« くすり | トップページ | 胡瓜のピクルス »

2007年6月 3日 (日)

タモリ

利口者は馬鹿なふりをする。
金儲けの秘訣 ・第15条)




今ではすっかりお茶の間の定番司会者として、
毎日どうでもいいような仕事をしているかれではあるけれど、
かれが芸能界に登場してきた当初は、
その異能さを売り物にしており、
そのために、いろんな軋轢を生じていたことは、
最近のひとは知らない、と思う。

その芸能界入りについては、
ジャズプレーヤーのヤマシタヨウスケ氏などが、
ホテルで宴会をしてるところに、
赤の他人のタモリが踊りながら乱入してきたことがきっかけだ、
という風に聞いたことがあるけれど、
今や一種の伝説にさえなっている、ようだ。

空飛ぶモンティパイソン、という関西では毎日放送が流していた、
これも今では、伝説の領域に入りつつある、
英国BBC制作の番組で、
ビデオ作品の合間に芸をみせていたのが、
かれの実質的なデビューだということで、
当時、たぶん小学生だったぼくは、
深夜にもかかわらず、それをたしか1度見たことがある、
ような気がする。

ちなみに、その時のモンティパイソンのビデオ作品は、
第2次大戦中に、イギリス人の作家が書いた作品が、
聞いたが最後、死ぬまで笑ってしまうようなおもしろい文章で、
書いた本人は書きながら笑い死に
その後、幾多の翻訳者の屍を乗り越えて、
それをドイツ語に翻訳した文章を兵器として使用して、
ドイツ軍を撃破した、というような、そんな内容だった、と思う。

イギリスの兵隊が、その文章をたどたどしく叫びながら突撃し、
それを聞いたドイツ軍の兵隊がそれ聞いたとたん、
笑い出して、そして死んでいく、
そんなシーンが、子供心にもとてもおもしろく、
もう一度、見てみたいものだ、と思っているのだけれど、
残念ながら、まだ再会には至っていない。
そしてそのとき、タモリがどんな芸をしていたか、
も覚えてはいない。

2回目にタモリに接したのは、大阪・毎日放送で、
今や、ちちんぷいぷい、という怪物番組の司会をしている、
角淳一アナウンサーが若き日、ラジオでやっていた、
ハローナショナルショールーム
という阪神デパートでしていた公開番組に、
ゲストで出てきたときだった、と思う。

タモリは、4カ国語麻雀などの、当時としては奇抜な芸で、
会場を爆笑の渦に巻き込んだ。
そのあと登場したのが、まだそんなにメジャーじゃなかった、
中島みゆき嬢だったと記憶しているが、これはさだかではない。
実家にひょっとすると、当時のラジオ番組の、
カセットテープがまだ残ってるかもしれないので、
いずれ捜索したいものだと思っているのだが。

さて、当時のタモリの芸は、
最近ではあまりみることはできないが、
実は、数枚のレコードになって残っている。

ぼくは、このうち、タモリ、と、タモリ2、を復刻されたCDで、
著作権法違反の疑いが濃い、とのことで、
3万5千枚だけ、新星堂というレコード屋で売られたのみの、
タモリ3、はレコードを所有している。

どれもタモリの才能が溢れたすばらしい作品であるが、
今はどうも、普通では手に入らない状況らしい。

しかしながら、真のお笑い芸術、のある意味での頂点
をなす作品であり、
問題はあろうけれど、広く世間に流通させて欲しい、
とぼくは祈っているのだけれど、きっとだめなんだろうな^^;


Photo_79





 

▼中津産業大学・森田和義教授による、
教養講座“日本ジャズ界の変遷”や、“音楽の変遷(その1)”
ハナモゲラ語、による相撲中継、今聞いても、いいよお^^
あと、そばや、そばーや、も絶品でやんす(^^
ケニア線は橋を渡って、2番線より、、、
車内への槍、盾、吹き矢など、危険品の持ち込みは
固く禁止されております。

次は、肥前ナイロビ~、肥前ナイロビ~、、、ってか(^^)

« くすり | トップページ | 胡瓜のピクルス »

コメント

そうそう、タモリって最初すっげーアンダーグラウンドなイメージやった。
テレビで、赤塚不二夫と一緒に出てたの見たのが最初かなあ?

たけしもそうやけど、under-groundな芸人がメジャーに変化していく瞬間って、
芸人に釣られて世間も変化してるんでしょうね?

はぎちゃん、まいど^^

>そうそう、タモリって最初すっげー
>アンダーグラウンドなイメージやった。
>テレビで、赤塚不二夫と一緒に出てたの
>見たのが最初かなあ?
赤塚不二夫は、かれの才能をみこんで、
自分の家にすまわせてた、らしいっすからねぇ。
一種の囲いもの、状態っすな^^

>たけしもそうやけど、under-groundな芸人が
>メジャーに変化していく瞬間って、
>芸人に釣られて世間も変化してるんでしょうね?
きっと、そうなんしょう。
でも、芸人自体もきっと世間にあわせてひよったり、
してんでしょうね。
どれくらい自分を保てるか、ていうのが、
本物と、ぱちもんの差、なのかも、しれませんね^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« くすり | トップページ | 胡瓜のピクルス »