愛行動にしか見えぬような、
そんな芝居でも、そこに美しい状況があるのんだ、
と思い込める、そんな想像力が、オペラ鑑賞には必要なのでわ、
とぼくは思うのだ。

若輩者のぼくはいまだその境地には達しえていない。
老境を迎え、時間ができたときに、
すばらしい想像力を発揮できるようになっていれば、
と将来の自分に期待する、おっさんなのであることだよ。


▼ちなみにぼくは、カール・ベームが指揮した、
同じフィガロの結婚のDVDを持っているのだけれど、
このDVDでのフィガロの恋人、スザンナ役の歌手は、
見れば見るほど、かしまし娘の誰かにとても似ている。

買ってから思った。


なんてこったい。。。^^;

Photo
フィガロとスザンナ

« おまえからは買わない | トップページ | プレゼント大作戦 »

コメント

同志、おはようございます。

うははははっっ!!!
かしまし娘の「フィガロの結婚」!!!
朝から笑かしてくれますね~happy02

私もオペラはBGMで一部抜粋して聴く程度ですね。
ロンドンで「アイーダ」見ながら眠ってしまったのは今でも後悔しきりですわ~。
ああ時差ボケ知らずの今なら絶対最後まで観るのに~っっ!

なんか急にオペラ聴きたくなってきました。
明日の夜勤明けで「魔笛」でも借りてみようかな?

同志、まいど^^

>うははははっっ!!!
>かしまし娘の「フィガロの結婚」!!!
>朝から笑かしてくれますね~
チェンバロの伴奏で、♪うったえね~ちゃん、
とかセリフいってそうでしょう(^^

>私もオペラはBGMで一部抜粋して聴く程度ですね。
>ロンドンで「アイーダ」見ながら
>眠ってしまったのは今でも後悔しきりですわ~。
でも、高級な眠り、ですよね、単価的には^^;

>ああ時差ボケ知らずの今なら絶対最後まで観るのに~っっ!
>なんか急にオペラ聴きたくなってきました。
>明日の夜勤明けで「魔笛」でも借りてみようかな?
あっし、むかし車のなかで、
夜の女王のアリア、夢中になって合唱してて、
車ぶつけたことあります。。。(-人-)ナム~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おまえからは買わない | トップページ | プレゼント大作戦 »