« 便座考 | トップページ | コーネリアス »

2007年12月 4日 (火)

死ぬなら今

クリンゴンはだますな。
金儲けの秘訣 ・第50条)




タイに関する本をたくさん読んできた。
下川裕治さんや、前川健一さんの多くの著作は当然として、
あんまり著名でない方のものでも、タイに関係するというだけで、
買って読みあさっていた時期もあった。

最近は、気に入った作家のものでなければ、
内容を見てからしか買わないが、
要は選べるくらいたくさんの本が出るようになった、
ということもあるのだろう。
また、本、という媒体に頼らなくても、
タイに関する情報が、氾濫している状況も関係している。

また、かなりレベルの低い内容のものまで、
最近は出版されたりしているようで、
本、という有料の媒体、として値しないようなものを見ると、
正直むかむかするのは、ぼくだけではあるまい、
と思ったりするのんだ。

そんななかで、ぼくのなかではけっこうお気に入りなのだけれど、
その存在が謎に包まれている作家がいる。

それは、四谷ラウンド、という出版社から、
婿殿のチェンマイ日記 死ぬなら今
婿殿のチェンマイ日記 タイ人になろう
という作品を出されていた、坂田米夫(さかた・よねお)さん、
という方だ。

Photo Photo_2








おそらく筆名なのだろう、名前で検索しても、
この著作以外のことは出てこないし、
四谷ラウンド、という出版社も、この2作品が世に出たあと、
どうも倒産してしてしまったようで、
かれのその後の作品が出版される見込みあるのかないのか、
とんとわからない。

しかしながら、彼の作品は、読みやすい文体で、
また、内容もぼくにとっては非常に興味深く、
タイ人と結婚してしまった(?)かれが、
今、どうなっているのか、
是非とも、続編を期待しているのであるけれど、
手がかりすらない状況なのである。

たぶん、チェンマイのどっかで、
まだ隠遁生活の続きを送られているのだろう、
とご推察するのだけれど、
何らかの形で、続きが読みたい、
と思っている読者の期待に応えてほしい、と、
かれを知る人がいたら、伝えてほしい、と思うぼくなのである。




▼坂田さんの著作を読んでいると、タイやタイ人、
に関する感じ方が非常に自分と近い、と思ったりする。
また、作品のなかで、使われてる写真のなかに、
たぶん、隣のホテルの部屋から撮ったのだろうが、
ぼくがむかしよく使っていた、
しょぼいホテルの全景が写ってるものあり、
なにかしら、縁、のようなものも感じるのんだ。
ぼくは、このひとほど、いいひと、ではないけれどもさ。
タイ人を配偶者にもつことは、
とてもぼくにはできそうにないけれど、
自分がもしタイに暮らしたら、
こんな風になるんだろな、と思える、という意味で、
貴重な著作であったと思えるのんだ。

Photo_3 Photo_4









写真は、今日は死ぬにはいい日だ、
がごきげんな挨拶である、クリンゴン人と、
クリンゴン語のグーグル^^;

« 便座考 | トップページ | コーネリアス »

コメント

同志、おこんばんは♪
「死ぬなら今」と聞くと落語の方しか思いつかない私は相変わらず発想が貧困でございますな・・・。

・・・この婿殿もきっと落語好きなのではとふと思う私なのでした。

題名をみてドキッとしましたわ☆

本の題名なんですね〜

自分と似たような考え方を持っている人の本、
おもしろそうですね(^^)
前に師匠が紹介されたお金持ちの食堂のお嬢さんと結婚したら、
この本の作者さんと同じ運命をたどっていたかもしれませんね。

同志、まいど^^

>「死ぬなら今」と聞くと落語の方しか思いつかない私は
>相変わらず発想が貧困でございますな・・・。
>・・・この婿殿もきっと落語好きなのでは
>とふと思う私なのでした。
発想が貧困どころか、大当たりですぜ、同志(^^♪
あとがきに、落語の演題を借りた旨の説明がありやす。
あっしは米朝原理主義者なんで、
江戸落語は知らないんでやすが、
同志は、博識ですなー(^^

はぎ妻さん、まいど^^

>題名をみてドキッとしましたわ☆
>本の題名なんですね〜
人妻をドキッとさせるなんて、
あっしもまだまだ捨てたもんでもないっすな^^;

>自分と似たような考え方を持っている人の本、
>おもしろそうですね(^^)
>前に師匠が紹介されたお金持ちの食堂のお嬢さんと結婚したら、
3人の子持ちでもお嬢さんなんすかね(^^?

>この本の作者さんと同じ運命をたどっていたかもしれませんね。
死ぬなら今、ですかい(^^♪

>あっしは米朝原理主義者なんで、

・・・同志って、うちのみゆきねーちゃんと同じ主義の持ち主なんですね♪

>>あっしは米朝原理主義者なんで、
>・・・同志って、うちのみゆきねーちゃんと同じ主義の持ち主なんですね♪
いっぺんお会いしたいもんですなー(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 便座考 | トップページ | コーネリアス »