« 超芸術「トマソン」 | トップページ | 変貌 »

2007年7月 6日 (金)

カウントダウン

艦隊では、気違いは辞めることが出来る。
だけど、辞めたがってる奴はまともか、
強要されてるかどっちかだ。
金儲けの秘訣 ・第66条)



最近、少し考えていることがある。
これからの人生のことだ。

ぼくは、普通の勤め人、なのだけれど、
このまま、今の職場に定年まで勤めることについて、
ほんとにこれでいいのかな、と思うようになってきたのんだ。

勤め先は、将来はともかく、今すぐはとりあえず、
つぶれそうな状況ではないし、しがみついていれば、
まあ、なんとかなりそう、ではあるのだけれど、
若き日、ぼくは教員志望だったことを
最近、よく思い出すのんだ。

自分がいくつまで生きるか、ということは、
自分も含め、だれにもわからない、神のみぞ知る
というカテゴリーに属すること、なのだろうけれど、
ぼくはあるときから、とりあえず自分の寿命を、
仮に、60歳、と決めて生きている。
それ以上生きれれば、それは儲けもの、だし、
それより早く死ねば、ついてなかった、ということだ。

もし、ほんとに60歳近辺で死ぬとするならば、
残りの人生は、10数年にということになるし、
今の健康状態を考えると、たとえ長生きしても、
60歳を過ぎて、自由になんでもできるほど、
元気でおれるかどうかわからない。
また今から、健康のために、
今の貴重な時間を割くこともしたくない。

そういう風に仮に自分の人生を考えてみると、
定年まで、今のような勤め人をすることにげっそりしてしまう、
自分がいたりする、わけなのだ。

もし、結婚していたり、子どもがいたりすれば、
責任、というものもあるし、あるいは、
かれらのために頑張ろう、とも思わないでもないんだろうけれど、
ぼくの今の状況は、すくなくてもそうではないし、
適当な年齢になったら、とくに好きでしてる仕事でもなし、
今の職場からは飛び出して、
パートタイムでもいいから、自分の好きな仕事をするか、
仕事に当てる時間は減らし、最低限の収入で、
残りの時間は好きなことをしてもよいかな、
と思ったりするのんだ。

もちろん今後、状況が変わることも、
人生観が変わることもあるだろうから、
そのときはそのときなのだけれど、
とりあえず最近決めたことは、あと10年ほどはここで我慢して、
その後の人生は、自分のために生きるべく考えてみよう、
ということだ。

今すぐ、安定した仕事をやめる勇気もないし、
まだ、年金の受給権も発生していないから、
文字通り、長生きしたときの保険だけはかけておいて、
数年後を楽しみに、というか励みに、というか我慢の限度に、
もうすこし今を頑張るか、と思ったりするのんであった。

そのためには、今のうちに少しは蓄えをしておかねばならん
のだろうな。
ま、ぼちぼちと本気で預金でも始めますかいな(^^)




▼年金制度、破綻してもいいんだけど、
そんときは、払った分は、分割でもいいから返してね、
って、それぢゃあ、まるで年金か'`,、('∀`) '`,、
年金制度の破綻よりも、政府がやけくそになって、
無茶なインフレ誘導政策とる方が怖いなー。
円が無価値になったときに備えて、
ドル預金とかにも振り分けないとやばいかー、って、
預金ができてから、心配しろよな(^_^.)


 

Photo_95



 


何も持たず生き、何も持たず死ぬ犬生@バンコク
そして、犬のように生きる人生@バンコク

« 超芸術「トマソン」 | トップページ | 変貌 »

コメント

同志、こんばんは。

アタクシたちの年代では、このまま終わるかもう一花咲かせるか、微妙に心が揺れますよね~。
実は私にもひそかな野望があります。
もう一度学校に入って保健師か助産師の免許をとるとか、看護学校の教員の資格を取るとか・・・。
一介の看護師道をまっとうするのも手なんですけどねぇ~。

・・・どっちにしても貯蓄はせねば・・・(汗)

同志、まいど^^

あいかわらず前向きでえらいっすね^^;
あっしはどっちかというと後ろ向きの希望なんで、
あたまが下がりやす。。。

ただどっちにしても、たった一度の人生なんで、
悔いのない選択を、と思っとります。
またそのうち、喝を入れてくださいな^^

こんばんは~。

むむ~、考えさせられました・・・。
これから私はどうなるのか??
大きな野望も無いけど、
今のままでいいのかとも思うし。
正直、今の仕事もいつまで続けられるのか・・・。
好きなことだけれど、
環境がめまぐるしく変化し過ぎでまっすぐ進めない。

秘密の会合で久しぶりにぷんぷいさんにお会いして、
拝ませていただこうと思います。

師匠は若かりし頃、教員志望だったのですね。
作家志望だったのかなと思ってました。
だって文章がお上手なんですもの〜♪
「未来のシュミレーター」みたいのがあれば
人生の選択肢がいくつかあるときに、それをみて判断したいものですね〜(笑)
なかなか人生思ったように進みません。
でも思ったように進まないから面白いっていうところもあるのでしょう。

なんとかこれからの人生の選択肢をしっかり選び進んでいきたいものですね〜、
お互いに☆

りょうちゃん、まいど^^

>むむ~、考えさせられました・・・。
>これから私はどうなるのか??
>大きな野望も無いけど、
>今のままでいいのかとも思うし。
>正直、今の仕事もいつまで続けられるのか・・・。
>好きなことだけれど、
>環境がめまぐるしく変化し過ぎでまっすぐ進めない。
りょうちゃんは、まだまだ若く、いろいろと可能性があるのだし、
とりあえず、状況が許すのなら、好きなことをしてる、
というのもいいんでわ(^^♪
あっしが、りょうちゃんなら、そうするかもね。
あっしの若いころはそんな時代ではなかったから、
自分に見切りをつけるのも早かったのだけどね。

>秘密の会合で久しぶりにぷんぷいさんにお会いして、
>拝ませていただこうと思います。
なにをこしゃくな拝み返し、。。。(-人-)マンマンチャンアン

はぎ妻さん、まいど^^

>師匠は若かりし頃、教員志望だったのですね。
>作家志望だったのかなと思ってました。
>だって文章がお上手なんですもの〜♪
それはありがとございます(^^♪
はぎ妻さんに褒められると、
べんちゃらでも無邪気に喜ぶあっしでやんす。

>「未来のシュミレーター」みたいのがあれば
>人生の選択肢がいくつかあるときに、
>それをみて判断したいものですね〜(笑)
>なかなか人生思ったように進みません。
>でも思ったように進まないから面白い
>っていうところもあるのでしょう。
だから、占いに頼るひとなんかもいるわけでしょうね^^

>なんとかこれからの人生の選択肢を
>しっかり選び進んでいきたいものですね〜、
>お互いに☆
はぎ妻さんには、はぎちゃんを選んだ、という実績があるから、
だいじょぶでしょう(^^
あっしは、、、、

お後がよろしいようで。。。<(_ _)>

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超芸術「トマソン」 | トップページ | 変貌 »