« ぷんぷいさん、すこし南へ(その4) | トップページ | ぷんぷいさん、すこし南へ(その6) »

2008年3月24日 (月)

ぷんぷいさん、すこし南へ(その5)

元旦

この高雄、という街もそんなにはぼくを
喜ばせてはくれないようだ。
とりあえず朝ごはんをしっかり食べて、港へ行く。

台湾の南部にあるせいか、さほど寒くはない。
ぼくの基準で言えば、長袖だと暑いが、
半そでだと少し肌寒い、っていう感じか。
だって、お正月だもんね。

港はなかなかにすがすがしい。
観光客も多いのだろう。
夜には、おされなレストランも開くようだけれど、
午前中は、開いていないようだ。

Photo Photo_2


 

 

その後、漢神百貨店まで歩く。
ここのローマ字表示は、han-shin depart
はっぴ姿の店員がいたり、日本語のアナウンスもある。
ぼくのような関西人には、阪神百貨店を想起させる。
後で地球の歩き方を読んでみると、
ほんとに阪神百貨店が経営にかんでるらしい。
まー、なんと。
林威助フェア、なんかもしてたのかなー、などと思ったり。
その後、SOGOの方へぷらぷらいく。。

Hanshin Hanshin2


 

 


 

 

そうすると、地下鉄駅への通路が開いているので、入ってみる。
でも、やはり営業はしていない。
ほんとは、12月31日営業開始だったようだけれど、
延期になったようだ。
その前は、10月開業予定だったらしい。
このへんは、なかなかおおらか、というのんだろか。

Photo_3 Photo_4



 

 

いつ開業、と聞くと、係りの女の子は、わからない、と^^;
SORRY、ともいわれるも、別にさほど困ってはおらぬよ。
どおせ通りすがりだし。

2日は、台北への移動日だ。

まずは朝ごはん。
昨日から気になっていた、四角いみそのかたまり、
のようなものはなにか、と賄い係のおばさんに訊いてみる。
もちろん、ことばは通じないので、
ボールペンと紙を持参した。
いい具合にあんまり混んでないし。

これ、なに?
と日本語で言って、ボールペンと紙を渡す。

紙には、豆腐乳、と書かれて帰ってきた。
なんとなく、今回気に入った食べ物だ。
覚えておこう。

Photo_5 Photo_6 Photo_7



 

 

チェックアウトは、10時前。

荷物を持って、エレベーターのボタンを押すと、
客室の掃除を担当しているおばさんが、別れを惜しんでくれた。

実を言うと、ぼくは、このホテルの自室の鍵がうまく開けられず、
1回も自分で自室の鍵を開けていない。
部屋の前でがたがたしていると、いつもどこからともなく、
このおばさんが現れて、
手品のように部屋の鍵を開けてくれたのだ。

おばさんにしても、こんなに手のかかる、
客はあんまりいないのだろう、
妙に親しげに見送ってくれたのだった。

タクシーで高雄車站へ行く。
歩ける距離だし、行きは歩いたのだけれど、
ホテルの前にタクシーがいたし、荷物も重いしさ。

見るともなく見ると、
運転手はさん、という苗字だ。
台湾にこの苗字は多いのだろうか。

Photo_8





  

Photo_9

 

 

 

 

あっという間に高雄車站について、新幹線駅までの切符を買う。
15元。

高雄車站は10時15分発で、2駅10分ちょいで、
新幹線の高雄の駅である、新左営に。

Photo_10





  
  

そして、新幹線の切符を買う。
指定席で1490元。
自由席なら、2割引は知っていたけれど、
混み具合がわからないし、今回はやめておく。

新幹線は11時発。
これは各停、というのんか、停車駅が多い方の新幹線だ。

Photo_11



 

台北までは2時間かかる。
次の11時36分発なら、90分くらいでつくのだけれど、
駅で1時間も待つのは性に合わないし。
数分でも、早くつくなら、各停で行こうと決めた。

11時17分台南。
11時37分嘉義。
12時00分台中。
12時29分新竹。
12時41分桃園。
12時53分板橋。
13時00分台北。

そっからはタクシーで、久しぶりのサンルート台北に向かった。
最近値段が上がってたので、さけていたのだが、
正月は6600円だったので、また戻ってきたわけだ。

台北のタクシーの初乗りは、70元。
台南と高雄は85元だったけど。

チェックイン後、荷物を置いて、台北車站に戻る。
正月だというのにあんまり活気がない。
なんだろな。
ホームレスのひとばっかりが目につく。

吉野家で遅い昼ごはん。
写真を撮ったら、撮るなといわれる。
台北では、牛丼も国家機密なのか。
夜は、焼き鳥秋吉。
日本ではどっちも行かないが、地図を見て、
秋吉をみつけたら、急に焼き鳥が食べたくなったのだ。
焼鳥屋でコーラ、というのも言いにくいので、ビールを頼む。
台湾の?日本の?と聞かれたので、台湾の、と答える。

Photo



 

 

 

従業員はけっこう多く、おねーちゃんもかわいい娘が多いが、
日本語は、ほとんと理解しないようだ。
日本語がわかったところで、
どうっていうわけでもないけど、さ^^;


 

▼さて、高雄の地下鉄だけれど、
やっと今月、つまり2008年3月に開通したそうだ。
お疲れさん^^;

▼わんこ@台南&高雄

Photo_12 2 Photo_13





  
 

Photo_14 Photo_16 Photo_17




 

Photo_20 Photo_21

Inu

« ぷんぷいさん、すこし南へ(その4) | トップページ | ぷんぷいさん、すこし南へ(その6) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぷんぷいさん、すこし南へ(その4) | トップページ | ぷんぷいさん、すこし南へ(その6) »