« 風が吹くと | トップページ | 言うだけ番長 »

2008年1月21日 (月)

文を書く

死にかけているフェレンギ人からの忠告は信頼するな。
聞くのはかまわないが。
金儲けの秘訣 ・第73条)


ぼくは事務屋だ。
仕事柄、よく文章を書く。
もちろん、文章を書かない事務屋、
というのもいるのかもしれないが、
ぼくは、文章を書く機会が多い事務屋の方だ。

このブログの前身で、今は、∴ちちんぷんぷい・くらしっくす
という名称で、公開しているブログを始めたころ、
ぼくは、仕事で書かないようなスタイルの文章を書く、
ということを念頭に置いて、文章を書いていた。

趣味のものまで、仕事の延長線上のような、
そんな文章を書きたくなかった、ということもあるし、
自分の違う可能性、というものにも挑戦してみたかった、
ということもあった。

すでに、∴ちちんぷんぷい・くらしっくす、の方とあわせると、
500近い短文を書いてきたことになり、
ここでの自分の文章のスタイル、というものが、
徐々に確立してきたような、そんな気が最近はする。

ところが、だ。

逆に困ったことが発生していることに最近気づいた。

ここの文章の形式が、逆に、仕事の文章の方に、
影響を与えつつあるようなのだ。

無意識に、ここで使用している自分の文章のルールを、
仕事文のなかに、使ってしまったりしているのに
ふと気づくときがある。
これを今は意識的に仕事用に変換しながら、
文章を書いているのだが、
これではまるで、ひさしを貸して、母屋を取られるだなー、
と思ったりする今日この頃だ。

ところで最近はとんと見ないけれど、
むかしは、文章読本、というような名前で、
文章作法や方法論を書いた本がけっこうあった。
谷崎潤一郎など、文豪と呼ばれるひとびとが書いたもの、
が多かったように思う。
実際そんなものが役に立つのかどうか、
読んだことがないのんで、わからないけれど。

そんな大家のものを読むよりは、
将来の自分のために、今自分がどんな風にこのブログに
載せるための文章を書いているか、
その方法を記録しておこうと思う。
スタイルは時と共に変異しがちなものだしね。

もし、ぼくの書く、こんな文章をまねしたいひとがいるなら、
まねしてくれてもいっこうにかまわない。

まず、朝は3時ころ起き、滝にうたれ、精神を集中し、
その後、裸足で山道を10里ほど走る。
日の出頃には、本堂にて護摩を焚きながら、読経をこなし、
その日唯一の食事である粥をすすったあと、
おもむろに執筆にかかる、、、、、


というのは、もちろん出鱈目だ。

ほんとうはもっとデジタルな方法を使用している。
なにか思いつくと、たとえば、これでいうと、
文を書く、というテキストファイルをつくり、PCに保存する。
内容は、箇条書きで書くこともあるし、
時間があれば、ついでに少し書き始めてみる。
そのまま題名だけで捨てておかれているファイルもたくさんある。

たとえば、ケロンパの謎、猫耳萌え、服従は勝利をもたらす、
数字の一致、性差、ややこしい名前、相談役、家の掟、などなど。
今ではなにを書こうとしていたのか、思い出せないが^^;

思いつきがPCの前でなかったりすると、
自分宛にメールで送信する。
時間があるときに、以前作ったファイルを開けてみて、
続きを書いたり、事実に関して、不安があることは、
そのままPCで検索を掛けたりする。
場合によっては、複数のファイルをくっつけたり、
長すぎるときは分割したりする。

文章ができたら、完成したファイル置き場に移し、
少し寝かせて、その間に推敲したり、
金儲けの秘訣の適当な条文を最初にくっつける。
この期間は、1日のこともあるし、
数年に渡って、ほおりっぱなしになってるものもある。

いよいよアップしようと決めたら、もう一度推敲し、
その記事に合う写真を探す、というような感じだ。

目指すは、1001話、そう、アラビヤンナイト、
とだったりする、人生の砂漠化の進む、
おっさんだったりことだよ(^^)


▼なんでこんなまどろっこしい方法で書いているか、
といえば、書いてるうちに飽きてくるからだ。
なんでこんな訳のわからんこと書いてるの、あっし?
とつい我に返ってしまうのんだ。
仕事の文章は、どんなつまらないことであっても、
書かねば家に帰れないのんで、書くけんど、さ(^^;)
長い話も忘れないうちに書きたいのだけれど、なかなかねー。

Photo




 

写真は、台北で見かけた、あはん日本語完全攻略
という本。
あはん具合によって、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、とレベルがあるようだ^^
あはん文章読本、なんていうのも、続編でほしいところだな。

« 風が吹くと | トップページ | 言うだけ番長 »

コメント

師匠のブログ文、大好きです♪

いつまでもお元気で長生きして書き続けるために、
どうかどうか、もう二度と走らないでくださいまし(爆)

お返事は大変そうなので要りません(T0T)

はぎ妻さん、まいど^^
>師匠のブログ文、大好きです♪
ありがとうございます^^
文章ではなくあっしのことが大好きなら、
もっと嬉しかったのですが(^^)

>いつまでもお元気で長生きして書き続けるために、
>どうかどうか、もう二度と走らないでくださいまし(爆)
たぶん頼まれても二度と走りません(自爆)

>お返事は大変そうなので要りません(T0T)
定期的にお越しいただいてる皆様、
一身上の都合でしばらく記事の更新はしませんが、
さがさないでください^^;

師匠、まいどです~

>一身上の都合でしばらく記事の更新はしませんが、
>がさないでください^^;
あははははは。

マナオさん、まいど(^^)
先日は一身上の都合で会えず、残念でやした(^^;

でも、
>あははははは。
マナオ女王様に喜んでいただき、痛い思いを
したかいがあった、というものっす(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風が吹くと | トップページ | 言うだけ番長 »