« 汝、たくさん持つなかれ | トップページ | アリとキリギリス »

2007年12月28日 (金)

参議院はいらない

良い耳たぶの前では、どんな七枚舌も乾いてしまう。
金儲けの秘訣 ・第266条)


参議院選挙後、総理大臣が急に辞めたり、
与党と野党が密談したり、
その結果、参議院選勝利の立役者の野党党首が
急に辞意を表明したり、
でもやっぱり辞めなかったり、
と、いろいろややこしい事態が発生している。

今回の参議院選挙の結果で、
いわゆるねじれ国会、とかいう状況になっていて、
みんな難儀しているのは、事実のようだ。

この状況の解決策として、
あるものは、これは、直近の民意であるから、
衆議院を解散しろ、というし、
またあるものは、衆議院の優越性があるのだから、
気にしなくてもよいという。
しかしながら、いびつな政局運営がなされているのは、
まちがいないだろう、と思う。

そのなかで、自民民主が連結して、組閣を行ない、
民主の約束した、政策を実現する、
という考え方も、いいか悪いかは別にして、
ひとつの方法として、考えつくひとがいるのは、
ぼく的には理解できるのだけれど、
これも結局、頓挫してしまったようだ。

ただ、今のような状況は、民主が政権を取らない限り、
今後、6年間続く可能性が高く、
変化が激しいこのご時世にあって、
日本がとんでもない状況に追い込まれかねない、
大問題のような気さえ、するのんだ。

前述の民意、の点で言えば、
参議院の結果で衆議院を解散するのならば、
今度もし、衆議院で自民が勝てば、
参議院は解散すべきなのか。
しかし残念ながら、参議院に解散、という制度はないのんだ。

こんな状況に陥ってしまったのは、
日本の政治制度に構造的な欠陥があるため、
とぼくは思っている。
そして、むしろ、一院制にしてしまった方が
無駄な経費がかからないだけいいのではないか、
と思ったりもする。
つまり、参議院はいらない、と思っているのんだ。

日本国民は、戦前戦中のトラウマを
いまだに引きずって生きている。
自分で投票した結果、選んだ政府や立法府
であるにもかかわらず、
でんでんかれらを信用していないのんだ。

しかしながら、今の日本はひとびとの教育水準も上がり、
マスコミによる、政府の監視が行なわれ、
インターネットの発達によって、
自分の意見が誰でも述べられるような、そんな時代になってきた。
政府や政党は、世論調査の結果を過剰とも思えるほど、
気にしており、国政に反映するシステムもできつつあるように、
ぼくには、感じられる。

また、同盟国アメリカや国連から、民主的な手段によって、
政府が選ばれるように、おせっかい、というか、
助言もなされるようだし、
2院制のシステムにこだわる必要はないように思われるのだが。

今は時代の流れが早く、すばやい意思決定が今まで以上に
必要である時代であるにもかかわらず、
2院制であるがうえに、それが不可能であることに、
みんな気づくべきだと思うのだ。

ま、60年以上も憲法を変えないで平気な国だし、
これも憲法の変更無しには不可能なんで、
ずっとこのまんまなんだろうけどさ(^^;



▼戦後一貫して、この国が抱えてきた問題は、
国の最高法規である憲法に大きな問題がある、
にもかかわらず、それをそのままに、
他の部分で帳尻をあわそうとするので、
要らぬ時間と労力とお金を使わねばならない事態、
に陥っておることだ。
自衛隊、みたいな明らかな軍隊を持っておりながら、
戦争放棄、なんていってると、
嘘つき呼ばわりされても、しょうがないのでわ、
と思うのだけれど。

Photo




 

テロとの闘いも軍人さんの仕事@チャンギ空港。

« 汝、たくさん持つなかれ | トップページ | アリとキリギリス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 汝、たくさん持つなかれ | トップページ | アリとキリギリス »