« 胡瓜のピクルス | トップページ | 他人のそら似 »

2007年6月 9日 (土)

おっさんである、ということ

利益を得ることが明白であるときにのみ、話し合え。
金儲けの秘訣 ・第42条)




高校生だった16歳のとき、近所の糞餓鬼から初めて、
おっちゃん、と呼ばれて以来、
みずからがおっさんである、ことを意識して生きてきた。

長い人生のなかでは、おやじギャルブームや、
男女雇用機会均等など、一見、おっさんであることの不幸、
からの解放が望めるような概念、も登場したものの、
実際は、おっさんであることがそれ自体、
幸福や幸運になるような、そんな社会的な変革の動き、
はなかった、と思う。

おっさんは所詮おっさんであり、それ自体、
無価値で、不幸なままだった。

かつて一度、歳をとったら、おっさんになりたい、といった、
同世代の女性の発言に激怒したことがある。
おまえなんぞに、おっさんであることの不幸の1%だって、
わかってたまるものか。
にもかかわらず、そんな無神経な発言をしやがって。
今までさんざん、おっさん差別をしてきたくせに、
軽々しくおっさんになりたい、などというんじゃねい。

最近、ちょいわるおやじ、などという、
一見おっさんを盛り立てるような概念が発生してきた。
しかしながら、これは、おっさん序列化の一環であり、
一部のおっさんを取り込むことで、
おっさん勢力の分裂と弱体化
ひいては、おっさん階級の殲滅を目指した謀略であり、
おっさんたちに対する最終戦争の宣戦布告なのでわ、
と思っている。

分断された、ちょいわるおっさんたちも、
それ以外のおっさんが壊滅したあと、
やっぱり不気味だ、とか言われて、掃討されるに違いないのは、
内部分裂をさせられた勢力が辿ってきた、過去の歴史
を見れば、あきらかだろう、と思う。

セクハラ、熟年離婚、年金分割、リストラ、年功序列社会の解体、
と、おっさんを巡る状況は、日々厳しさを増しているけれど、
いつかやってくる、おっさん革命のその日まで、
理想のおっさん国家設立を夢想する、おっさん革命評議会、
メタボリック推進分会書記長、ぷんぷい、は迎合せず、
歯を食いしばって生きるのであった。

Photo_81




 

 

▼♪立てバンコクのおっさんよ、
おっさんインターナショナル、の設立を目指したいけれど、
日本ほど、おっさんが虐げられている国や地域は他にはなく、
世界おっさん同時革命の日は遠いのであった。
当面、おっさん一国革命を目指すしかなかろう、
というのが、今日のあっしの結論だ。

« 胡瓜のピクルス | トップページ | 他人のそら似 »

コメント

はじめまして。
メタボリック症候群対策にはサーキットトレーニングもおすすめです。

高校生の時におっちゃんと呼ばれたんですか?
どんな高校生だったのか気になりますね(笑)

でも「おっさん」が迫害されていたとは!?
なんでも他人の立場になってみないと「差別」など「問題」すら浮かび上がって来ないものですね^^;
「おっさん」の対義語である「おばちゃん」は未だ勢力を増しているような気がします(笑)
私は師匠と変わらない歳なのに「おばちゃん」と呼ばれることには抵抗があるのですが、一旦おばちゃんになってしまえば怖い物はなくなるような気がします(爆)


はぎ妻さん、まいど^^

>高校生の時におっちゃんと呼ばれたんですか?
>どんな高校生だったのか気になりますね(笑)
もち肌の兄ちゃん、だったのですが^^;

>でも「おっさん」が迫害されていたとは!?
>なんでも他人の立場になってみないと
>「差別」など「問題」すら浮かび上がって来ないものですね^^;
今回のテーマは、実は「おっさん」でも、「差別」でもなく、
高校の必修科目の世界史未履修問題だったんです。
内容は実はなんでもよくて^^;、たまたま日本での「弱者」、
を探してみて、なおかつ、自分が当てはまるモノを考えたとき、
それが、「おっさん」だっただけなんです。
近現代史や共産主義運動の歴史の知識があれば、
今回の内容を読んで、
唇の端にニヤッと笑いを浮かべていただけるのではないか、
でも、世界史を勉強せずに一生を過ごすということは、
人生の楽しみのうち、こういう部分が失われるんだぜ、
って意味で書いてみました^^

>「おっさん」の対義語である「おばちゃん」は
>未だ勢力を増しているような気がします(笑)
>私は師匠と変わらない歳なのに「おばちゃん」と呼ばれることには
>抵抗があるのですが、一旦おばちゃんになってしまえば
>怖い物はなくなるような気がします(爆)
加齢が進むごとに勢いが増すのが、おばちゃんの特徴っすね^^;
あと、このへんには、大阪のおばちゃん、という、
選ばれたひとたち、がいるんすよ。
西原理恵子さんが、新宿2丁目のとある人たちを表現するのに、
大阪のおばちゃんにちんこついたような存在、
というのを以前描かれていて、
その表現力に感心した覚えがあります(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胡瓜のピクルス | トップページ | 他人のそら似 »