« 失踪花嫁@オーストラリア | トップページ | チャイコフスキー »

2007年6月21日 (木)

8GBのCFカード

ものを手に入れる時、必要以上に金を使わない。
金儲けの秘訣 ・第3条)



8GBのCFカードを買ってしまった。
価格は、たしか1万1千円ちょいで、PDIという会社の製品だ。

ぼくは業が深い、のか、格安のメモリカードを見ると、
ついつい買ってしまう、という悪い癖がある。

すでに、10GB分くらいのSDカードももっているし、
1回の旅行ではそれ以上、写真を撮ることもまずはない。
たくさんとれば、持ち歩いてるPCに保存している、
音楽ファイルを削除して、ハードディスクに移し変える、
という方法もあるのだから、
別に急いで買う必要もないのだけれど、
ついついこういうお買い得品のメモリカードをみると、
我慢がきかないのは、我ながら、困ったものだと思う。

しかしながら、メリットもあるにはある。
デジタル1眼で、ふだん撮っているよりも、
さらに大きなサイズで撮っても、
これ1枚で1300枚以上撮れるので、
ほぼカードの抜き差しがいらないのんだ。

出先で思ったよりもたくさん写真を撮って、
代わりのカードを持ってなくて、
あわてるという可能性はほぼなくなるだろうと思う。
その代わりに、もし、このカードが壊れでもしたら、
ダメージも大きいだろうが、
これは、メリットと背中合わせのデメリットなので、
仕方ないだろう。

CFカードなので、デジタル1眼でしか使用できないけれど、
幸か、不幸か、ぼくが旅行用に持ち歩いてるPCは、
PCカードスロットがない変わりに、
CFカード用のスロットがあるのんで、
いざとなれば、これを挿しっぱなしにして、
ハードディスク代わりにしてもいいかな、とも思う。

なんせハードディスクは、たったの20GBしかないし、
1万円で、50%近くも容量が増えるのなら、
もう1枚買ってもいいくらいだ、と心のどっかで、
自分がいってたりするのんだ。

このペースで、メモリカードが安くなれば、
このPCのハードディスクよりも容量のでかい、
32GBのCFカードが、このくらいの値段になるのも、
時間の問題、だろうし、だからこそ、
もう1枚は今は買わないけれど、もし、そうなれば、
ノート型のPCにハードディスクが載らなくなる日も
そう遠くないだろう、と思う。

そう考えると、iPodなんかもそのうち、
全部メモリカード型になるんだろな、と思ったりするのだけれど、
それは何年後なんだろうか。
意外と近い未来ではないか、と思ったりもするのだけれど。




▼アマゾンで買ったのだけれど、
その後、この製品が補充された様子がないところをみると、
CFカードの需要はやはり限定されているのかもしれない。
最近では、現在の規格とはちがう、SDHC規格のSDカードが、
4GBでよんきゅっぱ、とかで出てきており、
残念ながら、ぼくの持っている機器では、
使用できるものがないので、買えないけれど、
この規格でも、最高で、32GBものしか作れないようだし、
100GB以上のものも理論以上作れるらしいCFカードは、
けっこうしぶとく生き残るかもしれないな。

Cf



« 失踪花嫁@オーストラリア | トップページ | チャイコフスキー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 失踪花嫁@オーストラリア | トップページ | チャイコフスキー »