« 8GBのCFカード | トップページ | ぷんぷいさん、大事業に着手する »

2007年6月24日 (日)

チャイコフスキー

顧客を殺してはいけない。
その客が死んだ方が利益になる場合を除いて。
金儲けの秘訣 ・第161条)



朝、通勤の車でFMラジオを聴いていると、
チャイコフスキーの弦楽セレナーデが流れてきた。
最近では、大手サラ金のCMなんかで使用され、
携帯電話の着メロなんかにもなっていた曲だ。

最近はめっきり聴かないものの、
若いとき、チャイコフスキーの音楽をよく聴いた。
あまりクラシック音楽に興味がないひとでも、
白鳥の湖、や、くるみ割り人形、などのバレエ音楽や、
数曲の交響曲、
あるいは、出だしがとくに有名なピアノ協奏曲や、
メンチャイと呼ばれ、よくメンデルスゾーンのものと
よくカップリングされていた、バイオリン協奏曲など、
かれの作品とは知らず、聴いている曲も多くあることだろう、
と思う。

高校時代、音楽の授業の課題で、
チャイコフスキーに関するレポートを書いたことがある。
友人や先生達に、チャイコフスキー、といって思い出すこと、
イメージするもの、というようなアンケートを取ったりして、
なかなかの力作だった(?)記憶があるのだけれど、
今の自分に、同様のアンケートを取ると、
まず、浮かぶのは、ヘルベルト・フォン・カラヤン
そして、タケちゃんマンの死、という連想になる、と思う。

往年の名指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンは、
ベルリンフィルの音楽監督を長年務めたひとで、
ベートーベンやブラームス、といった、
ドイツ系の作曲家が十八番だったイメージが強いけれど、
それに負けず劣らず、こだわっていたのが、
このチャイコフスキー、という作曲家の音楽で、
全6曲の番号つきの交響曲のうち、全集は3度、
4、5、6番だけなら、6度も録音した、
という話を聞いたことがあるから、
並のこだわり方ではなかった、のは間違いない、と思う。

もうひとつの方、タケちゃんマン、というのは、
「オレたちひょうきん族」、というバラエティ番組のなかで、
ビートたけしだったころの北野武氏が扮していたキャラクターで、
明石家さんま扮するブラックデビルとの闘いのなかで、
かれは死んで、そのときに流れたのが、
チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」の終楽章だったのだ。
民放局のお笑い番組で、えらく長い時間、
えんえんとクラシック音楽であるこの曲がかかった上に、
結局、その回は、エンディングの曲だったエポは流れず、
「悲愴」のまま、番組が終わったのが、
当時なかなかに衝撃的だったので憶えている。

そんな大仰な最期を遂げたタケちゃんマン自身は、
たしかすぐにタケちゃんマンセブンとして、
復活した、のではなかったかな。

そういえば、北野武氏も、おねーちゃんのとこに行こうとして、
バイク事故にあったり、フライデー編集部に殴り込んだりして、
そのたびに、生命の危機や、芸人生命の危機に遭遇したけれども、
タケちゃんマンセブンよろしく復活して、
いまや、世界のキタノ、だものねー。
しかも、お笑い芸人であることもやめようとしない、
ところもえらいなー、とおっさんは、思ったりするのだよ。



▼この番組のEPOのエンディング曲は、
DOWN TOWNではなかったか、と思うのだけれど、
ウィキペディアには、
土曜の夜はパラダイス、は書かれているのだが、
DOWN TOWN、は書かれていない。

あっしの記憶には、

七色のたそがれ 降りてきて
風はなんだか すずし気
土曜日の夜はにぎやか

の方がよく残ってるのだけれどね(^^♪
勘違い、かな?
ちなみにDOWN TOWNの作曲は、山下達郎。
名曲だよね。。。

 

Photo_91


ところで、サラ金の犬、
ってこんなんでしったっけ(^^?

« 8GBのCFカード | トップページ | ぷんぷいさん、大事業に着手する »

コメント

「ひょうきん族」のエンディングは
DOWN TOWNだったはず!?
先日も何かの番組でDOWN TOWNを
取りあげていた時に「「ひょうきん族」のエンディング」として使われていた、
と紹介されていましたよ☆
ウィキペディア要編集!ですね(^^)v

はぎ妻さん、まいど^^

>「ひょうきん族」のエンディングは
>DOWN TOWNだったはず!?
>先日も何かの番組でDOWN TOWNを
>取りあげていた時に「「ひょうきん族」の
>エンディング」として使われていた、と紹介されていましたよ☆
そうでしたか^^
やはり、記憶違いではなかったのですね。
しかしながら、ずっとDOWN TOWNではなかったような、
そんな気もするのんで、

>ウィキペディア要編集!ですね(^^)v
たまたまウィキペディアの記事から、DOWN TOWNが、
抜け落ちてた、のかもしれません。
なにせ古い話、ですからね(^^)
ただ、DOWN TOWNは、好きな曲だったので、
とりあえず、よかったっす^^
あっしのiPodにも入っとりますしね(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8GBのCFカード | トップページ | ぷんぷいさん、大事業に着手する »